狼狽連合

投稿日:

 「希望の党」こと小池新党の、条件付き民進党議員受け入れで連合が慌てている。

 面白(オモシレ)ぇ。

 「おかしい」(神津里季生)も何も、そんなもん、小池の勝手だろうよ、ハッハッハ。もっとやれ、エエぞ小池。暴れろ。

 ひょっとするとこれは、巡り巡って「連合潰し」に繋がるかもな。

 昔、国鉄の民営化で国労組はとどめを刺されてズタズタになり、その功績をもって中曽根康弘は後に大勲位となった。

 いやまあ、共産主義者や社会主義者だって多少はいていいけど、あいつらはちょっと力をつけると、ロシア・中国・北朝鮮なんぞと通謀(つうぼう)して悪事を働きだすからなあ。雑草みたいなもんだから、潰してしまうくらいでちょうど適度に生き残る。だから、連中は弱れば弱るほどいい。それが国のためだ。労組が結局のところ共産主義へ傾くことは、どうしたって否めないんだからさ。アカなんざ人殺しと一緒だ。

 かたやの小池百合子は、ちょっと前、防衛事務次官を大(ナタ)で切り捨てるという荒業を見せつけたものだったが、まず、それぐらいの力があるな。しかもクビにしただけじゃない、刑事裁判に引きずり出して犯罪人にし、返す刀で守屋武昌の女房や娘までズタズタに葬り去ってしまった。官僚一人クビにしただけだろ、と言ってしまえばそれまでだが、いやいや、相手は普通人じゃあない、政治家なみの、指定職の官僚だからね。さればこそ、小池百合子の力量たるや。

 連合潰しで名をはせるのは、ハテ、誰でしょうなア。小池氏本人か、そこへ繋がる後の歴史か。キシシシシ……。

ナニ人だろうがカニ人だろうが蓮舫は蓮舫

投稿日:

 「蓮舫は台湾国籍を放棄しておらず、二重国籍の疑いがある」などとして疑義を呈している者があるようだ。

 それをまた、真っ向から揉み消そうとする、その調子に現れた蓮舫のほうの狼狽っぷりたるや。そんな、アナタ、所詮夕刊フジでしょ?たかがZAKZAKあたりでしょ??(笑)。

 ま、台湾人だろうが日本人だろうが、どうだっていいっちゃあ、どうだっていいんだけどね。

 他にも、帰化外国人とか、国籍だけが形の上で日本ということになっている代議士なんて、昔ッからたくさんいるんだし、何を今更。

 日本人だろうが台湾人だろうが、蓮舫は蓮舫なんである。

サテ、ここからだのう

投稿日:

 さて、都知事選は小池氏の当選で決まったようだが、オモロイのが泡沫候補・鳥越何某(なにがし)の始末だな。

 いやもう、バカっぽくて笑えてならないのが、この不埒な因業爺ならぬ淫行爺、こ奴が起こした名誉棄損裁判の行方よの。

 自分から訴えを取り下げたりすると、「バーカ、バーカ」って、ムチャクチャ言われンだろうねえ。ケッ。ジャーナリストとは名ばかりのテレビタレント、もう、石田純一みたいに色男ネタでテレビに出て、お笑い芸人と一緒に笑いでも取るしかないんだろうねえ、七十ヅラ下げてさ。キーッシッシッシ……。

随分早かったなァ

投稿日:

 ほほ~……。

 ……ま、そうだろうなァ、とは思ってたけど。

 というか、返す返すも、埼玉県民である私にゃ、1ミリも関係ない話です、はい。

変人狂人の(みやこ)

投稿日:

 東京都みたいな伏魔殿の知事に立候補しようとするなんざ、それだけで豪傑・変人・馬鹿野郎・阿呆・変態・英雄・紙一重・自殺攻撃・マック赤坂・ドクター中松・カス・出歯亀・ヒョットコ・AV女優・同じく男優・成金・特攻隊……というほどのものなのであろう。まあ、大阪も似たようなものか。

 苦労を買ってするようなものだ。13兆円と言う小国の国家予算規模のカネを振り回すことができると言ったって、私金じゃないんだから、重荷以外の何物でもない。……まあ、舛添の禿(ハゲ)はその中から数百万ばかり(ツマ)むという実に可愛いことをしでかしてしまって蹴り出されたのだが……。アホもいいところだ。

 だから、男アイドルの桜井何某の親父が自民党から打診され、地位的にはまさに相応しい高級官僚であるにもかかわらずこれを固辞した、というのは、誠に謹厳実直な見識というものだと思う。ああいう真面目一徹の人に務まるところではないのだ。

 それでなくてさえ、賄賂商人、強盗、猥褻犯、おとこ女、スパイ、堀江貴文、やくざ、空き巣、詐欺師、政治家、痴漢、弁護士、強姦魔、孫正義、連続殺人鬼、おんな男、地方公務員、愚聯隊、三国人など、常軌を逸した連中が日々夜々跳梁跋扈するのが東京と言う所なのである。こんなところの知事など、常人では勤まるまい。

