所詮キリスト教の道徳如きこんなものである

投稿日:

 まあ、そんなもん、キリスト教徒とかアメリカとかGLBTとかLGBTとか言うてもね、そんなもんアンタ、こんなもんですわ。カスの集まりですわそんなもん、ええ、ええ。ハハハハ。

何がサマータイムだ、馬鹿馬鹿しい。

投稿日:

 報道によると、なにやら東京オリンピック開催を睨んで、戦前から再燃しては消えていた「サマータイム導入」の(くすぶ)りがまた再燃しかかっているらしい。

 何がサマータイムだ、馬鹿馬鹿しい。

 日本は明治維新まで、不定時法、すなわち日の出を明け六ツ、昼を順次五ツ、四ツ、九ツ、八ツ、七ツ、日の入を暮れ六ツ、五ツ、四ツ、九ツ、八ツ、七ツとし、毎日連続量で変化させるとともに、鯨髭のぜんまいを使用した機械式振り子時計でこの不定時を正確にシミュレートさせるなど、明るさや気温、季節に合わせた刻時方法を実現していた。つまり、とうの昔に「連続式サマータイム」を実現していたのである。

 この「九・八・七・六・五・四、九・八・七・六・五・四」という数字の繰り返しは、古く支那文化に由来する五行説によるものだ。

 だが、そういう天然・自然に即した刻時が合理的でないとして無理にやめたのだ。

 それを今更、「欧米が皆やっているからサマータイム導入だ」などと、人工的で不自然なことをワケのわからない理由で強制しようとする。愚劣の骨頂である。どうして「欧米が~ッ」ではなく、「日本ではこうである」と言えないのか。主体性のなさに憫笑すら覚える。

一発で消し飛ぶ

投稿日:

 東京医大の女子受験者差別。

 しかし、この報道で、杉田水脈氏のGLBT云々なんて、すっかり塗りつぶされ、消し飛んでしまったな。所詮その程度のこと、ってことだ。アレは言論にすぎないのだし、コッチのほうは実際に多くの被害者がいるわけだし。

 嗚呼(ああ)、無常(かな)、無常哉。無情にして無常哉。世の様移り変わるやう、久しくとどまりたるためしなし。

花火保険

投稿日:

 花火も保険を掛けるんだなあ。なるほど。

 ……いや、あらゆるイベント、全部なんらかの保険があるんだろうけど。

台風12号と小田和正

投稿日:

 「台風12号と小田和正が似ている」という話をネットで見かけたが、この反り具合といい、スライダー感、高揚感など、確かに似ているようだ。

越谷の花火大会は中止

投稿日:

 私の住む越谷市の花火大会は今日だったが、中止になったようだ。

 例年、特段見に行くわけでもないので、中止でも開催でも関係ないといえばないのだが、気になるのは花火大会のために買い揃えられた莫大な額の花火はいったいどうなってしまうのだろう、ということである。

 他の花火大会で打ち上げるのかもしれないが、現代の花火大会はプログラムがキッチリと決まっており、使い残しを別の大会に混ぜ入れる、なんてことは難しくなってきているのではなかろうか、などと思うのだ。

小田和正、ちょw

投稿日:

 ワロタ。

そろそろ雨が

投稿日:

 そろそろ雨が激しくなってきた。

人間をはかるに「生産性」はないと思うが

投稿日:

 代議士の杉田水脈(みお)氏が左の「新潮45」平成30年8月号誌上で、

「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」

との意見を表明したことが槍玉にあげられ、炎上している。

 さすがに、馬鹿右翼の私ですら、氏の「生産性がない」発言はダメだと思う。人間は木石金物(ぼくせきカナもの)や道具機械ではないのだから、そんなもので人間としての価値をどうこう言うべきものではない。むしろ、人間を労働価値の根源とみなして生産性を最大限とすべく計画的経済の部品とするような社会像に、この「生産性」という言葉の背景が写って見え、これではまるで共産主義者、社会主義者の所説である。

 だがしかし、人間が「生産性」などという無機質そのものの指標で評するべきものでないなんてことは、GLBTだけに当てはまることだろうか?GLBTであろうとなかろうと、普通の会社員でもオッサンでもオバハンでも、はた子供であろうと学生であろうと、老若男女いかなる人であろうと、人間であるなら皆同じであるはずだ。

 そこからすると、今回の騒ぎは幾分、揚げ足取りの傾きが濃厚だ。

 私は、GLBTだからと言って、無条件に税金が投入され援助される、というのは行き過ぎだと思う。その点で私は杉田氏がすべて間違っているとは思わない。先の「生産性」というところを除けば、杉田氏の意見には一掬(いっきく)()るべきところがあるのではなかろうか。

 GLBTに無条件に税金が投入され、援助されているなどという事実があるのかないのか、私は知らない。いや、まあ、言っておけば、調べて確かめる気もないし、そんな義務もない。

 だが、今の世相、メディアでのGLBTの取り上げられっぷりには、逆におそれを覚えるのも事実だ。放っておいたら町のいたるところや公共施設内に、何十億円もかけて「GLBT用便所」なんてものが建設されかねない。民間企業だって、「GLBT用温泉・浴室・銭湯・便所・更衣室」なんてものを莫大なお金をかけて建設しなければならなくなるかもしれない。

 こういったことに既に公金が使われているのかどうかは知らないが、だが、多分既に役所には「GLBT担当」の役人が置かれたりもしていることだろう。勿論給料つきだ。

 こんなの、やりすぎだ。他に考えることやお金をかけることがたくさんあるでしょう、と私などは思うのである。

 その点で、杉田水脈氏には気を確かにしていただき、うっかり言い過ぎたところを改め、落ち着いて論考を深くしてもらいたいものである。氏の主張には正しいところも多いのではないかと思うのだ。……ほかにどんなこと言ってるのか、知らんけど(笑)。


 私は上記文中で、わざと「LGBT」を「GLBT」と書いている。最近、メディアでは「LGBT」表記が定着したが、以前は多くのメディアが「GLBT」と書いていた。

 私は、レズが先でもゲイが先でもない、そんなもの、どっちだっていいと思っている。

 この順番がどうこうという部分に引っかかるような奴は差別主義者だと思う。「レズが先だ!」なんてことを言うこと自体が差別だ。

こんな甘いこと言ってたら

投稿日:

 いや、こんな甘いこと言ってたら、シャブ中の検挙なんか不可能なんじゃないか?こんな連中、ああだこうだと言を左右にして逃れよう逃れようとするものなんだから。

 警察はこんなことで委縮せず、犯罪人をびしびし痛め付け、取り締まってほしい。