思いとどまる

投稿日:

 昔から根本敬のファンだし、「映像夜間中学」にサインを貰いに行ったこともある私だ。それで、一瞬、ちょっと、投げ銭的に払おうという気になったのだが……

 ……だが、思い止まった。なんか、軽はずみな感じがする。

ジェイムズ・ブラウン死去

投稿日:

JB 死去(Yahoo News)

 この前、根本敬氏のイベント「映像夜間中学」に行くまで、ジェイムズ・ブラウンのことなんて何にも知らなかったのだが、知ったとたん、死んだ。

電氣菩薩と映像夜間中学/根本敬  その2

投稿日:

 さて、今回の映像夜間中学は、俺には2回目である。

 前回と同じく整理券ナンバー1番をばゲットせんものと、18時30分には早々と渋谷を訪れた俺であったが、夜間中学上級生らしいどこかのキレイなおねぃさんが先に並んでいて、俺は2番であった。

 ドリンクにグラスワインを選んだのだけれど、店のおにいさんがワインオープナーの調子が悪くて栓を開けるのに手間取り、遅くなった埋め合わせのためか、カップになみなみといっぱいワインが注がれておって、トクをした。

 前回は、新入聴講生の立場をわきまえて遠慮をし、2列目に座った俺であったが、今日は1列目の中央にヌケヌケと陣取り、教科書であるところの「電氣菩薩」初版本をば傍らに置き、万全の態勢である。

 開講前のひとときは、今日の授業に関係があるとのことで、ファンクの巨匠2者、「SLY STONE」と「JB」のライブビデオが上映された。

 根本先生はおよそ1時間遅れでご登場。前回とはうって変わってご健勝そうなご様子。喋りもしっかりし、「前回体調が悪かったのを取り返すために今回は盛りだくさんですよ」と、期待のもてるスタート。

 なんでも、先月はあのフラフラの状態で遠藤賢司氏がらみの仕事もこなしておられたそうで、相当苦労されたということであった。

 今回の講義はまったく盛りだくさんで、前回フラフラになって帰宅したあとの顛末から、明治維新における暦制のペテン、戦争、中国の世襲の戦争被害者、歳若い傷痍軍人、ニールヤングのDNAにひそむロックと諦念、原節子などにまでハナシは及び、待ってましたのエビスネタ、坂上弘が大きく取り上げられた先月の朝日新聞、「川西」のおさらい、平やんのタネマキ、意味と理由と自分探しの哲学、「無意識」の鍛錬について、など、実に濃いものであった。書画投影で大写しにされた川西写真がユラユラと大きくなったり小さくなったりしてるのを見ながら、留守番電話テープに吹き込まれた川西音声をエンエン聞かされると、思わずツボに入ってしまい、吹き出してしまうのを抑えきれない俺であった。

 最後に結論として、「『自分』というのは、探すものではなく作るもの」ということを、SLY STONEとビートルズとジミヘンの引用で説明され、愛と平和と嘘八百を強調されて、2時間に及ぶ今年最後の夜間中学は終わった。

 終了後、「電氣菩薩」にサインを頂いたところ、根本先生は前回体調が悪く、思ったようにできなかったことを本当に気にしておられ、それを取り返すべく今日は盛りだくさんにしたとおっしゃった。そうした物腰、話し振りにも根本先生の誠実なお人柄がにじみ出ていた。頂いたサインはキュートな村田と泳ぐ精子、まったく本当に、今日は俺にとってゴキゲンハッピーな年の暮れであった。

電氣菩薩と映像夜間中学/根本敬

投稿日:

 知人のTさんのところに寄ったら、またしてもスンゴク珍しい根本敬の本をかしてくれたワケだ。

電気菩薩―豚小屋発犬小屋行きの因果宇宙オデッセイ〈上〉 電気菩薩―豚小屋発犬小屋行きの因果宇宙オデッセイ〈上〉
価格:¥ 2,415(税込)
発売日:2002-01

 これがまた初版本で、並大抵のことで手に入るモノではない。正札「2300円+税」となっているのに、その上に貼られた「まんだらけ」の値札は3675円。

 で、コレ読んで、いよいよ根本敬の「映像夜間中学」に行ってみる決意を固め、昨日行きましたよ、ええ。

 場所は渋谷の多目的ホール、アップリンクファクトリー。万全を期して18時30分キッカリから整理券をもらいに飛び込み、整理ナンバー1番をゲット。

 根本玄人が並み居る中で俺ごときが一番前の席に陣取るのもどうかと遠慮し、2列目の席へ。

 だがしかし、席のワキに、「教科書もってきましたッ!」という誠意を示さんものと、その、Tさんから借りている「電氣菩薩」を置き、機会が許せばサインをいただこうという万全の態勢である。

  根本先生は本日は高熱だったらしく、なんだかおクスリで熱を下げ、15分遅れの登場。トークもなにやら高熱ふうラリルレボソボソスタイル。先生いつもああなのか?

 ネタは、まず幻の名盤系オサーン歌手「用心棒」の歌。佐伯一郎なる演歌歌手の紹介とともに。目を細めて聞き入る根本先生。高熱のためか恍惚のためか・・・ぬぅ、これが生根本かッ!

 それから「エメラルドカウボーイ」こと早田氏の映像。さんまと所ジョージの番組に早田氏が出演した映像とテレビショッピング出演時の映像。

 「『早田氏の人生10訓』がエメラルドお買い上げの方にもれなくプレゼント!」ってところでみんなウケてたが、チキショウ、俺は笑うのが遅れちまったぜ!初級者だからなあ・・・。そんで、エンエン早田氏のテレビショッピングビデオ。

 次に「警視-K」という、勝新太郎出演の刑事ドラマのオイシイところ。根本先生が愛あるマナザシで見入っていたのが印象的。

 しっかし、今調べて知ったが、主演の勝新太郎の登場人物名が「賀津勝利(がっつ・かつとし)」って、そりゃねぇよなあ。さておき、これも初級者の俺はただただ見入るばかりだった。

 4番目はイ・パクスの軽薄な感じのポンチャック。「今の韓流からは、ポンチャックは『なかったこと』にされちゃってますけどね」との根本先生の説に、来場者一同、深くうなずいていた。

 最後に、「インドネシアの川西さん」(と先生評するところの)ラマ・イラマの映像。
 根本先生のお体の具合が悪そうだったので、ことさらに居残るのもはばかられ、電気菩薩・初版本にサインは貰わなかった。

 俺には笑うところウケるところ感心するところがよくわかんなかったが、より深く根本世界を観た感じになった。

いやもう、このニュース、根本敬ファンなら

投稿日:

公務執行妨害:カメを犬に引きずらせ、調べの巡査にガブッ 容疑の男逮捕 /神奈川

 自分が飼っていた亀を犬につないで引きずらせていた男が、これを注意した警察官にケガをさせ、逮捕されました。

 20日午後6時前、川崎区日進町の歩道で、体長20センチほどの亀が甲羅に穴をあけられて鎖で犬に引きずられているのを通行人が見つけ、「虐待ではないか」と交番に届け出ました。

 警察官が駆けつけると、男は亀をけったり放り投げたりしていたため、警察官がやめるよう注意したところ、男はいきなりこの警察官の右手にかみつき、警察官は軽いケガをしました。

 男は自称、川崎市幸区の松橋富康容疑者(70)で、公務執行妨害の現行犯で逮捕されました。

 調べに対し、松橋容疑者は「警察官にかみついていない」と容疑を否認したうえで、「亀は強いので虐待ではない」と話しているということです。警察では動物愛護法違反の疑いもあるとみて調べています。(21日10:30)
[21日13時18分更新]

 いっやー、もう、このハナシ、根本敬ファンならゼッタイに抱腹絶倒したこと間違いナシ。ええ、根本敬はその作品中においてとってもよく亀をイジメますです、ハイ。

 間違いなくこの爺は、リアルの根本敬世界に生きる因果者なのに違いない。

 で、近所のファッションビル内にある変わったモノ&本屋、「ビレッジヴァンガード」にナニヤラ予感を覚えて立ち寄ってみると、根本敬の最新マンガ、「命名―「千摺り」と書いてたろうと読む。」があって、根本敬デザインの、すなわち、精子やら村田やら吉田やらがわんさかぶちまけられた湯飲みと飯茶碗が一緒に売られているではないか。

命名―「千摺り」と書いてたろうと読む。 命名―「千摺り」と書いてたろうと読む。
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2004-12

 これはもう、根本敬求道者(笑)のTさんに普段からのお礼をかねて、買っておかねばならぬ、と強い決意で湯飲みとマンガを購入。

スポンサー広告がヘン(笑)

投稿日:

 しっかし、このブログのスポンサー広告も、もうちょっとマシなモンにならんのかい、と思うワケだ。

 ワタシのブログが、「バイエル」とか「黒鍵」とか「全音」とか「根本敬とか「ヘ長調」などと出てきてるのに、「黒鍵」の「鍵」だけとりあげて

「鍵と防犯対策 かぎ屋さん」

・・・はなかろうよ、いくらなんでも(笑)

 オイラのブログのいったいどこに、防犯のハナシが出てきてるっちゅーんかい。アホかっちゅーねん。

Blog_add_20061010

投稿日:

 引き続き根本敬。

夜間中学―トリコじかけの世の中を生き抜くためのニュー・テキスト 夜間中学―トリコじかけの世の中を生き抜くためのニュー・テキスト
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2003-12

 Tさんに借りた本の中では最も新しい本で、これは本当に根本敬らしく、かつ読みやすくてよかった。

 一度、「映像夜間中学」なるものにも行ってみたいモノである。

 あと、絶版みたいですけど

・ 『ディープ歌謡』(読み物)(幻の名盤解放同盟共著/ペヨトル工房/2500円/四六版484頁/発行年月日・1993年6月25日)

 これはまぁ、面白いことは面白かったが、取り上げられている音楽や歌手をちょっとでも聴いたことがあったり、知っていたりすれば、面白いのだろうなあ、と。何にも知らなきゃ、楽しめないです、はい。

投稿日:

 読み終わった根本敬の何冊かをTさんに返しに行ったら、さらに何冊か貸してくれた。

人生解毒波止場
価格:¥ 1,529(税込)
発売日:1995-09

 ヒジョーにヨカッタが、文体にチョット「テレ」が。そこが×。

 あと、「解毒」って、どういう意味だろう?と思ってたら、あとがきでわかるのだが、これは著者が毒を本に記述しまくって、それで毒気が少し薄らいだ、ちょっぴり解毒された、ってことで、読者にとっての解毒ではない。著者の解毒かい!!みたいな。

投稿日:

 せっせと根本敬三昧の日々。

黒寿司
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:1998-01

 これも根本敬らしい作品だが、根本入門向きではないッスね。ワタシは最高にゾクゾクしながら読めたが。

投稿日:

 さらに引き続き、根本敬三昧の法悦境。Tさんアリガトウ!!

人情山脈の逆襲
価格:¥ 1,631(税込)
発売日:1996-08

 これは正確に言うと根本モノではないのだが、根本敬と深い関係にある湯浅学の著書である。

 「『ドカベン35巻のみ』をもらって読まされる」というシュールなハナシに笑ったが、いまいちワタシにはワカンネぇネタが多かった。