給湯器が壊れる

投稿日:

 今日は日本ITストラテジスト協会関東支部の月例会があったが、出席できなかった。最近何かと小忙しく、ほとんど出席していない。今日は60人近くも参加の盛会とのことだったので、残念だ。

 午前中用事を済ませる。

 先週、家のガス給湯器が壊れてしまった。そこで午前中の用事が済んだ後、見積もりのために業者を頼んであった。契約している地元のLPガス会社、堀川産業(株)だ。

 彼らの見積もりではエコジョーズの中心モデル「RUF-E2405SAW」というモデルが\168,000-.+工事費\45,000-.=\213,000-.。

給湯器お値段 思わず(しゃあないなア……)と(ひと)()ちつつ「それでお願いします」と喉元まで出かかったがこらえ、「ちょっと家内と相談して改めてお電話します」と言った。

 (かね)て修理業者の見積もりもとっていたのだが、これは修理費が\60,000-.。

 修理にするか買い替えるか、21万3千円と6万円だと悩ましいところだ。交換した方がよいかどうかと言うのは、この値段差だと微妙だ。なんとなら、これから起こる故障の頻度が全く予想できないからだ。バスタブ曲線に基づく現段階のMTBFと1回修理あたり費用が全く不明なので、数理的な損益分岐は計算することができない。家庭には職場のような論理は持ち込めない仕組みになっている。

 さりとて、故障の頻度や交換した方がよいかどうかについてメーカーに聞くのは、ウォーレン・バフェットの言ではないが、「床屋へ行って『私は髪を刈った方がいいでしょうか?』と聞くようなもの」である。

 家内と相談したが、どうも結論が出ないので、他の方策も探すことにした。ホームセンターを3か所回る。家から近い順に「ケーヨーデーツー」「ロイヤルホームセンター」「三郷スパービバホーム」の順に回る。

 「ケーヨーデーツー」には給湯器は置いてなかった。

 「ロイヤルホームセンター」にはパロマとノーリツの給湯器があった。安かったが、サービスデスクで工事サービスの有無を問うと他店の扱いだと言い、どうも心もとない。一応聞き置いて、次へ行く。

 一番最後に行った三郷ピアラシティ内にあるホームセンター「スーパービバホーム」の2階、「ヴィシーズ」のリフォームセンターを覗くと、全く同じエコジョーズの中心モデル「RUF-E2405SAW」が本体\117,000-.+工事費\48,500-.+税\13,240-.=\178,740-.。

 \34,260-.ほど安い。断然コッチだ。

 念のため、1階の「スーパービバホーム」にも確かめに行った。そうすると、まったく同じ品番のものに\132,000-.の札が付けてある。なんで同じ建物内の、同じ経営母体の店でこういう事が起こるのだろう。

 すぐに2階ヴィシーズのサービスカウンターへ行って即決段取り。一旦下見の後、もう一度来店の上で購入・取り付けだそうだ。

 試みに「1階でも同じものを見てきたのですが、こちらの方が値段が安いです。なんでですか?」と聞いてみたのだが、

「……さ、さぁ~?どうしてだかは、私にもわかりません」

「でも、経営は同じなんでしょ、ヴィシーズさんとスーパービバホームさんは」

「ええ、ええ、そうでございますよ。ただ、事業部が違うんですよ。でも、なんでこちらが安いのかと言うことは、それは私にはどうも、ちょっと……」

……ということで、なぜ安いかと言うことについては、どうもよく判らぬ次第であった。

 帰ってきてからネットで見たら、これがまた……。同じ型番で\77,000-.からあるのである。

 なにやら惜しい気もするが、しかし、ネットの業者さんというのも、どんな施工をするかよくわからず不安でもあり、今回は自分の選択がベストだと思い込むことにしておこう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください