一杯

投稿日:

 アイスピックでボールアイスを沢山削って、一杯。

 いやはや、向暑の(みぎり)は、これに限るのう。

なんだか涙まで

投稿日:

 真昼間ッからウィスキー喰らって酔い()れていたら、なにがなんだかもう、さっぱりワケが分からなくなってきちゃって、朦朧となっちゃって、音楽も映像も一緒くたになって、なんだか涙まで出てきた。

一杯

投稿日:

 ショットグラスに金平糖を少し入れ、そこにウィスキーを()いで飲むとけっこう旨い。

 この次はこれを江戸切子の気の利いた硝子でやってみたいが、いかんせん金がない。そのうちにやってみよう。

稽古オーバーホール稽古飲酒

投稿日:

 このブログは「オッサンとバイエル、ピアノ等」と題している割には、一昨年ごろからピアノの記事がほとんど、というか、全然、ない。

 理由は簡単で、単純に「仕事が忙しかったから」である。

 今日は久しぶりにピアノの稽古を少しした。レパートリーは激減し、今弾けるのは「ノクターン」だけだ。それでも、できるだけよい音で弾こうとする。

 愛用のデジピ「Roland FP-7」は、少し前から鍵盤のバランスが狂いはじめ、いくつかの特定の音だけ硬くて大きな音が出るようになってしまってきている。そろそろメーカーに頼んでオーバーホールかなあ、と思いつつも、予約したり出張修理に来てもらったりというのが億劫で、手を出しかねていた。

 しかし、今日のように少し真面目に練習しようとすると、その音が気になって仕方がない。最近稽古をサボっているのをその音のせいにしてしまう。

 今日の何回かのノクターンの稽古で、強く出てしまう音だけソッと弾く、などということをしているうち「ええい、面倒なッ!!」と、ドライバーと工具をつかんで立ち上がる私なのであった(笑)。

 クパアアアアッ!……とピアノをヒンむく。

 分解してみるとFP-7は割合に簡単な構造で、電源やペダルのコネクタを全部抜き、楽譜立てを外し、底面のネジを全部外せば、本体の上蓋が向こうへ外れるようになっていた。

 案の定ピアノの内部は(ほこり)まみれだ。10年以上もリビングに放置したまま、次女ともども弾きまくったんだもんな。

 恐らくはゴミや埃の類が打鍵センサーの表面や鍵盤とセンサーの間などに蓄積し、打鍵圧の検知をおかしくしているのであろう。

 フロンガスのダストブロワーや掃除機、硬く絞った雑巾などを総動員してゴミや埃をきれいに取り除き、元通りにふたを閉め、ネジを締める。

 気を取り直してノクターンを弾く。一部、ひどかった鍵はまだ大きな音が出てしまうが、その他の気になっていた鍵盤はこれでほとんど直ったようだ。

 午後の日が明るく、窓の外の空が青い。ノクターンは文字通り夜の曲だが、美しいメロディは今日のような春昼(しゅんちゅう)にも弾いて楽しい。

 ホッとしてウィスキーを一杯。

結婚記念日

投稿日:

 今日は結婚記念日なので、帰りにカルディ・コーヒーファームへ寄って、ロゼのカヴァを一本と、チーズの盛り合わせを買った。

 折からしぐれ始め、びしょ濡れになった。

 妻が車を出して次女を迎えに行ったので、とりあえず買って来たチーズで先にウィスキーを一杯。

 チーズというとワインに決まったものだが、ウィスキーの肴にしても旨いことを知った。ハードチーズのような乾いたものの方が合うようだ。

小規模なアホ列車

投稿日:

 冬(うらら)かだ。青く晴れた南の空を望むと、絹雲が西へ西へと高く速く流れていく。冬の偏西風に乗っていくのだろう。

 先だってから内田百閒(ひゃっけん)の「阿房(あほう)列車」を図書館で借りて読んでいる。

 「阿房列車」は、意味もなく列車に乗って遠出しては何をするでもなく無為に帰ってくるという旅行記に過ぎない。であるにもかかわらずこの作品は、淡々飄々とした味わいのある、しかも、なんだかわからないが読んでいてとても面白い傑作である。「どこがおもしろいのか」と言われると返答に窮してしまうのだが、ところどころ爆笑してしまうような面白さなのだ。

