なんだか涙まで

投稿日:

 真昼間ッからウィスキー喰らって酔い()れていたら、なにがなんだかもう、さっぱりワケが分からなくなってきちゃって、朦朧となっちゃって、音楽も映像も一緒くたになって、なんだか涙まで出てきた。

休みももう終わり

投稿日:

 連休も最後だというのに、「のだめカンタービレ」全25冊を2日ほどで一気読みした。なぜか妻がネットで全巻買ったのだ。

 妻に「ほほぅ、……奮発したね」と聞くと「うん、2千円くらいだったから。お父さん、前に途中まで読んで、そのままになってるって言ってたでしょ。だからゴールデンウィークの行楽に、と思って」と言っていて、それが一昨日届いたのだ。

 この漫画、妻の言う通り、以前三郷のラウンド・ワンの漫画室でたしか十数巻まで読んだことがある。その時、全部読む時間があったのだが、十何巻目だったかに一巻欠けているところがあった。そこを飛ばして読んでもよかったのだけれど、せっかく面白い漫画がそれでは台無しになると思って読まなかったのだ。それが十年くらい前。

 その後、ごく最近になってから、Kindleで3巻まで無料だったのでそれを読み直し、面白かったので有料でもう2巻ほど買って、5巻ぐらいまで読んだ。だが、その頃忙しかったりしたのと、「この調子で読み進めてしまうと1万円以上浪費してしまう」と思ったのとで読むのをやめ、結局全部読まずであった。それっきり読む機会がなかった。

 このほど、なぜか妻が上記のように全巻買い込んだので、全部読むことができた。

 いやもう、面白かった。

 この漫画、たしかもう15年以上も前の作品なのだが、今読んでもまだまだ面白い。登場人物の携帯電話がガラケーだったりするのもそういう時間の経過を感じさせ、かえって良い。

 「のだめカンタービレ」を読み終わったあと、このブログの子テーマの気に入らないところをムキになってゴリゴリ書き直す。各エントリの日付の位置と、日付の書式が気に入らなかったので直したのだ。意地になって和暦との併記にした。ふう。

 渡す文字列がおかしくなっていて、その部分が原因だということがなかなかわからずにハマり、時間がかかった。WordPressの子テーマのphpに手を入れる場合、デバッグが大変なのだ。値のウォッチなどには、「printfデバッグ」をするしかないので、大変なのである。

 実サイトでエラー出しながら書き直したのだが、冷や汗ものであった。ローカルにテストサイトなどを置いてそこでテストするのが本当だろう。今日のように実サイトでエラーなんか垂れ流しにすることを繰り返していたら、しまいにどんなアタックを仕掛けられるか判ったものではない。

 今日は

「『inc』の下を(いじ)っても反映されない時は、『functions.php』に目標の関数をコピペして、それを(いじ)れ」

……ということを知った。ちょっとした収穫である。と言って、カスタマイズの対象は所詮、人が作ったものなのだが。

立夏

投稿日:

 今年も「こどもの日」は同時に二十四節季上「立夏」である。年により多少変動するが、だいたい毎年5月5日頃である。

 旧暦四月朔日(ついたち)はこの後新暦5月15日で、そこから暦も実感も、夏となる。「名実ともに夏」ということだ。

 おだやかで涼しく、陽光の眩しいゴールデンウィークの終盤となった。これから梅雨に入るまでの季節は好日が多い。

ブリッジ顛末

投稿日:

 昨日、歯を抜いた。右上奥の、奥から3番目の歯だ。

 抜いた歯を補うには、位置的にインプラントか入れ歯にするしかなく、インプラントは高いので、ついに人生初入れ歯を入れることになりそうだ。

 私は奥歯が悪い。特に悪いのは右奥歯だ。先天的に奥歯が弱いのではないし、自堕落のためでもない。実はこれは「重労働のしすぎ」と「筋トレのしすぎ」のせいである。奥歯を噛みしばるような労働やスポーツをしてきた者は、歯がボロボロになるのだ。以前から「歯がずいぶん摩滅していますが、なにかスポーツなどをされていますか?」と歯科医によく聞かれた。特に右奥歯はボロボロだ。多分、利き手利き足が右だからだろう、歯だけでなく、患った椎間板ヘルニアも右側、坐骨神経痛も右下肢、有痛性外脛骨も右足である。

 昨日は抑々(そもそも)、外れかかってぐらつき、不快のままだった右上奥歯のブリッジの診察を受けに歯科医へ行ったのだ。

 このブリッジは奥から2番目の失われた歯を補うため、一番奥と、奥から3番目に掛け渡してあったのだが、奥から3番目の歯はあまり丈夫でないらしく、医師からは不安が残る旨、前々から言い渡されていた。

 この奥から3番目、以前にもブリッジが外れたことがある。虫歯になってはいけないと思い、つけ直してもらおうとすぐに歯科医へ行った。ところが、一番奥の外れていないほうが意外に頑丈にしっかりついている。一旦これを外さなければ接着しなおすことが難しく、歯科医は難渋の挙句、相当無理をして一番奥を外した。ショックを加えられたりしたので、私もかなり痛かった。

 外すのに苦心したので、歯科医は「こういう風に無理をする羽目になってしまいますから、今度外れた時には、奥のほうも両方外れてから来るようにして下さい」と言った。私も痛い目にあって懲りたこともあり、医師の指示は(もっと)もだと思った。

 それが4年ほど前のことだ。

 最近になって、3、4か月前からだろうか、その奥から3番目のブリッジの支えがまた外れた。直前にはそのあたりの歯茎が膿んだりして、不快であった。それに、どうも何かが口中に溶け出すのか、朝起きぬけなどいつも口の中に変な味がして、不快だった。もしかしたら口が臭っているかも、と心配でもあった。自分の口臭と言うのは、自分ではわからないものだし、特に職場などではそういうことを親しく注意してくれるような人も周囲にいない。

 しかし、ブリッジが全部外れてから来い、と言われていたこともあり、受診しかねた。

 そのうちに、奥から3番目の舌触りが変になってきて、どうも根本の土台のあたりに虫歯が生じているような気がする。ブリッジはますますぐらついている。歯髄は抜き去った後だから痛みはないが、いくらなんでもこれで一番奥が外れるのを待っていては、病気になってしまうのではなかろうか、と心配になり、昨日受診したというわけである。

 歯科医は「全部外れてから来い」と言った人とは交代しており、別の人だった。レントゲン写真を撮り直し、それを検討したあと、渋い顔をして「いけませんな佐藤さん、これは」と言った。

 「奥から3番目は、もう土台がダメですね。ブリッジを切断して一番奥を残し、とにかく奥から3番目は外しましょう。しかも、奥から3番目は歯槽膿漏もひどい。土台の骨も縮退しているようですよ。一番奥はしっかりしているように見うけられますが、3番目が弱っていることから無理がかかり、こちらも無病健全というわけではなさそうです」と医師は言う。

 なるほど、朝起きぬけのあの変な味はそのせいか、と思った。

 医師はテキパキと一番奥の直前のところでブリッジを切断し、そこを研磨して滑らかにした。ブリッジを取り外して診察し、

「ああ、佐藤さん、これはもうダメですね。歯茎の中で歯の根っこが二つに割れてしまっています。……そりゃあ、ブリッジも外れるというものですよ。これは受診されて良かったですね……。いや、その、佐藤さんがおっしゃる、『全部外れてから来い』と言われたという、前の先生の指示も、ま、わからんではないのですが、それにしても、ねえ……」

と私に同情してくれるのであった。

 歯茎の中で割れてしまっている歯の根は、抜いてしまうより他に処置はない。医師はさっさと私から手術承諾書をとり、麻酔を打って、まことに鮮やかな手さばきで腐った歯の根っこを抜去した。その痕の歯茎の内部を掻爬(そうは)でもしている気配がする。

「あー、佐藤さん、歯槽骨がもう、ブニュブニュの肉みたいになっちゃってますね。これはいかんなあ……」

 座席を起こして、抜いた歯の根っこを私に見せてくれる。まるで「枯れ木」のように汚い色になって、なるほど二つに割れている。

「先生、この汚れた色は、虫歯ですか?」

「いえ、虫歯と言えば虫歯とも言えますが、歯髄を抜いた歯は、もう栄養が行き渡らないので、文字通り「枯れ木」みたいなものになってしまい、こういう色になるんですよ」

 医師は抜いた痕の処置をし、カルテを書き入れ、こまごまと抜歯後の注意事項を私に与えた。

「この、抜いた後なんですが、そのあと、歯茎の肉が落ち着いて、だんだん縮退します。一番奥の歯はこれまで3番目の支えがきかなかったためにストレスが加わり、根が傷んでいますが、今回そのストレスから解放されたので、今後健康になってくるとも思われます。ですので、それら諸々(もろもろ)が落ち着いて、そのあとでどういうふうに無くなった歯を補うか、それは今後ゆっくり考えてもよいかと思います。今日は化膿防止のために抗生物質を3日分出しますから、全部しっかり()んで下さい。それから痛み止めも出しますからね。月曜日の朝、またお越しください。土日に出血や腫れがひどくなるようなら、ご近所の歯科医さんで診てもらってもかまいませんよ。症状が増悪するようでしたら、日曜の当番医は役所で教えてくれるはずですから」

 そう脅かされはしたものの、すぐに血も止まり、奥から3番目の抜いた痕は肉がツルリとして、なにやら清々(せいせい)する。元々腐って朽ちていたものだったせいか、歯を抜かれたと言うのにほとんど痛みもない。

 しかも一夜明けて今朝起きてみると、あの「変な味」がしない。

 こんなことならさっさと受診すればよかったなあ。一番奥が外れるまで待つなんて、まるでバカみたいだった。

一杯

投稿日:

