コーヒー

投稿日:

 長女のハロウィーンのコーヒーカップを借りてコーヒー。

 朝食代わりにチョコレート3(かけ)。働かない日はこんなものでよい。

虫声寸感

投稿日:

 夜来秋涼が快かったので、窓を開け放って寝た。

 明け方、虫の声が風鈴のように高く澄んで心地よく、聴いたまま微睡(まどろ)むのは本当に気持ちが良かった。

 もうすぐ節季は白露ともなれば、仲秋も近い。

 たしか、岡本綺堂の随筆で読んだのだったか。関東大震災以前の東京には、明治維新より前の江戸の色がまだ濃く残っており、裏長屋には「虫売り」が行商に来たものだそうだ。

 これは今のペットショップのような子供相手の商売ではなく、風雅の飾り物、しかも「音の飾り物」で、小さな虫篭に鈴虫を入れ、家の軒端にぶら下げてその音を愛でたそうである。

 建て込んだ東京の街は季節を感じにくいため、朝顔売りや金魚売り、虫売りなどからそれぞれ風雅を(もと)め、ほんの一輪二輪の朝顔、一鉢の金魚に寸描のような季節を見出して愛でたものだそうな。

 その話は、たしか「綺堂むかし語り」で読んだのだったと思う。「綺堂むかし語り」は青空文庫でも読めるし、Kindleにも0円でコントリビュートされている。

 岡本綺堂に言わせれば、「秋になって盛大に虫が鳴き始めるのなどは当たり前で、面白くない。まだ夏も(たけなわ)という時に、ふと秋に鳴くはずの虫がりん、と鳴いた、そこに捨てがたい涼味を見出すのが良い」……大意、そういう風なことだと思う。

 起き出して、コーヒーを飲む。この秋はじめての熱いコーヒーにしてみる。沁み入るように美味い。朝食がわりにチョコレートを3(かけ)ほど。

 コーヒーを啜りつつ、ふと思い出す。亡くなる前の正岡子規の句に

秋もはや塩煎餅(しおせんべい)渋茶(しぶちゃ)(かな)

……という川柳風なものがある。涼しさが増してからの久しぶりの渋茶の美味しさ、煎餅の香ばしさ、それどころか周囲の秋の空気の匂いまでが、このたった17文字の句から伝わってくるように思う。この作品は「仰臥漫録」の最初の日、明治34年の9月2日に記されている。今日は9月3日なので、今から丁度116年前の事だ。

ホモチョコだそうな

投稿日:

 ネット情報によると、おっさんがバレンタインデー近くにチョコレートを食うのは、すべてこれ、「ホモチョコ」と呼ぶべきものだそうである。

 ホモ、というのも、急進的なGLBT方面の人から言わせれば差別語ということになるのだろうが、非難と憫笑もまた多様性(ダイバーシティ)を受け入れるための修行のようなものであるとして飲み込むのが現代人の(たしな)みだ、などと言われれば、たとえホモならずとも黙り込んでしまうよりいたしかたあるまい。

 神戸元町一番館の「ポーム・ダムール」、林檎(りんご)のチョコレートがけだ。到来ものだが、これをホワイトホースのワンショットに浸して、少しづつ齧り、かつ飲むと、ウィスキーボンボンのようでもあり、チョコレートの香りとスコッチがあわさって嬉しい美味しさである。

な……っ!

投稿日:

 な……っ!

 こ、……これ、は……

 こ、これは、私はダメだと思う。