 読んでいるうち、私も無性に列車の旅がしたくなった。

 内田百閒は別段鉄道マニアと言うわけではない。無論私も鉄道マニアではない。世の中には「乗り鉄」と言われる、単に鉄道に乗るだけでも嬉しくてしょうがないという鉄道ファンがいるということは知っているが、私にはあまり理解できない。

 しかし、そんな私でも流れる車窓の景色と旅情はいいものだと思う。

 だが、無駄な旅行をする金はない。

 そこで、思い出した。ノーラッチ乗り継ぎとか、大回り乗車とか言われる旅行があることを。

 粗雑に(まと)めるならば、大都市近郊では、どういう経路で乗り換えをしようと、最低料金を支払えばよいことになっているのである。

 どういうことかと言うと、日常、仕事帰りの電車で居眠りして自宅最寄りの駅を乗り過ごし、反対向きの電車に乗り直して帰宅するというような体験をすることがあるが、これと同じ理屈である。この場合余分な料金を徴収されることはないが、それは単に鉄道会社のお目こぼしにあずかって見逃されているというのではなく、もともと合規適正な乗車方法だから余分な支払いをせずに済んでいるのである。

 さて、その理屈に従い、Yahoo路線図を使って調べてみると、埼玉県の自宅から箱根の辺りまで改札を出ず、そのまま帰ってこられることが判った。

 ひとつ、できるだけ無駄な経路をクネクネと乗り継いで、箱根登山鉄道の強羅(ごうら)駅まで行って帰って来てやろうと思う。

 まず、いつも通勤で乗り慣れた東武スカイツリーラインで北千住へ行き、ノーラッチ接続でJRに乗り換え、西船橋まで取って返し、今度は東京メトロで代々木上原まで行くことを企てた。

 朝も早よから飯も食わず、スキットルにウィスキーを詰め、デジタルグッズ一式とごちゃ混ぜに鞄に収める。何はなくとも酒、というのも情けないが、酒も飲まずにこんなことをしても楽しくない。口までピツピツにウィスキーを詰めたスキットルが鞄に入っている、と思うだけでも充実感が違うのだ。愛用のスキットルは6オンス(177CC)入りのステンレス製で、30年くらい前に買ったものなのだが、蓋のパッキンなども全く傷むことがなく、ずっと使っている。底面に「SUS304」と刻印してあるが、これはステンレス鋼材の規格である。

 いつもの通勤経路を駅まで歩き、新越谷駅のスターバックスに寄る。愛用の保温マグにドリップのグランデを詰めてもらう。時季柄ホットだ。マグ持参で行けば、カップ値引きが入って367円である。最近スターバックスはワンモアコーヒーが税込108ではなくなり、値上がりして税込162円になってしまった。お得感が減殺されて、まったくつまらん。

 通勤で乗り慣れたいつもの東武線。しかし、今日は仕事ではないから、特に考えることもなく、いきおい車内広告など見る余裕がある。それで中吊りを見上げると、のっけからこういう広告である。喫煙者最後の断末魔、みたいなことで、筒井康隆の短編「最後の喫煙者」というのを連想してしまった。

 私が煙草を()めたのはもう10年以上も前で、もう細部の年数も定かでないほど前の事だが、それにしても、こういうことになる前に煙草を止めて、本当に良かった。いい時に止めたなあと思う。

 東武スカイツリーラインの、私の住む越谷寄りのあたりは高い建物や(さえぎ)るものがなく、富士が美しく見える。特にこの東武スカイツリーラインの高架は、沿線一帯で最も高いところを通っているものだから、隠れた富士見物の名所である。惜しむらくはこれが通勤電車であることで、毎日陰惨な気持ちで仕事に通う通勤客に富士の眺めを愛でる余裕などあるはずもない。

