Google Mapのコンパスが変になったのを直す

投稿日:

 外出時によくGoogle Mapを使う。知らない街を歩くときなど、ナビも乗り換えも非常に便利だ。古いAndroid携帯(SO-04E “Experia A”)を使っているのだが、特に不満もなく、重宝している。

 ところが、少し前からコンパスがすっかりおかしくなり、ほとほと困惑していた。方向の矢印などが正反対を向いてしまったり、横向きになったりするのだ。進行方向も逆になるものだから、歩行中のナビなどほとんど役に立たなくなってしまい、先日旅行した時など、機微なところで反対向きに歩く破目になり、不便極まった。

 GoogleのFAQを読んでも、いつもの「『8の字運動』でコンパスをキャリブレーションしろ」としか書かれていない。もとよりこれは何度も試していて、しかし何十回やっても直らず、同じであった。

 他のコンパスを使うアプリを起動すると、これは正常な向きを表示するので、Google Mapだけがおかしいらしい。

 ネットの質問箱などを漁っても、同じように「8の字キャリブレーションをやれ」の一点張りばかりか、全く的外れの「アンタは素人だから知らんと思うので教えておいてやるが、GPSというのは誤差があるモンなんだ、多少の向きの違いはあきらめるのが正しい」みたいなスットコドッコイの回答をしてるアホがいて、またそんな回答に限って「ベスト回答」みたいな評価がついていたりする。あのなあ、GPSじゃなくて、コンパスの話をしてんのよ、質問者は。

 そんなことで困っていた。

 ところが、ふと思いついて、アプリのキャッシュやデータを消したら、たちどころに直ってしまった。

クリックで拡大

 アプリのキャッシュの消し方は、私の古いスマホに限っては、右の画像の画面遷移のとおりである。「私のスマホに限って」とは言うものの、別の機種や最新の製品でも多分似たり寄ったりだろう。

 注意することは、「ストレージ」の画面で「キャッシュデータ」を選んで消しても駄目で、「アプリ(アプリデータとメディアコンテンツ)」を選び、Google Mapを探して、その設定画面で「データ」を消去しなければならない、ということだ。

 このあとGoogle Mapを起動する。その時にはまだコンパスは狂ったままだが、ここでマニュアル通りの「8の字キャリブレーション」をすると、きれいさっぱり、あれほどおかしかったコンパスの向きが直ってしまう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください