本当は礼節の島々なのに

投稿日:

 ニコルソン中将。男の中の男だな。さすがだ。

 ここで、沖縄県民の側から負傷した搭乗員への気づかいの弁が聞かれれば、「さすがは日本人、こんな場合でも礼儀を忘れんなあ」と、世界から称えられると思うのだが……。

 残念ながら事実は逆で、そんな報道はまるでない。それどころか、まったく逆に、挑発して失言を引き出し、それをネタに揚げ足をとり、攻撃するような無礼な人ばかりだから、外野が内心礼儀を望んだとしても、とても無理だろう。

 元々、沖縄の県民性は、礼節穏和をもって知られるはずなのだが……。おかしな活動家に煽られて、本来の徳を忘れてしまっている、あるいは、現地では長年来の友達として米軍人と礼をもって接しているのだが、糞新聞・あほテレビがまったくそれを報じないか、そんなところだろう。

 もし後者の「新聞・テレビがアホ」のほうなのだとすると、新聞・テレビのせいで、あるいはまた、変な活動家のせいで、有徳の沖縄県民が「まるでアホに見えるように演出されている」ということになる。

おっさん勃然ボヤキ文字列

投稿日:
こんなアホな投票あるかい(笑)

 あほかい。

 こんな、いかにも「教員そのもの」の男が、大学の構内のこういう所にこんなデカい看板持って立っててだな、ボードにシール貼らせる式の公開投票なんかしてみろ、こんなところでこんなこと聞くような男なんざ、「軍事研究断固反対」の活動家だって顔に書いてあるようなモンじゃねえか。

 そんな男が通行する学生に向かってだな、「オイッ!投票しろ!」なんて睨みつけながら迫ったら、そりゃ、学生は単位欲しいんだし、いい点数付けてほしいんだから、「はいいいいっ!軍事研究反対に投票しますっ!」って、ソッチにシール貼るに決まってるだろ。教員なんて公権力みたいなもんで、それで言えば教員と学生は、いわば「権力関係」にあるんだからさ。

 こんな不公平、不誠実な投票なんかあるもんかい、北朝鮮の選挙じゃあるまいし。

今上(きんじょう)陛下」か、あるいはせめて「今上天皇」と言えんのか、また「譲位」と言えんのか

 「退位」という言葉については、まあ、この前の「譲位という言葉には『譲る』という天皇陛下の能動的な意思が含まれ、政治への容喙という憲法違反の恐れがあるから云々」という屁理屈を百歩譲って聞きおくにしても、「今の陛下」とはなんだ、「今の陛下」とは。不敬だこんなものは。断固不可だ。今上(きんじょう)陛下と書け。

オスプレイ墜落の取り上げ方も気に入らぬ

 オスプレイが沖縄で墜落した。

 まるで「鬼の首でもとったような……」「祭りだワッショイ」のような、不謹慎なマスコミの騒ぎっぷりに腹が立つ。

 私としては、負傷した搭乗員の一日も早い回復を祈るとともに、今後の軍務に支障が出ないよう、心ばかりながら見舞いを申し上げ、同時に、一般の無辜(むこ)の沖縄県民の驚きと不安にも見舞いを申し上げたい。

 操縦者は傷ついた機体を巧みに操縦し、冷静な判断の上で真夜中の海上に機体を落下させた。無論、意図せざることとはいえ、空中給油モジュールをプロペラにひっかけたのは操縦者の責任だ。だがしかし、機体の無残な壊れ方から、正常な機動は極めて困難であったことは素人にも想像がつく。不幸中の幸い、操縦者の卓越した技術により絶妙な地点に落下し、2名の重傷者は出たものの、それでも全員命はあった。いわんや、沖縄県民に被害を出さなかったことは本当に良かった。

 彼ら搭乗員は、遊んでいたのではない。なんのため、誰のために深夜の空中給油という困難な技術を要求される仕事をしていたのか。アメリカに故郷と家族のある者、大の大人が、それを、何のため、どこの上空でしていたのか。それは、誰のためなのか。なぜ今なのか。そんなことをなぜする必要があるのか。

 クリスマスだのハロウィンだの、そんなキリスト教行事に浮かれる私たち日本人には、少し考えればわかることだ。たとえそれが自ら願ったことではないにもせよ……。

 もとより、合理的なアメリカ人はしなくていいことなんかしない。危険を冒す必要も、アメリカ人が金を払う必要もさらさらない。だが、それをしなければならなかった。

 それを日本中のメディアが(こぞ)ってボロカスに言うのは、あまりにも品がなさすぎ、残念である。

 しかし、沖縄の副知事と面談したニコルソン中将も、まんまと副知事の挑発に引っ掛かってしまった。これは痛い。ここは腹が立ってもグッと我慢するべきだった。

 ニコルソン中将が顔をゆがめて反駁(はんばく)する写真ばかりが、これでもかというようにクローズアップされている。気の毒である。

 つまり、この安慶田(あげだ)という副知事は、ヘリパッド工事を警備する警察官から「土人」「支那人」などという暴言を引き出すのに成功した例の活動家連中と同じなのだ。安慶田氏の立場になれば、「してやったり」というところで、嬉しくて仕方がないだろう。

 いくら武闘派、軍人中の軍人である海兵隊中将と言ったって、中将と言う極官にある者が、しかも元来は明るく楽天的なアメリカ人が、ちょっとやそっとのことで激怒なんかするものか。おそらく、この一部始終を報じる新聞記事には、意図的に削除された行間がある筈だ。安慶田副知事の口汚く狡猾な挑発について全ては書かれていないということが、この前の「土人」事件の一連の報道から容易に想像することができるのだ。

 さればこそ、……。オスプレイの搭乗員を庇う発言が、日本側から出る前にニコルソン中将から出てしまったのは、なんとしても惜しかった。

 ニコルソン中将は、部下を()べる責任者として、更に言うなら恤兵(じゅっぺい)を天与の義務として負う将校、アメリカ国民から兵という大切な命を預かっている士官として、至極(しごく)普通の気持ちを持っていたと想像されるだけに、惜しかった。

 ニコルソン中将にしても、かの「ディベート」などという、品のない文化(まか)り通るアメリカに生まれ育った生粋のアメリカ軍人だから、「ここは断固抗議して見せるのが正義である」と判断したのかもしれない。日本ではボロカスに書き立てられるが、こんなふうに書き立てている日本のマスコミは、米国では冷笑・憫笑(びんしょう)をもって無視されていることだろう。

 更に書きつのるなら、「やはり普天間(ふてんま)の住宅地の直上でこういうことが起こってはいかん。危険を取り去るためにも、すぐ辺野古(へのこ)へ移転しよう」となるのが素直(そっちょく)流露(りゅうろ)だと思うのだが、沖縄の活動家は全く逆に

「辺野古移転絶対反対普天間死守闘争断固完遂猛進激烈突撃激昂玉砕!!」

……みたいな、なんで、どうしてそうなンのよ、という、もう()(ほぐ)すことなど絶対不可能という状況にあるのが、実に恥ずかしくて仕方がない。

 うっすらと感じるのは、沖縄県民一般も勿論、沖縄をネタに活動する思想家の急先鋒も、自分たちが何をどうしたいのか、どういう生活を得たいのか、さっぱり(わか)らなくなっているのであろう、ということだ。

9月下旬時事雑見

投稿日:
朝鮮大学校ヒドすぎるわい(笑)

 多分、毎年恒例でこういう文書を出してるんだろうけど、それにしたってヒドすぎるわな(笑)。

 そもそも、北朝鮮ミサイル関連にしたって、制裁制裁と言っているが、具体的にどんな制裁をしているのか、曖昧模糊として、多分、普通の人は全然知らないと思う。「航空燃料の輸出禁止」なんてことがあるらしいけれど、北朝鮮は資源に関しては比較的豊富で、その程度の事では大して困っていないだろう。

サラミスライス

 「サラミスライス」というのは、かつてはコンピュータ・セキュリティの言葉で、例えば銀行の基幹システムに悪意の改造を加え、取引ごとに小数点以下の切り捨て金額をかき集めるようなものを言った。

 一件一件の取引からは1円以下の被害しかなく、気づかれにくい。小さい金額しか窃取できないが、一日の取引件数は何十万件にも及ぶので、積もり積もって莫大な詐欺になる、というものだ。

 ところが、このところ「サラミスライス」はすっかり国家安全保障ないしは軍事の言葉になった。南シナ海で、尖閣で、ちょっとづつちょっとづつ中国が幅をきかせるようになっていくようなことを指して言うのだ。

 「サイバー」なども、以前は「サイバー・パンク」などの文化用語だったが、今や「サイバー」というと安全保障用語にすり替わってしまった。

共産党志位、中国を非難

 へえええっ。日共と中共は過去一時決裂していたのが、最近また馴れ合ってるなと思ってたんだが。

 まあ、ねえ。そりゃま、そうだろうねえ。

落書きオッケー、て(笑)

 ワロタ。アホかい、コイツは。しかし、笑うと、自分の家やビルに変な絵を描かれた持ち主は「笑いごっちゃアないっ!」って、怒るだろうなあ。

意外に、というか、やっぱり、というか、経済政策の評価が低いのな

 外交とか安保はこの記事のとおり高いんだけど、アベノミクスアベノミクスと連呼してる割には、意外に経済政策の評価が低いんだよねえ。

鉄筋コンクリートの遺跡ww

 いやもう、笑っちまった。まあ、多分、これしきの事、大国だから屁でもないんだろう。遺跡なんか他にゴマンというほど出てくる国だもんな。

 連想だが、確か、韓国には、コンクリートの壁面にペンキで相撲の下手糞な壁画が描かれ、「相撲の起源は韓国だ」とか言い出すもとになっている変な遺跡があったっけなあ。そこを「これ、コンクリートじゃねえか!?」とツッコまれると、「我が半万年の歴史を誇る大韓には、千年以上前からコンクリートがあったことがこれで証明された」と言ってのけるのだそうだが。

伊勢崎賢治、ちょっと見直して好きになった

 伊勢崎賢治というこのオッサン、なんっか、学者学者していて嫌いだったんだが、この記事はきっぱりと問題を(えぐ)り出していて、PKOと我が国のかかわりの経緯とその焦点の部分を淀みなく描き出し、わかりやすく解説しているので、なんかちょっと、好きになった。

沖縄

 沖縄。もう、シマイだな。どないもならん。終わっとる。

 裁判で負けたら、「裁判が間違ってる!」て、いや、それを言ったらおしまいだろうよ。何をもって正誤を決めるのさ。……まさか「暴力」か?それは違うでしょ。

 まあ、上訴すればいいわけなんだけどさ……。

韓国海警

 日本の尖閣も海上保安庁が忍の一字で頑張り抜いているが、韓国の海警もものすごい。それと、海警だけじゃなく、次の記事によると漁民までド根性だ。

 漁民が拿捕、て、相手は海上民兵なんぞという武装漁民だってのに、これを漁民がとッ捕まえたというのだから恐ろしい。日本の漁師だったら逃げ惑うよりほかにできることなんかないだろう。

 思うに、韓国は徴兵制なので、多分普通の漁師のオッサンにも陸軍兵長や海軍水兵長あたりで任期満了した在郷軍人がわんさかおり、気合いが入りまくっているのだろう。

 しかしこの群れをなす中国漁船、黄海ではすでに尖閣どころではない騒ぎになってンだなあ……。

スタンディング・オベーション一件

 いや、これ、朝日・毎日はじめ、新聞やテレビの報道のほうがおかしいだろ。

 「議論が10秒中断」……って、いや、あのなあ、首相の演説で首相自身が10秒拍手してンのに、「なんと!!10秒もの長期間審議が中断した!!責任とれ」みたいなこの書きっぷり。「議長も注意」って、いや、10秒ほどして、まあ潮時だから「お座りください」って言ったんだよ。なんでそれが「余りのことにたまりかねて、さすがの衆院議長も止むことを得ず注意するよりほかなかった」みたいな書きっぷりになるんだ。

 野党の噛み付きっぷりも変だ。安保法案の時なんて、あんたら暴力で何日も審議を中断させてたろうがよ。そもそも拍手と野次はどっちが行儀がいいんだ。脳味噌大丈夫か?

友よ、静かに(ねむ)

投稿日:

 表題作のテーマ曲が聴きたくなり、DVDも持っているのだが、なんとなくYoutubeであさると出てきた。

 封切当時北方謙三作品にハマっていて、いくつも読んでいたので、この映画もシビれながら見たものだったが、当時はまだ10代だったから、このロケ地があの「辺野古」だとは知らずに見ていた。また仮に辺野古だと知ったとしても、当時は何も思うことができなかったろう。


 原作は沖縄ではなく、北陸かどこかの寂れた温泉地が舞台なのだが、監督の崔洋一が強い思い入れで辺野古にしたのだと言う。

 さておき、この原作を読んだのが確か19歳ぐらいの頃で、その頃大藪晴彦の作品などもいくつかは読んでいたが、ハヤカワ・ミステリのハメットとかチャンドラーにどわ~っと耽溺するようになったんだった。