節季に、土用に、鰻に、泥鰌

投稿日:

 夏至も過ぎた。だいぶ暑い。夏至を過ぎれば次の節季は半夏生が7月1日、7月7日が小暑で七夕、その次が土用、ということになろうか。

 今年の夏の土用は7月19日、正確にはこの日の15時3分だという。これは太陽高度で決まるので、このように時間まで出ている。細部は国立天文台の暦要項に詳しい。今年(平成28年(2016))のものはこれだ。

 こう書いて来ると、「じゃ、(ウナギ)食えるのはこの日ですかね」と一直線に短絡(ショート)されてしまうのだが、残念、鰻を食うのはこの日ではない。

 暦を繰ると、7月19日は旧暦六月十六日で、この日は「寅」の日である。この日から寅卯辰巳午未申酉戌亥(とらうたつみうまひつじさるとりいぬい)子丑(ねうし)……とカレンダーを数えていくと、7月30日、旧暦で六月廿七日が「土用の(うし)」だとわかるわけだ。

 鰻を喰うのはこの日、「土用の丑」の日である。

 こう書いて来ると、土用の丑に鰻を喰うのは、まるで古来の由緒正しく(ゆか)しい習俗、みたいに感じられるが、実際全然そうではなく、割合に最近──と言っても江戸時代──、派手屋の才人、平賀源内の広告活動によって広まったことはこのごろよく知られる。

 土用の丑まで待たずとも、今の時季、淡水魚で旨いものというと、やはり泥鰌(どじょう)だろうか。

 浅草の「駒形どぜう」が呼んでいる気がする。アレはうまい。また行きたいなあ。

 泥鰌に舌なめずりしなくても、私の住む大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)元荒川(もとあらかわ)流域の平地では、昔から(なまず)が名物である。白身で、天婦羅などに向く。

 夏は暑さで食欲も減退し、相対的に旨いものが減るが、なに、気の持ちようだ。氷もビールもウィスキーも日本酒もワインも肴も、どうしても旨い。

風と氷と寂寥感と酒

投稿日:

 早々と入浴してしまう。我が家の風呂場は2階にあり、窓が全開でも見えるのは青空だけだから、初夏の薫風(くんぷう)をたっぷり入れて入浴できる。兎小屋さながら、狭い家だが、これだけが自慢だ。

 汗が引いたら冷凍庫から氷の塊を取り出し、カチワリを沢山作ってアイスペールに()たす。使っているグラスにぎりぎり入るくらいの大きな氷を作るのだ。

 気に入った大きさの氷をグラスにゴロンと入れて、ウィスキーをトロトロと注ぐ。やめられまへんな。

 日曜日の終わる寂寥感は子供の頃から変わらないが、寂寥感が酒の味付けになって(かえ)っていいのは、子供の頃と違うところだ。

マスト屋

投稿日:

 現実世界ではいろいろなことが同時進行で進んでおり、何かが100%達成されなければ次に行ってはならない、なんていうさながらウォーターフォール的進行はほとんど無理である。

 現実の仕事でPERT図などがあまり使われないのも、現場の怠慢とか怠惰とかいうわけではなく、使われないなりの理由がある、ということだと思う。

 ところが、そういうことのわからぬボンクラが人の上に立っていたりするから、本当にやりきれない。

「○×△は『マスト』だ!」

 この「マスト」という言い方も大嫌いだ。「必須要件」とか、ちゃんと日本語で言うのならまだしも、マスト(must)マスト言いやがって、お前の股間のその貧相なブツが帆柱(mast)だとでも言う気かボケッ。

 コッチも満たさなければならない、アッチも取り入れなければならない、コレも、ソレも、アレもだ。そういう現実的な仕事の話をしているときに、「『アレ』がないとすべてダメだ!!全てか、ゼロかだ!!!」みたいなことを怒鳴り散らす奴が、大嫌いだ。

 これからはそういう奴の事は、私の脳内では「勃起ちんぽ(mast(マスト))野郎」と呼ぶことにした。

ああ、いいね

投稿日:

 たまぁ~に、新聞・雑誌にもこういういいことが載るから、9割嫌いでも、1割好き、っていう。


 ……でも、やっぱり9割嫌い。

ガソリーナ、てw

投稿日:

 ガソリーナXXX、というある代議士の「ネット渾名(あだな)」を見て、不覚にも笑ってしまった。

 「XXX」のところをモロ書きすると、選挙の公示期間でもあるし、なにかお叱りがあってもアレだから、やめとこうw

俺はポッポのおっさんなんか嫌いだが

投稿日:

 標記のとおりだし、右翼一般の論調は「またコイツか!」「利敵行為だ!」と興奮気味だ。

 しかし、このこと、私にはそう悪いこととは思えない。

 現在、中国との関係はあまりよくないのは確かだが、「AIIBにもツバをつけて逆保険をかけておく」というような意義はあると思う。AIIBを無視するわけにはいかないのだ。

 だが、政府としては、公式のおおっぴらにはAIIBに関係するわけにもいかない。

 そこで、「今は野党に転落」した政党の関係者で、その野党からはとうに縁も切れ、「韓国で土下座するような国辱変人」ではあっても一応「元総理大臣」ならば、「表向き政府公式には関係のない唾付け役」として関係させるのに、このおっさんは適任なのではないだろうか。

おいおいおい~ッ!!(笑)

投稿日:

 あほかいッ!!……と、ツッコミの一つも入れたくなるわ(笑)。

 まあ、記事のとおりでもないんだろうけど、株で損を喰らったコッチとしてはさ~……。老(かい)老練な国民性であるはずのイギリス人も、最近アメリカ人並みにあほ化しているのかも知れんて。

フォントのPOP

投稿日:

 驚いた。「POP体」って、「ポピュラーミュージック」のPOPじゃなくて、「ポイント・オブ・パーチェス」なんだそうな。

 それにまた、この「HG創英角ポップ体」、今はもう高齢の、たった一人の文字デザイナーが作り上げた知的財産だ、ということも、すばらしい驚きだ。

納涼(のうりょう)

投稿日:
着る物の色黄に赤に夕涼み   佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

納涼(すずみ)

投稿日: