Google Mapのコンパスが変になったのを直す その3

投稿日:

 以前に書いた「Google Mapのコンパスが変になったのを直す」という記事が、なんだかわからないが非常によく見られる。

 多分、ニーズが非常に多いのだろう。実際、Google MAPのコンパスは、どうもよく狂うようだ。

 それで、「8の字キャリブレーション」の動画を撮って、Youtubeに放流しておくことにした。こういうものでも役に立つという方もいるに違いない。

Google Mapのコンパスが変になったのを直す その2

投稿日:

 少し前、このブログで「Google Mapのコンパスが変になったのを直す」という記事を書いた。

 あまり気にもせず放置していた記事なのだが、ふとアクセスログを見ていたら、この記事がピカイチのアクセストップになっている。

 世の中、よっぽどGoogle Mapのコンパスが変になって困っている人が多いものと見える。そこで、前の記事に書かなかったことを少し補足しておきたい。

 Google Mapのコンパスは、ムチャクチャに狂うのが普通であるようだ。騒ごうが(わめ)こうがしかたがない。巨大企業Googleの反応速度など、推して知るべしである。

 で、これが、Google Mapのアプリが悪いのか、携帯電話のコンパスが壊れているのかの見分け方がある。

 なんでもいいので、「コンパスアプリ」をインストールする。Google Playで「コンパス」などとして検索すれば、いくらでも見つかるだろう。

 方位のわかる場所へ行って、このアプリを起動する。

 コンパスアプリの指す方位が正しく、Google Mapの方位が間違っていれば、携帯電話のコンパスそのものは壊れてはおらず、Google Mapの設定が狂っているということになる。

 大抵はGoogle Mapの設定が狂っているので、Google Mapのデータを完全消去し、例の「8の字キャリブレーション」を最初からやり直せば、正常になるという理屈である。

 だが、直らないこともあるようだ。これは、推測するに、クラウドの「アッチ側」に、方位角の間違った補正データが蓄積されているのであろう。

 単なる想像に過ぎないが、多分、人が集まるような場所の磁気データをビッグデータ的に多く集めて処理し、強制的に補正しているのではないだろうか。

 そうだとすれば、利用者のためによかれとしてやっているのだろうとは思うし、技術的な努力には賛辞を惜しまないものの、しかし、いち利用者からしてみると、むしろ迷惑なことである。

Google Mapのコンパスが変になったのを直す

投稿日:

 外出時によくGoogle Mapを使う。知らない街を歩くときなど、ナビも乗り換えも非常に便利だ。古いAndroid携帯(SO-04E “Experia A”)を使っているのだが、特に不満もなく、重宝している。

 ところが、少し前からコンパスがすっかりおかしくなり、ほとほと困惑していた。方向の矢印などが正反対を向いてしまったり、横向きになったりするのだ。進行方向も逆になるものだから、歩行中のナビなどほとんど役に立たなくなってしまい、先日旅行した時など、機微なところで反対向きに歩く破目になり、不便極まった。

 GoogleのFAQを読んでも、いつもの「『8の字運動』でコンパスをキャリブレーションしろ」としか書かれていない。もとよりこれは何度も試していて、しかし何十回やっても直らず、同じであった。

 他のコンパスを使うアプリを起動すると、これは正常な向きを表示するので、Google Mapだけがおかしいらしい。

 ネットの質問箱などを漁っても、同じように「8の字キャリブレーションをやれ」の一点張りばかりか、全く的外れの「アンタは素人だから知らんと思うので教えておいてやるが、GPSというのは誤差があるモンなんだ、多少の向きの違いはあきらめるのが正しい」みたいなスットコドッコイの回答をしてるアホがいて、またそんな回答に限って「ベスト回答」みたいな評価がついていたりする。あのなあ、GPSじゃなくて、コンパスの話をしてんのよ、質問者は。

 そんなことで困っていた。

 ところが、ふと思いついて、アプリのキャッシュやデータを消したら、たちどころに直ってしまった。

クリックで拡大

 アプリのキャッシュの消し方は、私の古いスマホに限っては、右の画像の画面遷移のとおりである。「私のスマホに限って」とは言うものの、別の機種や最新の製品でも多分似たり寄ったりだろう。

 注意することは、「ストレージ」の画面で「キャッシュデータ」を選んで消しても駄目で、「アプリ(アプリデータとメディアコンテンツ)」を選び、Google Mapを探して、その設定画面で「データ」を消去しなければならない、ということだ。

 このあとGoogle Mapを起動する。その時にはまだコンパスは狂ったままだが、ここでマニュアル通りの「8の字キャリブレーション」をすると、きれいさっぱり、あれほどおかしかったコンパスの向きが直ってしまう。

参考サイト等