引用する日付をショートコードで定型化

投稿日:

 最近、(ジジィ)化してきて、時事などにケチをつけてはそれをブログに書いて楽しむようになってしまった。

 子供の頃、私の父はアニメや「8時だョ!全員集合」などの子供が見たがる番組など絶対つけてくれず、子供にとってはつまんないニュース番組などばかりつけていたもので、しかもそれを見て楽しんでいるというならまだしも、「なにがフェミニズムだ!!何が日教組だ!!」などと、どうでもいい他人のことに腹を立てはじめ、しまいには湯気を立てて激昂し、私にそこらの手近のものなど投げつけて八つ当たりするという、誠にもって迷惑な父であった。

 さすがに私はそこまではいかず、父のようにニュースを見て激昂するなどという人間にはならなかったが、どうでもいいニュースに勝手なコメントを加えてブツブツ言っているというところは、多少似ていると言えば言えるかもしれない。

 さて、時事にケチをつけるときは、だいたいニュースなどへのリンクを張っている。例えば、昨日の羽生結弦先生のニュースなら、

……というような書式で引用している。

 前から思っていたのだが、この引用するときの日付が気に入らない。上の例だと「2018年2月17日21時57分」という部分だ。これがマスコミ各社それぞれに、「年」「月」「日」が入ったり、「/」区切りだったり、「-」区切りだったり、時間が入ったり入らなかったりして、不統一である。

 それより何より最も気に入らないのが、年号が全部「西暦」であることだ。和暦を付記すべきだ。……いいや、違うッ!。和暦に西暦を付記すべきである。

 こんなこと、気にしなければいいだけの話なのだが、これをまた、「このブログは日付の書式が不統一だ」などと、私のブログを見てケチをつけてくる人がいるのである。

 これは手作業でひとつづつ書き直すようなことではない。こんな機械的なことは、機械がやるべきだ。

 何か、日付を正規化するプログラムでも書いて、そのAPIでも公開してやろうかい、などとも思ったが、「和暦に西暦付記でないと嫌だ」などという変な人は世の中私ぐらいだろうと思うし、何もAPIを世の中に提供まですることもあるまい。ここはひとつ、WordPressの機能の、「ショートコード」というのを活用して、記事を書くときにチョコッとおまじないを書き足せば、いろいろな日付が私の認める日付書式(俺様用日付)に書き換わって表示される、というふうにすることにした。

 WordPressはPHPで作られている。そのため、ショートコードを作るには、PHPでプログラムを書けばそれでよい。PHPは簡単で、誰でもがWordPressに機能追加することができる。

 具体的には、WordPressのインストールディレクトリの下の「wp-content/themes」の下にある、自分が使っているテーマの中の「functions.php」の末尾にPHPでプログラムを書いてやるのだ。「子テーマ」を作成して使用している場合は、その子テーマの下のfunctions.phpにプログラムを書き加える。

