放言に近い、というか放言そのものだが

投稿日:

 住宅ローン及び人生に関する考え方の一つとして、「住宅ローンを全額返すなんて、バカのすることだ」というのがある。「住宅ローンなんか、保険みたいなものだ」というのである。
 一見突拍子もない考え方だが、これはどういうことか。
 住宅ローンの負担感を和らげる為に~いささか『朝三暮四』の感を免れぬが~1回の返済額を少なくし、返済期間を長くする。そうすると、「80歳までローン返済人生」というような、陰惨な響きのある(笑)返済期間になる。で、ここからポイント。全額返済せずに、そのまま寿命で死ね、というのだ。もちろん、住宅ローンは借りる際に団体信用保険に入っているから、「死ねばチャラ」である。債務者側の問題はこれでOK。別に自分の子供たちが苦労して返さなくちゃいけないなんてことはない。
 で、「借りたものは返す」という人としての問題の方だが、これは、寿命で死ぬ頃には元金はとうに払い終わってるんだから、あとは金利分でしょ、借りたものは返してんじゃん、というわけである。「銀行なんてぜいぜい喘いで税金投入してもらって一息ついて生き返って、そのくせ行員は高い給料貰ってられるのは納税者様であるコチラ様のお陰様なんであるから、金利分ぐらいそっちで面倒みとかんかい。ナニ、『そんな考えの奴ばっかりだと、社会システムが成り立たん』だと?なにを言うか、こっちはこの不況に、個人がなしうる消費としては最大のものの一つである『住宅建設』と言う一大事業をやって経済循環に寄与してんだから、社会奉仕みたいなもんだぞ。礼ぐらい言え」などという当然な(笑)逆ギレ風開き直り、というか居直り方をするんである。
 無論、銀行は貸すときに、確率論的な統計学上の計算をもとにした基準を満たさなければゼッタイに貸してなどくれない。銀行は「『銀行が損をしない確率』の確率」が一定以上であるときにはじめて貸すのだ。こっちが居直ろうが逆ギレしようが、まったく関係ない。当然、「180歳まで150年払いでローン返します」なんてバカげた期間設定はできない。「全額返済時に70歳以下であること」みたいな条件があるはずだ。日本男子の平均寿命は現在77歳ぐらいだから、これは理にかなった数字である。
 だから、「ローン全額なんて返さないよ」てな考え方の奴が一人やふたり、いや、仮に全員がこんな考え方でも、銀行は最低限の利益は出るように計算して貸してる。なので、「人としての問題のほうもOK」だというのだ。
 ・・・でも、どうなんでしょう、コレって、という気もする。しかし、ラクな感じにはなれるでしょ、銀行員の方以外は。
とっても不安に思っていらっしゃる方のブログ
http://jitex.cocolog-nifty.com/blog/2004/03/post_9.html
不安どころか、「やめなさい」と言っていらっしゃる方のブログ
http://zenchans.cocolog-nifty.com/top/2004/01/post_16.html

個人住宅建築ラッシュは

投稿日:

 終わったかな、もう終わったかな、と思わせつつも長く続いていたようだが、さすがにもう終わったか。
 私が新築した時がラッシュのピークだったように思う。私が建て終わった頃から住宅金融公庫の制度更新で、駆け込みラッシュがあったように思う。

ツーバイフォーにして良かったと思う点は

投稿日:

 なにしろ、家の中が広いこと。
 そりゃそうだ、柱が要らないんだから。
 2階にリビングを持ってきたのも大正解だった。理由は、広くできるから。
 1階は部屋をいくつか区切ることで壁量が多くなり、強度が増し、2階は広間にすることで重量が軽くなり、しかも日当たり良好になる理屈である。

ツーバイフォー

投稿日:

 新聞によると、ツーバイフォー(2×4)工法の建築基準が変わり、4階建てまでOKになるという。ダイジョーブかいな?とも思うが、その新聞記事によると、「欧米では4~7階建ての中層住宅にも普及しており云々」とある。 ・・・7階建て、ってアンタ、そりゃちとムリがありゃしませんかね?
 さておき、やはりツーバイフォーは強靭なのだ。私の家もツーバイフォーにして、ホントーによかった。
日本ツーバイフォー協会
上記の中の、免震工法に関する記事
 ところで、最近よく聞くこの「戸建て用免震部材」、なるほど素人にもよくわかるのだが、上下の動きに関してはどうなのだろう?。また、阪神淡路の時には、ツーバイフォーと言えど、金物の不備により、家自体が基礎から外れて、壊れないままに転倒し、死傷を出したということも何かで読んだことがあるが、そうした事態にはどうなのか?

頂果を穫り入れた。

投稿日:

 イチゴの頂果を穫り入れた。





 一番大きいものが31グラム、2番目のが28グラムだった。ウマかった。

学校に近い立地

投稿日:

 先だって上の娘が小学校に入学した。
 私は自宅を小学校の近くに建てた訳であるが、これは正解であったと思う。
 学校に近いため、帰りに繁華な場所を通ると言うこともない。
 さて一年がかりだったが、イチゴはいよいよ食えそうである。



仕事の帰り

投稿日:

 家の近所の暗い道路の真ん中で、猫が車に轢かれて死んでいた。血がまだ濡れ光っている。
 このところ、猫のことをよく考えていた。そこへ、このこと。心がぼんやりと痛む。哀れ。

どうでもいいことだが

投稿日:

 猫というのは「ネコ」と書くのが正しいのか「猫」が正しいのか。
 同様にして、苺というのは「苺」と書くのが正しいのか「イチゴ」と書くのが正しいのか。

猫はあわれなる哉

投稿日:

 聞いた話だが。
 地域にもよるが、戦前までのかつての農家では猫を飼うにつとめたものだそうだ。特に米作農家ではよく猫を飼ったという。
 愛玩ではない。鼠捕りのためである。
 その飼い方は実にドライで、今のように避妊手術などないから、仔猫が生まれると箱に入れて川に流したりしたそうな。小さな女の子がそれを見て泣いたりした、と。
 それでも猫はなくてはならぬ実益の生き物として欲しがられた、と。
 ・・・昔はそうしたドライな飼いかたをされ、今は「庭にクソされるのはたまらん」などと追いたてられる。あまりにも、猫、あわれ。