 あ、俺は東京都民じゃありませんので、まったくの無関係でござるよ、ほっほっほ。

時事色々

投稿日:
スパコン3期続けて世界1位

 やっぱりこうなると嬉しいわな、科学立国の日本人として。

中国、国際司法に従わぬ件

 ……。「ガン無視」て……w。そうか、そのテがあったかーッ(笑)。

提訴自衛官(笑)

 本人は大真面目なんでしょうけど、多分、バカなんでしょうね。

ナショナル・デーで大騒ぎ、てw

 念のため書いておくと、在外公館や外交のために派遣されてる人たちって、ナショナル・デーと言って、記念日なんかをなんでも紹介するんですよね。で、この自衛隊記念日だって、特段騒ぐようなことでもなし、前からやってたのを普通にやるだけだし、在京韓国武官だって韓国大使だって、陸軍記念日やるんですよ、普通に。なんか、突然騒ぎ出したんだよなあ……。まあ、これも一種のアホなんでしょうね。ほっときましょう。

100対5、てww

 ……っていうか、この酔客、5人くらい、って、最強過ぎないか?(笑)ニュースがこともなげ過ぎて、逆に笑っちまったよ。

 しかも、それで怪我人が3人くらいだってんだから。どんだけの格闘家揃いだったんだろ、この居酒屋の客。

 あと、西成怖すぎ。私は大阪出身で、日本橋の電気街に行くときに通天閣のそばの西成のあたりを通ってきた、なんて帰宅してから親に言うと、「あんな怖いところ通ってきたらアカン!」と怒られたりしたもので、社会科の教科書などにも「大阪・西成の暴動」という写真が載っていたりして、「暴動」て、ロサンゼルスじゃあるまいし、いやもう、懐かしいですな。

女子高専生の世界的研究

 偉いッ!まことに立派なお姉ちゃんたちだ。まだ学生、少女だってのに、大変なものだ。後生(こうしょう)恐るべしというのはこういうことを言うのだろう。先々も頑張って立派な技術者、研究者になってもらいたい。

相次いで訃報

 私はザ・ピーナッツのリアルタイム世代ではなく、物心ついたころには既にザ・ピーナッツは活動をやめており、怪獣映画の「モスラ」だとかなつメロ番組で見るだけだったが、しかし、昭和の痕跡もどんどんこうして遠くなるなあ。祈冥福。

 永六輔氏の政治的な発言は、大人になってから嫌いになったけど、子供の頃はラジオやテレビで知性溢れるそのトークに聴き入ったものだ。祈冥福。

原理と世俗を分離して憲法を推戴する名案

投稿日:

 名案が浮かんだ。

 昨日からのトルコの政変、トルコ共和国や、その前のオスマン帝国が永い間採ってきた「世俗主義」、つまりイスラム教徒なりの政教分離政策と、最近のイスラム原理主義の強まりによる復古思潮などを思いやっているうち、我が国の憲法改正論を落ち着かせ、改憲論者・護憲論者の双方を調停する名案を思い付いたのである。

 それは、次のようにするのだ。

 現行憲法を「宗教」「経典」に位置づけるのである。現行憲法を永久不滅・不磨の絶対原理、未来永劫不変の理念の経典ということにし、将来千年にわたって絶対に改変がありえない、神仏の所産ということにすれば、さすがの頑迷な護憲論者も納得するに違いない。なにしろ、経典なのだから、一字一句たりとも、人の子には変えることも加えることも除くことも許されない。改正手続きなど存在しないのだ。

 さしずめ、「日本国憲法は、至高の御仏(みほとけ)・九条如来が、その依代(よりしろ)マッカーサー菩薩の口を借りて人類に下げ渡した聖典である」とか、「宇宙絶対神キュウジョーが預言者ダグラスを遣わして霊峰富士の麓でこれを感得せしめ、宰相ヨシダをして普及せしめた不磨経」とか、そこらは適当にキチガイ神話でも拵えて理論づけておけばアホな連中は勝手に信じるだろう。

遂に護憲三昧境の法力を得た護憲教大僧正・岡田法主尊像想像図
遂に護憲三昧境の法力を得た護憲教大僧正・岡田法主尊像想像図

 ここで、共産党や社民党、民進党等の人たちは憲法経に拝跪(はいき)する聖職者ということにし、永田町に平成戒壇院を建立(こんりゅう)し、香華燈明飲食(こうげとうみょうおんじき)儀軌作法(ぎきさほう)もゆかしく、毎日憲法経を読経してもらって、かつ、その身分を保証し、国家から布施として無税の収入を得さしめる。憲法を奉ずる者は出家官僧の身分で、教学者として心行くまでその平和主義の蘊奥(うんのう)(きわ)めるのである。そりゃあ、あれだけの突拍子もない条文を奉ずるのだから、出家くらいしてもらって、一意専心、憲法経の法悦境に浸りきってもらわないといけない。「護憲大柴燈護摩(だいさいとうごま)供養」を施して寝ずに護憲精神を鍛えたり、「憲法千日回峰」と称して北アルプスを走り回るなど、荒行三昧に励むうちに、ひょっとすると何らかの神通力が身について、いつの日か戦力もなしに戦争が防げるという、核兵器並みのモノスゴイ法力が使えるようになるかも知れない。