 料峭(りょうしょう)、……と言えるほどの晴れやかさでもなかったが、しかし、春らしい、風の光る一日だった。

 今日の肴はちょっと刺身などをはりこんでみる。

 ぬるい燗で安いところを一杯。旨い。

コーヒー

投稿日:

 長女のハロウィーンのコーヒーカップを借りてコーヒー。

 朝食代わりにチョコレート3(かけ)。働かない日はこんなものでよい。

忠魂碑と梅と目白

投稿日:

 近所に忠魂碑がある。

 目立たない場所にあるが、私の家から駅までの通り道にあるので、いつも早朝にその前を通る。朝早くから遺族会員らしい年配の方々が黙々と手入れをしておられる。

 敷地の柵の(そば)がごみステーションになっているのはいただけないが、それでも四季折々の花が植えられ、静謐な鎮魂の場、あるいは武勇の顕彰の場らしく荘厳(しょうごん)されている。

 今の時季は幾本かの梅が、香りも(ほの)かに、やさしく咲く。

 今日も出かけるついでに忠魂碑前を通りかかった。ふと見ると、それらの梅に2羽の目白が来て蜜を吸っていた。2羽交々(こもごも)、いい声で鳴いている。

 これは春らしくて面白い、と思ったので写真に撮った。

 しかし、何分小鳥のことでじっとしていず、撮りにくいこと撮りにくいこと。何度もシャッターを切って、やっとものにした。

しんどいし暇だ

投稿日:

 インフルエンザのため寝たままである。非常にしんどいのに、腹だけ猛烈に減る。普段あまり大食をしない私なのだが、何でなんだろう。

 暇なので食ったものなど書き留める。塩煎餅三枚、ぽん柑ふたつ、緑茶大湯呑に二杯……なんぞと書いていくと、さながら子規の「仰臥漫録」めいて、気分が出る。

 子規は今で言うブロガーみたいなものだったように思えるが、病床で暇だったのだろうなあ、ということが実感される。いや、私如き、たかが寝込んで2日くらいなのだが、それでもこんな風に思うわけだから、死病に取り憑かれた子規はもっとそう思ったであろう、というところだ。

うーん……。

投稿日:

 インフルエンザによる風邪籠(かぜごもり)二日目。

 うーん、参った、なかなか熱が下がらんなあ。特効薬「タミフル」についても規定量をきちんきちんと()んではいるものの、まだ二日しかたっていないのだから、やむを得ないと言えばやむを得ない。

 体も相変わらず痛む。節々と言うより、私の場合は手足の柔らかいところのほうが痛む。だるい。思考力が減退し、文章もなんだか変だ。

 ただ、こうした時に良く思う、「あ、これは病勢が変わって、治り始めるところだな」と感じる点が出てきた。痰や鼻糞が黄緑色に変わってきたことだ。私の鼻水はいつもは本当に「水洟」で、無色透明で水のようにサラサラしている。鼻が悪いからで、そのため、洗い流されてしまって鼻糞もたまらない。しかし、風邪やインフルエンザに罹り、いつもの水洟が倍にも3倍にも増えて悩まされた挙句、ある時に至ると、ふと、この「汚い方の鼻水・鼻糞・痰」に変わり、快方に向かうのである。

 付記すると、この、「鼻糞が汚い時」は、持病のアレルギー性鼻炎がなぜかまったく鳴りを潜め、その点でだけ、いつもより逆に健康になる。この現象を、私は種々の情報などから、「普段健康な時はどうでもいい異物に対して無駄に免疫力が指向され、アレルギー反応などを引き起こしてしまうが、肉体がウィルスや細菌に侵されていると、免疫力のリソースがそっちへ全力指向されて払底し、普段の変なアレルギー反応はおさまってしまう」のである、というふうに理解している。

 今回もどうやらそういう兆候が見えてきたので、まず長引くことはあるまい。

 

「A」とな

投稿日:

 昨夜来「(おお)風邪」で就寝していた。

 今朝は近所の医院で受診した。どうにも寒くて閉口するが、着込んで歩いていく。

 「インフルエンザA型」との診断である。特効薬「タミフル」規定量が処方された。

 近くの調剤薬局で薬を出してもらう。数年前だったかにインフルエンザに(かか)った時は吸入式の「リレンザ」が処方されたが、今回の「タミフル」はカプセルである。薬剤師に「吸入とカプセルで違いがあるんですか?」と雑談がてら訪ねてみたら、薬効に違いはないが、強いて言うなら、「日本人は飲み薬が好き」という傾向があり、このため、多く飲み薬が処方されるのだ、という。

 帰宅してさっそく処方どおり服薬する。

 職場のルールでは決められた期間、「有給休暇により出勤止メ」である。仕事も多少忙しいのだが、私の部下には乳幼児・学童を子育て中の者も多く、その迷惑を考えると休暇もやむを得ない。

 本でも読みつつ寝ているより仕方がない。