ウチはどっちかっつーと

投稿日:

 「家の間取りは夫婦を中心に考えるべし」という主張の本を紹介されているブログを見た。
The Journal of Seigology

家の間取りから見る家族

 なるほどなー・・・家は夫婦を中心に間取りすべし、か・・・。
 (このブログの主がそう主張しておられるワケではない。このブログの主が紹介している本がそう主張している。)
 ウチは、どっちかっつーと、いや、かなり、子供の間取りを大きくとっている。
 どーなんだろな・・・結果が出てみなきゃわからんナ・・・。
 私は子供のことなんか考えてあるとは到底言いがたい、というか、ハッキリ言って子供なんか眼中にないようなどうしようもない間取りのイヤな家で育った。だから自分が建てた家は、相当に子供中心な家である。
 子供に手厚い家で育った人は、逆に「子供を中心になんか据えるな!」と言うのではあるまいか。

庭に砂場を作る

投稿日:

 前々から庭の空きスペースには砂を敷いており、娘二人が砂遊びを楽しめるようにしてあったのだが、地面にそのまま砂を敷いただけだったので、ともすれば砂が土混じりとなり、扱いにくくなるきらいがあった。それに、近所の子供が遊びに来ると、どうしても砂に水を注いで泥んこ遊びになってしまう。そのままの地面に砂を置いただけの場所に水を注ぐと、そりゃまあ、凄い泥になる。自分の家の子だけが泥だらけになるのなら、まあ健康な遊び方でもあるし、それは良いのだが、よその子が泥だらけになって帰り、向こうの親御さんにこっちが文句のひとつも言われてしまうとチト不愉快でもある。
 そこで、ちゃんと枠を切って砂場を作ることにした。

 とりあえず庭をスコップの刃の深さ分、四角く切る。
 それから、ホームセンターで枠に使うものを見繕う。はじめは枕木を使おうと思ったのだが、枕木は一本2000円以上もする。何かないかなあと思案しながら売り場を歩くと、ツーバイフォー材の180センチぐらいのやつが一本225円の激安で売っている。これを2本組み合わせて使うことにする。腐り止めの塗料を一缶と、ツーバイフォー材を枠に組み立てるためのコーススレッド(木材用のビス)の75ミリのやつを買う。〆て2800円。

 庭に切っておいた穴の大きさに合わせてツーバイフォー材を切って組み立て、タテ130センチ、ヨコ80センチ、深さ20センチの枠を作る。腐り止めの塗料を何度も入念に塗ってから穴にハメ込む。
 砕石と飾りの敷き砂利、砂を買い込む。飾りの敷き砂利にはいつもの300円の玉石じゃなくて、チョイとコ洒落たクラッシュブリックをおごる。全部でざっと1万円かかってしまう。

 砕石を砂場の枠の底と回りに敷き詰めてよく突き固め、周りに砂利を敷き、砂を入れて出来上がり。

新築って

投稿日:

 すっかり忘れていたが、家を建てて満2年になった。すっかり住み慣れた。
 なんだか、「新築」って感じでもなくなってきたし。ところで、「新築」って、築何年までを言うのか。多分1年以内だとは思うが。

税金ぐらい払え!3

投稿日:

 そうして、自殺者は年に3万人になんなんとする。
 聞けば、40台50台、働き盛りの壮年が続々と自殺しているという。
 52万人に及ぶ無為徒食の若造どもを養い疲れてかく死す、あわれ。

税金ぐらい払え!2

投稿日:

 それにしても、景気が悪い景気が悪いといいつつ、「若年無業者」などという耳慣れぬ新語で呼ぶところの無為徒食の若者を、文字通りいたずらに食わせていけるだけの余力がこの日本にはある。
 食うに困らぬ状態をも史上空前の不景気と呼ぶ、われわれ。

家を建てると

投稿日:

 持ち家を持つと、帰宅が早くなる。
 にもかかわらず、なんだかやたらと仕事がはかどる。