 毎年大晦日・正月になると、「総本山・憲法山東京寺」は除夜の鐘を聴いたり、初詣をしたりする老若男女で賑わう。憲法山東京寺の梵鐘は特別鋳造で、百八つ()くと、「ゴケ~ン……ゴケ~ン……」と鳴るのだ。初詣では、皆、戦争の永久放棄や平和主義、基本的人権、国民の義務の履行などを祈る。護憲各派の各政党は布施や賽銭による浄財で公明党並みに潤うのである。

 この場合、神道方面は本地垂迹(ほんぢすいじゃく)説をあらためて採るとよかろう。

 一方、自民党をはじめとする改憲論者は改憲などせず、現行憲法を統治原理、永遠の宗教理念として、特に平和主義において精神の支柱とする。が、政教は注意深く分離し、政府としては「世俗主義」をとるのである。つまり、理念としては戦争は放棄するし、また万人平等の基本的人権なども憲法経を奉ずる国家理念としては強く希求されるのであるが、政治の採る世俗主義としては、やむなく戦争をする場合はありえるし、多数の生存のために少数の人権が制限される場合もなくはない、という、現実路線をとるわけだ。

 つまり、国権は絶対聖典・日本国憲法そのものの保護者として振る舞うのである。

 これには手本、前例がある。すなわち、キリスト教国家群、就中(なかんづく)ヨーロッパ白人集団が、実際には聖書に書かれていることなんぞ何一つ守らず、植民地は皆殺しにするわ黒人は奴隷にするわ戦争はするわ都市無差別爆撃はするわ、しまいにゃ原爆落として虐殺するわ、文字通り彼ら自身の神をすら恐れぬ不信心の極み、エホバ冒涜の狂気の沙汰の中にあって、だがしかし、なんだかわかんないけど現実には普通にキリスト教徒の国々としてやっていけている、という、そこを真似るわけだ。

 なに、猿真似は古来から日本人のお家芸、今更ヨーロッパ白人様のコピーをしたからって別段恥ずかしいこともなく、どうということはない。

 なにしろ、ヨーロッパのキリスト教クラブなんてものは、中世以前には、聖書が憲法、教会が国会みたいなものであった時代が延々と続いていたのだ。だが、魔女狩りや教会の腐敗など、キリスト教原理主義の容赦ない鍛錬に社会が晒され続けた結果、逆にその反省からキリスト教典墨守の無茶・無理が少しづつ薄められていって、今や「原理は原理、聖書は聖書、バチカンはバチカン、王権は王権、人民は人民、戦争は戦争、アレはアレ、ソレはソレ」でうまく収まってしまったわけである。その点は、キリスト教白人の在り方を継承する現代のアメリカも同じだ。

 これは、イラン等以外の、世俗主義をとる多くのイスラム国家が、「コーランは理念、政治は世俗」としてとってきている方向性とも類似する。

 このように理念と現実を分離した「憲法教制」を導入すれば、憲法改正のための無駄な議論で時間を潰す必要もなく、かつ現実に沿い、対立する二者は融和し、混乱を招かずにすむだろう。他国からの侵略など、憲法と現実が合わない難問場面では、「憲法は、そりゃ、アレは『お経』だから……」の一言でその方面に関する思考が停止し、ためにする無駄な論争なぞ、あっという間にカタがついてしまうはずだ。

 ……あ、以上の文章は、一応、洒落(シャレ)です。本気にしてはいけません。

ガソリーナ、てw

投稿日:

 ガソリーナXXX、というある代議士の「ネット渾名(あだな)」を見て、不覚にも笑ってしまった。

 「XXX」のところをモロ書きすると、選挙の公示期間でもあるし、なにかお叱りがあってもアレだから、やめとこうw

EAの手法を

投稿日:

 エンタープライズ・アーキテクチャ(EA)の手法を、国家システムとか法律とか憲法に持ち込んで説明するようなビジネスめいた政治家でも出てこんもんかね。

 ……まあ、でも、支持は得られんだろうなあ、そんな政治家。有権者は爺婆(ジジババ)の集合だからねえ。

 アメリカ礼賛は嫌いだが、アッチでは行政システムのメタモルフォーゼズの文脈にEAがよく登場するようだ。

 コッチではプロジェクトマネージメント、ライフサイクル・コストということは度々言われるが、「組織いじり」は浪花節と政治家の弁舌一本に頼り切っており、冷厳冷徹な合理性ある処断はないと見てよい。