一杯

投稿日:

 読書しつつ今日も焼味噌で一杯。

 簡単で旨い。塩分は多いが、ロー・カロリーで蛋白質・アミノ酸等が豊富であり、何より酒に合う。

 今日も味噌は八丁味噌。

一杯

投稿日:

 焼味噌で一杯。

 味噌は八丁味噌。

右左

投稿日:

 来週の「さえずり季題」当番が回ってきたので、題を考え、文章を書いた。「私如き左党には……」云々と書いていて、「右翼で左党の佐藤」というのがなにやらツボにはまり、クツクツと忍び笑いを漏らす。

 俗に、酒呑みのことを「左党」という。大工が(のみ)を持つ時左手で持つので、左手のことを「(のみ)()」と言うそうだが、これを「呑み手」と洒落に転じ、呑む方の人のことを左党と言うようになったそうである。


後日追記

 このこと、右のツイートである。今日出題した。

一杯

投稿日:

 小松菜の浸し物を作って冷えたやつを一杯。

 浸し物にはドッサリ、山ほど削り節を乗せる。

二杯

投稿日:

 小松菜をひと盛り、全部浸し物につくって、ウィスキーを更に二杯。

一杯

投稿日:

 和布()(かぶ)胡瓜(きゅうり)のレモン酢に、(とき)辛子(がらし)を添えて一杯。

一杯

投稿日:

 煎り大豆でウィスキーを一杯。

一杯

投稿日:

 ピーマンの浸し物を作って一杯。

うれしい時も悲しい時も

投稿日:

 大麻や覚せい剤に手を出してお縄になる連中の気が知れない。

 我々には「酒」という強い味方がある。酒は言ってみれば日本国政府認定の「合法ドラッグ」である。

 うれしい時も悲しい時も、死にたくなるような日々にだって、ウィスキーでもワインでも日本酒でも焼酎でも、何でも飲めばよい。酒を飲むことそのものは犯罪でも何でもない。ただの嗜好である。

 そこから考えると、薬に手を出すような奴は馬鹿だ。

一杯

投稿日:

 小松菜の浸し物で一杯。