 私は子テーマを使用しているので、その下にあるfunctions.phpの末尾に、次のように書き足した。

/********************************************************************************
 * regdate();
 *   平成30年2月18日(日)11時00分~
 *   佐藤俊夫
 *   ネットのマスコミニュースの日付などをコピペする際、書式がばらばらであるので、
 *   これを私こと佐藤俊夫が認める日付書式に変換するショートコード 
 ********************************************************************************/
function regdate( $arg, $content = null ) {
	$content = mb_convert_kana($content, "n");	//  全角数字はすべて半角数字に
	$content = preg_replace("/$/", "/", $content);	//  処理の単純化のため、末尾に例外なく「/」を付加(日付のみで数字で終了する文字列に対応)
	$content = preg_replace("/^[^0-9][^0-9]*/", "", $content);	//  行頭の数字以外の文字はすべて削除
	$content = preg_replace("/[^0-9][^0-9]*/", "/", $content);	//  数字以外の文字を全て「/」に置換
	$content = preg_replace("/[^0-9]([0-9])[^0-9]/", "/0$1/", $content);	//  数字1文字のみの場合は「0」をパディング
	$content = preg_replace("/^([0-9])[^0-9]/", "0$1/", $content);
	$content = preg_replace("/^([0-9]{2}[^0-9])/", date("Y")."/$1", $content);	//  冒頭が2桁の数字のものは、今の西暦を強制付加する。
	$content = preg_replace("!^([0-9]{4}/[0-9]{2}/[0-9]{2})/$!", "$1/00/00/", $content);	//  年号と日付しかないと見られるものは、00時00分とし、末尾に付加する。
	$content = preg_replace("!/$!", "", $content);	//  末尾の「/」をサニタイズ
	$content = preg_replace("!/([0-9][0-9])/([0-9][0-9])$!", " $1:$2", $content);	//  末尾の数字4つは時間とみなして「 12:34」の形に。
	$unixtime_content = strtotime($content);	//  「strtotime」が高性能なので、一旦丸投げしてUNIXタイムスタンプにする。
	//  元号と和暦年を取得して付加
	$Y = date("Y", $unixtime_content);
	$Ymd = date("Ymd", $unixtime_content);
	if ($Ymd >="18680125" && $Ymd <= "19120729") {
		$gg = "明治";
		$yy = $Y - 1867;
	} elseif ($Ymd >= "19120730" && $Ymd <= "19261224") {
		$gg = "大正";
		$yy = $Y - 1911;
	} elseif ($Ymd >= "19261225" && $Ymd <= "19890107") {
		$gg = "昭和";
		$yy = $Y - 1925;
	} elseif ($Ymd >= "19890108") {
		$gg = "平成";
		$yy = $Y - 1988;
	} else {
		//  明治以前の場合は一律「皇紀」を用いることとする。
		$gg = "皇紀";
		$yy = $Y + 660;
	}
	if($yy == 1){
		$yy = "元";
	}
	$content = $gg.$yy."年".date("(Y)m月d日(", $unixtime_content);
	//  日本語曜日を取得して付加
	$sevendays = array("日","月","火","水","木","金","土");
	$content .= $sevendays[date("w", $unixtime_content)].")".date("H時i分", $unixtime_content);
	//
	return $content;
}
add_shortcode('date', 'regdate');

 「functions.php」に上のように書き加えたら、よく確認して保存する。

 さて、このショートコードの利用である。

 例えば最初のほうで例に述べた朝日新聞の記事の場合、そのまま日付をコピペすると次の赤字で記した部分のようになってしまい気に入らないことは、先述の通りである。

ショートコードを使わない場合の記事ソース
<ul><li> <a href=”https://www.asahi.com/articles/ASL2K52X2L2KULZU004.html” rel=”noopener” target=”_blank”>羽生結弦、自分に勝った孤高の金「僕はアニメの熱血系」</a>(朝日、2018年2月17日21時57分)</li></ul>

 しかし、今回作ったショートコードを使えば、簡単に書式を一定化できる。次の通りだ。

ショートコードを使った場合の記事ソース
<ul><li> <a href=”https://www.asahi.com/articles/ASL2K52X2L2KULZU004.html” rel=”noopener” target=”_blank”>羽生結弦、自分に勝った孤高の金「僕はアニメの熱血系」</a>(朝日、[date]2018年2月17日21時57分[/date])</li></ul>

 WordPressは、このように簡単でわずかなプログラムを書き加えるだけで自分の好みに改変することができる。非常に便利であり、ユーザ・フレンドリであると言える。

 世の中には、「日付に和暦や元号を使う合理性なんてまったく認められない。こんなものはやめるべきだ」などと言い立てている変な人がいるようだが、そういう人は私のように、自分の環境だけ変えればよい。私と同じように、自分の環境だけ、逆に西暦でもイスラム歴でも、勝手に好きなように使えるようにすればよい。そんなもの、上記で実践して見せたように大した手間ではない。

改元・差別・多様性・測地系・カレンダー……

投稿日:

 以前、GIS(空間情報システム)について深く考えていた時、「地球上のある一点」とか、あるいは「宇宙のある一点」を何らかの座標で表した時、現実の空間に存在するその地点はただ一つであるにもかかわらず、使用する座標系によって表現や数値が異なり、あたかも違う地点が複数存在するかのようになってしまうのは、何としてもどうにかしなければならない、と思った。

 その頃、ちょうど日本では「測地成果2000」という標準が行き渡り、明治時代からの伝統である「ベッセル楕円体」を使用した所謂(いわゆる)「日本測地系」の使用をやめ、国際標準の「GRS-80」にほぼ完全に切り替え終わっていたが、切り替わる前後しばらくの期間、旧ベッセル楕円体測地系と、新GRS-80測地系が混在し、地球の同じある一点を示すのに、複数の数値が混在していた。

 そこへ、GPSの普及、またこれを活用したカーナビの普及で、米国主導の座標系である「WGS-84」も混在して使用されるようになった。そのため、当時の情報システム内部では、旧日本測地系、GRS-80測地系、WGS-84測地系の三つの測地系を矛盾なく混在させて作動させる必要があった。

 プログラミング技術上では、例えばC++やJavaなどのオブジェクト指向言語なら、こうした事態を解決するため「座標」のクラスを作り、クラス内部ではいずれか適切な座標系で数値を保持させる。その数値は「プライベート」にして隠蔽し、クラス外からの直接操作はこれを禁ずる。「アクセッサ」のみを使用して座標を操作するのだ。そして、いずれの測地系を使用して値を入力しても、内部では必ず空間の一点のみを指す値に変換して保持し、また逆に、値を取り出す際には、いずれの測地系での値を要求しても正しく取り出し可能とする。

 こうしたふるまいをするクラスを作ることで、プログラム内部では混乱も矛盾もなく座標を扱えるようになる。無論、アメリカの旧測地系であるクラーク楕円体をはじめとして、世界中の測地系を詰め込んでクラスをデラックス化するのもよい。

 さて、こうしたことを思い出していて、日付についても似たようなことを考える。

 世界には多様な文化があり、そのため、「ある日ある時間」を表すにも、文化や地域によってさまざまな表し方が存在する。思いつくまま挙げるだけでも、例えば教祖イエス・キリストの生誕を基準とする西暦、ヨーロッパのグレゴリオ暦やユリウス暦、太陰暦を基本とするイスラム暦、同じ太陰暦でも中華文化圏で用いられてきた干支(かんし)を使用する日付表現、日本の元号や朝鮮、就中(なかんづく)北朝鮮の現在の革命年号、日の出・日の入りを基準とした不定時法など、様々だ。

 だが、どんな日付表現をしようが、科学的には「ある日ある時間」は、ただ一つである。

 一方、コンピュータシステムは人間を支えるものであって、人間がコンピュータに奉仕しているようでは本末転倒だ。コンピュータはあらゆる日付の表現ができ、かつ、あらゆる日付の表現を受け取ることができることこそ望ましい。世界中の多様な文化を矛盾なく受け()れ扱うことができてこそ、人間に奉仕するためのあるべきコンピュータシステムの姿であると言える。

 しかるに、現在のコンピュータシステムはその点が貧弱である。「建久二年辛亥(うるう)十二月(ついたち)」と入力しても、「1192年1月17日」と入力しても、はたまた「587年のズー・アルヒッジャの13日」と入力しても全てこれを許し、かつ、それが同じ日付を指しており、また逆に、どんな日付表現の出力を要求されようと、考え得る限りの多様さで人間にこれを返すようでなければならない。

 今このようなことを考える理由は、ただ一点、畏きあたりにおかせられて、近々まさに譲位あそばされんとし、恐れながら改元の沙汰もこれあることと考えられるからだ。

 改元であろうと何であろうと、人間に奉仕するべきコンピュータシステムは、これを平然と受け()れるものでなければならない。そこに多大のシステム保守作業があるなどもってのほかである。

 だが、現代のコンピュータシステムはそこが貧弱であるため、改元で右往左往しなければならないのだ。

 それどころか、コンピュータシステム運用上の煩雑さを理由として、元号制に反対したり、イスラム文化やアジアの文化を否定し、「西暦で統一すべき」などと、多様な文化を蔑んでそれでよしとする差別主義者がIT技術者にすら少なからず見受けられるのは、あまりにも残念である。