 今日も初冬らしく、やや曇りながらも青空、空気が澄んで富士が美しく眺められた。いつもの私だと読書に没頭しているか、混雑した電車内の身ごなし体さばきに一生懸命でそんな余裕がないか、そうでなければ仕事の心配などでそれどころではないか、いずれかであるが、今日は何と言ったって休みをとったから、富士を楽しむ余裕がある。

 そんなことは知ってか知らずか、区間急行は北千住まであっという間にすっ飛ばしてしまう。

 北千住に着いてから、さて、乗り換えなしでJRに、……っていったって、駅の案内を普通に見てたら、どう見てもJRに乗り換えるには改札を出なければならない。う~ん、はて??

 駅構内をマゴマゴしているうち、千代田線に乗り換えると、シームレスに常磐線に接続することがわかった。おお、これだよ、これ。

 ホームで行き先を見ると、新松戸に行ける。なるほど、これなら、当初の目的の、意味もなくクネクネと乗り継ぐというのにふさわしく、一旦JRに乗り、西船橋で再び地下鉄に乗り換えられる。

 それで新松戸で武蔵野線に乗り換え、更に西船橋へまわった。

 今日は代休を取ったので私は休みだが、世間は平日で、丁度通勤ラッシュである。混雑する武蔵野線の人をかきわけかきわけ、西船橋に着いた。

 で、西船橋で東京メトロ東西線に乗り換えようとして愕然となった。改札を通らないと西船橋では乗り換えられないのである。どうも、津田沼あたりから乗ってくると相互乗り入れで西船橋から東西線に入れるようだが、西船橋の駅そのものでは東西線には乗り換えられないようだ。

 うーん、うーんと唸った末、まあいいや、適当で、というわけで、なんとなく中央総武線で中野に向かった。都内に向かえば、まあ、どうにかなるだろ。

 朝は少し曇っていたが、どんどん晴天が広がり、ますます冬麗の美しい日になっていく。

 電車が空いてきたから、朝保温マグに詰めてきたスターバックスをゆっくりと味わって飲む。中央総武線はいつもの通勤電車であって、いつもあくせくと降りる市ヶ谷駅もヘヘン、ってなもので通り過ぎる。なんだかザマァ見ろという感じで、楽しい。

 中野に着いて、ハテ多分どうにかなるんだろ、と思って構内をうろついてみると、オッケー、何となく思った通り、改札を出ずに東西線に乗り換えられる。これで大手町まで行き、再び千代田線に乗り換えれば代々木上原まで行けるはず、代々木上原からは小田急線に乗れるはずである。

 なんということもなく代々木上原に着き、降りたホームの反対側が当たり前のように小田急線である。まるで図ったよう、乗れと言わぬばかりに快速急行小田原行きが間髪を入れず入線してくる。えっ、なにこのスムーズさ(笑)。

 陽光ゆたかな相模地方を電車は西へ突っ走る。山あいの景色が良い。冬にもかかわらず緑が濃く、空が青い。平地が多い埼玉ではあまりないことだが、丘陵のすそを線路がくねくねと縫う感じがなんだか懐かしい。

 この辺りまで来ると旅情横溢し、じつにいい。これを愉しむために今日はエッチラオッチラ出てきたのだ。

 小田原まではだいぶかかるが、もともと用事はないし、そう思ってみると、座っていれば勝手に電車が体を運んでくれるのだから、楽なものである。

 小田原から箱根登山鉄道に乗り換える。

 もう十数年以上前だが、亡くなる前の(しゅうと)を含む親戚一同で箱根・小涌谷の「ユネッサン」というスパリゾートへ行ったことがあった。この登山電車で行ったのだ。楽しかったが、普段元気な舅がその旅行で珍しく多少疲れた顔をした。一同アレッ、と思ったものだったが、その時舅は末期癌に(かか)っていたことが後になってわかった。それからの病勢は急激で、その後半年を隔てず亡くなってしまった。

 そのようなことを思い出しながら電車に揺られる。登山電車は初冬の箱根をスイッチバックで登り、ぐんぐん標高を稼いでいく。鉄橋のかかる谷の景色、雪にはまだ早く、一帯は冬の日に照らされていかにも和風に静かである。

 実に旅らしい。

 さすがに強羅は気温が低く、軽装にマフラーだけ巻いて出てきたので、鼻水が出た。

 この先、箱根ケーブルカーに乗り継ぐことができるが、さすがにケーブルカーまで「ノーラッチ接続乗り入れ」というわけにはいかないようだ。

 駅の構内は狭く、特段見るものもないので、さっさと引き返してしまうことにする。

 保温マグに入れてきたスターバックスのドリップを全部飲んでしまったので、スキットルに詰めてきたホワイト・ホースをチビリチビリとやりはじめる。温まる。やっぱり旅はこうでなくっちゃなあ。

 帰りは早い。小田原で有名な「鈴廣」の蒲鉾を買おうかと思ったのだが、一丁1800円などと意外に高く、やめる。代わりに牛蒡や烏賊の入った変わり揚げを買う。

 新宿行きの快速急行に乗る。新宿から目黒、渋谷と乗り継ぐつもりでいた。ところが新宿に着いてみると、小田急線からは改札を通らないとどこにも出られないことがわかった。

 慌ててネットで調べると、下北沢から京王線で新宿に入るのでなければいけないことがわかった。さっそく急行で二駅、下北沢まで引き返す。下北沢からどう行ったらいいかまたわからず、マゴマゴした挙句、またネットで調べて、吉祥寺行きへ乗ってひと駅、明大前で「京王井の頭線」から「京王線」へ乗り換え、それで新宿に行けば、都営新宿線に乗り換えられることがわかった。

 その通りに乗り換える。

 新宿から都営新宿線に乗り換え、九段下を通り過ぎた時、もうこのまま半蔵門線に乗り換えて帰ってしまおうか、とも思ったが、やっぱりもう一(ひね)りしておきたい。ここは神保町から都営三田線に乗り換え、ここから東急大井町線、大岡山、自由が丘から東急東横線を経て渋谷へ行き、そこから半蔵門線に乗ってみよう。

 もうすっかり暗くなり、金曜夜の通勤客がくたびれたふうで帰宅中である。遊んでいるのは自分ばかり、という感じがするが、何、私だって普段は働いている。

 渋谷で晩御飯にしようかどうしようか、と思ったが、半蔵門線のホームに行ったら丁度南栗橋行きが来るところで、しかも座れるものだから、素直に乗った。

 北千住に着いたのが、だいたい19時半ぐらいだったろうか。

 朝から何も食べず、コーヒーを500cc、スキットルのホワイト・ホースを半分ばかり飲んだっきりだから、腹が減っている。しばらく前に北千住の改札内にできた「勝牛」というビーフカツ専門店へ入って晩飯にした。

 うまかった。

 新越谷駅の一つ北千住寄りの駅、「蒲生」で降りて帰宅した。結局、この区間は通勤経路に含まれているので、定期しか使わなかった。

 結局、今日のアホ列車はこういう経路であった。

自宅~新越谷~(東武スカイツリーライン)~北千住~(千代田線)~(常磐線)~新松戸~(武蔵野線)~西船橋~(中央総武線)~中野~(東西線)~大手町~(千代田線)~代々木上原~(小田急線)~小田原~(箱根登山鉄道)~箱根湯本~強羅~箱根湯本~(小田急線)~小田原~新宿~下北沢~(京王井の頭線)~明大前~(京王線)~新宿~(都営新宿線)~神保町~(都営三田線)~大岡山~(東急大井町線)~自由が丘~(東急東横線)~渋谷~(半蔵門線)~北千住~(東武スカイツリーライン)~草加~蒲生

寝待月(ねまちづき)

投稿日:

 旧暦八月十九日の寝待月(ねまちづき)だ。

 いつものウィスキー、ホワイトホースを一杯やりながら見る。酒も冴え冴えと冷えて旨い。

 今年は本当に月が良い。連日の月見である。