買ってきたソレノイド

投稿日:

 昨日千石電商で5Vのソレノイドを見つけ、買ってきた。ソレノイドは「引き」の製品が多く、電圧も6Vとか12Vが多い。「5Vで押し」のは珍しいので、650円で高かったのだが、買った。

 何がしたいかと言うと、デジカメのシャッターをソレノイドで押したりしたいのである。

 とりあえず、小さいからそんなに何アンペアも流れるもんじゃないだろ、適当なFETか何かでスイッチしてやればいいんだろ、くらいの考えで、東芝の2SK2232、こちらは130円くらいのモンで、それも一緒に買った。

 家へ帰って千石電商のサイトにあるソレノイドのデータシートを見たが、中国製で、どうも要領を得ない。何アンペア流せまっせ、とか書いてない。

 うーん、計れ、ってかい(笑)。

 適当にテスター当てると、35Ω。E=IR、I=E/R。140ミリアンペア。……って、んなわけあるかい(笑)。

 中国のメーカーのサイトデータシートを見ると、4.5Ω、1.1Aと書いてあるから、多分そうなんだろう。しかし、ソレノイドって、「押しはじめ」と、「押し持続」で、電流が違うように思うんだが、……まあ、いいか。

 一方、買ったFET、2SK2232は、というと、東芝製だからデータシートはちゃんと日本語。

 で、えーっと……ドレイン電流は……


2SK2232定格

 25アンペアと書いてあるから、まあ、余裕でオッケーなんだろ、……多分w。

 ぶっつけで繋いで壊すのもアレだから、まあ、一応回路図とか書いてみてですね……

IMG_2873

 それでまあ、ブレッドボードはこうなりますわな……。

IMG_2874

 で、そうだなあ……。他に給電回路もないから、Arduinoでテスト。まず、コードはこうして、2秒に1回くらい、ソレノイドをビクンビクンさせてみよう、と。

//
//  買ってきたソレノイドをドライブする。
//    佐藤俊夫
//    27.5.24(日) 1044~
//
const int FET = 9;  //  2SK2232をデジタル9番に。

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
  pinMode(FET, OUTPUT);
}

void loop() {
  // put your main code here, to run repeatedly:
  digitalWrite(FET, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(FET, LOW);
  delay(1000);
}

 で、コンパイルしてロード、Arduinoにつなぐと、まあ、こういう感じで、……

……調子よくカッチコッチと動く。

 ところが、ここで大問題が(笑)。

 こうやって、ソレノイドをデジカメのシャッターに押し当てると、……

……力不足で、シャッターが押せないのである。ええい、この根性なしソレノイドが!(笑)。

DSC_0130

 次は、電源を変えて、もうちっと力のあるソレノイドで押してみてやろうかい。うーん、デジカメのシャッターの押し強さって、秤かなにかで計るしかないな。うーむ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください