DIYでジャイロの取り付け

投稿日:

 カーナビを取り付けた。

 満足のいく性能なのだが、ただ一点、具合が悪い。

 ウチは埼玉県某市なので、外環道とその側道である国道298号線をよく走るのだ。この国道298号線が具合が悪い。上空を外環道に覆われているため、GPS衛星の受信がほとんど出来ないのである。

 この298号ほどどこで右左折していいやらわかりにくい道もない。この道でこそカーナビの真価が発揮できようというものだが、そこで腰砕けなのだ。

 そこで、オプションのジャイロユニットを購入し、自分で取り付けた。なかなか大変だったが、カーナビの調子は最高である。

奥崎謙三死去

投稿日:

 先月中ごろ、奥崎謙三が死去した。いわずと知れた「ゆきゆきて、神軍」の奥崎謙三である。

 「ゆきゆきて」は、20代の頃、私も興味津々で見たものだ。見終わった後、随分長いこと考え込まなければならなかった。

 しかし、近作「神様の愛い奴」は、

「なっ、なっ、なんじゃこりゃあああああ」

・・・と叫びださずにはおれない、空前絶後人跡未踏の極北にして泰斗とも言える、オッソロシイ一種の宗教マンガ、いやなんというのだろう、特殊ビデオ!、これであった。

 ゼヒ一見をおすすめする。

 チナミに、奥崎謙三の死亡記事には、「『ゆきゆきて、神軍』の主演として知られる・・・・云々」という記述はあっても、ただの一行たりとも「晩年はポルノビデオに出演する等云々」という記述はなかったことをここに記しておきたい(笑)。

ゆきゆきて、神軍

神様の愛い奴

国民の歴史

投稿日:

 西尾幹二氏の「国民の歴史」を読む。

 読んだ事を他人に語って「アレはキミ、トンデモ本の類だよ」などと言われて「ええ、そうですねぇ、あのトンデモ本。でも、中にはいいことも書いてありますよ」などと応対してしまいそうな一般的な態度がイヤ。

 とか、「ああ、アレねぇ。5~6年前、コヴァ全盛のときに皆争って読んだよねぇ・・・ナツカシイ」なんて言われてもチッとムカつく感じをしそうなのもハァ~とため息出そう。

国民の歴史@amazon
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594027814/249-9506795-2254716

「寿司を食べ、酒を飲んでいるうちに・・・」

投稿日:

 二代目廣澤虎造の浪曲、また、古くは講談のネタでも有名な「石松三十石船道中」というのがある。 「食いねェ食いねェ、寿司を食いねェ、酒を飲みねェ、もっとコッチい寄んねェ」というアレだ。
 この語り出しに、「親分には内証だが途中で買ってきた小さな酒樽 縁の欠けた湯呑へ注いで飲む 大阪本町橋の名物『押し寿司』を脇へ置いて 寿司を食べ 酒を飲んでいるうちに 船が水に流されて河のなかばへ出る・・・」というくだりがある。
 唐突だが、この「寿司を食べ、酒を飲む」という行為が、どういう感覚のものなのかを想像してみた。
 当時のこと、刺激のある飲料なんてものは、ない。現代なら、ビールだのジュースだのソーダだのコーヒーだの、なんでもある。しかし、当時、飲み物と言えば水、湯、茶、酒であったろう。つまり、酒がもっとも刺激的な飲み物であったはずである。
 一方、食べ物の寿司。これは、当時のファーストフードの最先端であり、今で言えばハンバーガーぐらいにもあたろうか。
 そして、物語の主人公のやくざ、石松。これは、「イキな小粋な、そして愛すべき馬鹿の石松」であって、マンガ雑誌「ヤングマガジン」に出てくるような、一部の人にはかっこ良いとしてあがめられる如き、先端ヤンキーであったかも知れぬ。
 つまり、こうである。
 「カッコイイ先端ヤンキーが、バドワイザーかマックシェイクを持って船に乗り、ハンバーガーをパクついている光景」
 ・・・コレが、石松三十石船道中の理解の仕方なのではアルマイカ、と。

投稿日:

 自宅で無料ドメインを利用してWebサーバ・メールサーバを運用している。

 不正アクセスの試みが数多くある。

 サーバはかなりタイトに仕上げてあるから、それらの不正アクセスは寄るそばから全てドロップされ、クラックされることはなく、ログが残る。

 それらの攻撃の発信元の99パーセントは中国と朝鮮である。

 そのアクセスの仕方は、馬鹿のように執拗で、狂気じみている。何万回、何千台、何万IPアドレスから、繰り返し繰り返し、アクセスしようとする。

 怨念と狂気。

 相手にもしたくなく、馬鹿馬鹿しく、話題にもしたくないが、ちょっと書いてみた。

阪神大震災から10年

投稿日:

 そうか、もうそんなに経つのか。
 私は、その日は出動して救助に当たった。それが私の仕事である。当時は神戸にほど近いある町に住んでいたのだ。
 被災地神戸には、そのまま100日あまりとどまり、救助活動を行なった。己の及ぶところを尽くして職責に没入した。あまりにも濃密だったそれらの日々を、ブログにすべて書くことは無理である。
 某新聞に何日間か私の話が連載されたこともあったし、また、沢山の機会に自分が知ったこと、教訓、見聞を人々に伝えた。しかし、最近はそれも絶えた。
 当時20歳代だった私も今や30歳代、それどころかもう40歳に手も届こうかという年齢だ。
 記憶は薄れつつもある。しかし、被災地神戸の方々、家族や友人を亡くした方々には、今もまだ事態は進行中で、私ごときがその記憶を云々することは、あつかましくもあろう。
 光陰あって、今私は埼玉に住まいしている。折々、家具や重量物をネジ止めもせず、日々を浮かれ不注意に暮らしゆく自分を見出す。
 どうか、どうか安らかにあれ、6000有余の魂。お父さんやお母さんと死に別れた子供たちが、その後、どうか、健やかであったように、また、今後も健やかであるように。
ブログ人・日本応援地図のお題・「阪神大震災から10年・・・あの日あなたは何をしていましたか?」

収納を作ってみる

投稿日:

housing_diy_locker01
 安いパインの集成材を買ってきて、引き出し付きの収納を作ってみた。
 引き出しって、本当に作るのが難しい。ピッタリで、かつスムーズに開閉できるようにするのは、至難だった。

家の色

投稿日:

 私の家の色は黄色である。黄色が好きなのだ。

 私の黄色好きは、しかし、作られたものでもある。どこまでが芯からの黄色好きで、どこまでが作られた黄色好きか、自分では良くわからない。

 私は3人兄弟で育った。姉、兄がいた。親が私たち子供のために何か買ってくるとする。なんでも良い、まあたとえば歯ブラシとでもしておこう。子供向けのものの色なんて、それが安いものであればなおさら、大抵決まっている。3つ買えば、まずは赤と青の二つ、そして残りが黄色か緑のどちらか。黄色が多かったと思う。まず赤は姉が取る。これは問題なし。次の青だが、これは年子の兄弟であった兄と喧嘩して取り合いになる。大抵は年長の兄が勝ち、青は取られてしまう。残りは黄色になる。だんだん大きくなってくると、この残り物の黄色がいかにも幼児用のようで、子供っぽく感じられ、イヤになった。他の色が欲しいのだが、そんなことを口に出すと、親などからも「アンタは一番年下なんやろ?黄色にしとき!」とかなんとか決め付けられてしまい、黄色になる。

 そういう日々が長く続くと、今度は色なんてどうでも良くなってくる。自分が欲しい色、好きな色もなんだかわからなくなり、たまに好きなものを選べと言われてもどうでもよく、残ったものや安いもの、仮に他の色があっても、他の人と競合しそうなものを避け、人気のなさそうな変な色のものを自分で選ぶようになってしまうのである。

 ある日、使っていた筆入れが破れた。たんすの引き出しに新品の真っ赤な筆入れがあったので、なにという意識もなくそれを使っていたら、今度は親に激しく怒られた。「なによ!!アテコスリみたいに!」というのである。「アンタみたいなヒョロが机の上にチョロリとこんな小娘が使うみたいな赤い筆入れ乗せてると思ったら、お母さんナサケナイわ!!」こうなってくると、もう、ワケがわからない。

 私は十代の頃から今まで、ずっとユニフォームを着る仕事をしているので、好きな色の服だの好きな色のネクタイだの、好きな色の靴下だのとはまったく縁がない。

 ある時、作成したコンピュータソフトのアイコンを自分で作っていて、自然それが黄色い稲妻に濃い橙色のシャドーをあしらったものになった。何を考えていたわけでもない。稲妻の形がイメージとしてまずあり、その形のイメージに合った色を選んだらそれが黄色であったと言うだけのことである。そばでそれを見ていた人に「キッツイ色かたちですねぇ。・・・色ってのは、けっこう性格なんかを現すって言いますよ」と言われた。そのことをきっかけに、「好きなように色を選べ」と言われると、なんとなく黄色を選ぶようになった。だがしかし、大人なので、さすがに服の色や靴の色は黄色と言うわけに行かない。黒や濃紺を選んでいる。

 家の色は、まったく迷いもなく黄色にした。明るくて好きだ。周りの家々とのバランスを考えるということも世間ではよく言われているようだが、そんなことまったく考えもしなかった。

色のことをいろいろ書いておられる方のサイト
 ○ 好きな色・イメージカラー
  ○ 黄色が好きな人のこと

 こうした説明を読むと、いちいち納得できると同時に、なんだか、「こういうふうに自分を作ろう」としていたような意識をギクリギクリと言い当てられているようで、そんな演技派な自分の浅ましさそのものを指摘されているようなふうにも感じられ、いちいち長いこと考え込まされてしまう。

砂場に

投稿日:

 砂場に「ふた」を作った。
 放置しておくと猫がやってきてフンをしまくるからである。
 ホームセンターで1×4材と腐り止め、コーススレッド(木工用のネジ勾配が急なネジ)を買い込む。
 あまり大きなフタにすると子供が自分で開け閉めできないから、5枚に分ける。
 1×4材を3枚づつ、2×4材を半分に割って作った垂木でネジ止めし、腐り止めを塗って出来上がり。


 ぴったりサイズである。

 で、タダのフタだと面白くないが、このフタはこういうふうにすると、子供がママゴトするのにちょうどよい腰掛板になる。

庭に砂場を作る

投稿日:

 前々から庭の空きスペースには砂を敷いており、娘二人が砂遊びを楽しめるようにしてあったのだが、地面にそのまま砂を敷いただけだったので、ともすれば砂が土混じりとなり、扱いにくくなるきらいがあった。それに、近所の子供が遊びに来ると、どうしても砂に水を注いで泥んこ遊びになってしまう。そのままの地面に砂を置いただけの場所に水を注ぐと、そりゃまあ、凄い泥になる。自分の家の子だけが泥だらけになるのなら、まあ健康な遊び方でもあるし、それは良いのだが、よその子が泥だらけになって帰り、向こうの親御さんにこっちが文句のひとつも言われてしまうとチト不愉快でもある。
 そこで、ちゃんと枠を切って砂場を作ることにした。

 とりあえず庭をスコップの刃の深さ分、四角く切る。
 それから、ホームセンターで枠に使うものを見繕う。はじめは枕木を使おうと思ったのだが、枕木は一本2000円以上もする。何かないかなあと思案しながら売り場を歩くと、ツーバイフォー材の180センチぐらいのやつが一本225円の激安で売っている。これを2本組み合わせて使うことにする。腐り止めの塗料を一缶と、ツーバイフォー材を枠に組み立てるためのコーススレッド(木材用のビス)の75ミリのやつを買う。〆て2800円。

 庭に切っておいた穴の大きさに合わせてツーバイフォー材を切って組み立て、タテ130センチ、ヨコ80センチ、深さ20センチの枠を作る。腐り止めの塗料を何度も入念に塗ってから穴にハメ込む。
 砕石と飾りの敷き砂利、砂を買い込む。飾りの敷き砂利にはいつもの300円の玉石じゃなくて、チョイとコ洒落たクラッシュブリックをおごる。全部でざっと1万円かかってしまう。

 砕石を砂場の枠の底と回りに敷き詰めてよく突き固め、周りに砂利を敷き、砂を入れて出来上がり。