誰だお(メエ)w

投稿日:

 誰だお(メエ)w

 すっこんでろ馬鹿。

ショーウィンドウ化に加担

投稿日:
市長選

 市長選の投票に行く。現職と対立の一騎打ち対決。二人とも「無所属」を標榜しているが、実際にはバックがあり、現職高橋は旧民主・社民、対立の若手畔上は自民である。

食器洗い乾燥機が壊れる

 かれこれ10年目くらいになった食器洗い乾燥機が壊れてしまった。平成19年(2007)製のパナソニックNP-BM2だ。ここまで使えば、もはや「修理」はない。「買い替え」の一択だ。

 いまや食洗機は、妻の台所には絶対になくてはならないものになっており、食洗機のない不便さには到底戻れない。

 ウチの食洗機は据置型で、いわゆる「ビルトイン式」ではない。今は各社とも据置型食洗機から撤退しており、パナソニックだけが据置型を製造している。

 というわけで、先週から妻が家電量販店に物色しに行っていたが、決めきれずに私に相談してくる。「どれを買おうかしら」と聞く妻に、私は、「そりゃお前、店に行って好みで適当な品物を選ぶのだ。型番だけ決めたら、その型番をスマホで検索するのだ。すぐに店より安いものが見つかる。」と。

 そう、言うまでもなく、ショーウィンドウ化である。消費者の行動は、家電量販店をショーウィンドウ代わりに使って特に恥じることもない時代になっている。勿論私もそうだ。

 今日は近所の某家電量販店2軒に赴き、食洗機のディスプレイ品をいじくり倒して使い勝手をあれこれと検証してきた。しかし買わず、型番だけ確かめ、スマホを取り出すやすぐにその場でネット検索だ。店の値段とネットの値段を比べ、やっぱりネットのほうが安いことを確かめる。その店で買う気がテンからないのだから、私もひどい客である。

 税込価格ではやはりAmazonあたりの値段に家電量販店は遠く及ばない。Amazonで買った場合の心配は、家電量販店のように「5年無料保証」なんてのがついていないことだろう。しかし、シャープやソニーと違ってパナソニックの製品は頑強で、今まで使っていたNP-BM2も、6年目まで一切故障がなかった。だから今度のものも、5年無料保証のお世話になることは、おそらくあるまい。

 というわけで、パナソニックの「NP-TR9」という型番のものにする。Amazonプライムにはなく、Amazonマーケットプレイスでポチ。後で気づいたが、楽天の方が数百円安かった。まあ、いいや。

晩飯に(かしわ)の水炊きでも

 レイクタウンのイオンへ行き、鶏肉、ねぎ、うどんなどを買い込む。晩飯は(かしわ)の水炊きにするのである。

 

小学生かいーーッ(笑)

投稿日:

 ハッハッハ、寝坊て、小学生かいーーッ、あほーッ(笑)。

こっ、これは……(笑)

投稿日:

 ハゲ代表現る、というところか。

 自主代表。笑ってしまった。「ハゲ代表も選挙で選べ!」などというネットの反応などもあって、ちょっと話題を添えてる。

 それにしても、私もハゲてきたなあ。人生下り坂。

小池新党

投稿日:

 「希望の党」こと小池新党。まるで嵐のように政界をかき回し、リストラクトしている。

 いくら死に体以外の何物でもなかったとは言え、民進党がガタガタに崩れ去っていくこの有様ときたらどうだ。小池百合子氏だって、そう若くはないのに、この馬力はどうだ。機を見て敏なることと言ったら、比するものなしだ。

 しかも、「右翼の野党」という、前代未聞の事態にもなりかねない。

 おっかねぇ。クワバラ。……巻き添え喰らって殺されないようにしないとな。

サテ、ここからだのう

投稿日:

 さて、都知事選は小池氏の当選で決まったようだが、オモロイのが泡沫候補・鳥越何某(なにがし)の始末だな。

 いやもう、バカっぽくて笑えてならないのが、この不埒な因業爺ならぬ淫行爺、こ奴が起こした名誉棄損裁判の行方よの。

 自分から訴えを取り下げたりすると、「バーカ、バーカ」って、ムチャクチャ言われンだろうねえ。ケッ。ジャーナリストとは名ばかりのテレビタレント、もう、石田純一みたいに色男ネタでテレビに出て、お笑い芸人と一緒に笑いでも取るしかないんだろうねえ、七十ヅラ下げてさ。キーッシッシッシ……。

随分早かったなァ

投稿日:

 ほほ~……。

 ……ま、そうだろうなァ、とは思ってたけど。

 というか、返す返すも、埼玉県民である私にゃ、1ミリも関係ない話です、はい。

さて一大見もの

投稿日:

 さて、今日は一大見世物じゃのう。

 ハテサテ、どうなることやら、キッシッシ……。

 ……っていうか、私、埼玉県民なんで、全く全然少しもちっとも、関係ない話なんですがね。

平和国家の高速意志反映システム

投稿日:

 平和国家の銃弾は意見発表の機会だ、などというと、大嫌いな新聞やテレビを持ち上げてしまっているようなことになるから、それは言いたくない。

 それは、「政府をひっくり返す暴力を人々に渡しておくべきだ」という、アメリカの、憲法の例のアレでもって、乱射事件が頻発してしまっていることからの連想である。

 銃による仕組みは、日本ではムリだ。日本人には銃なんか配れない。そんなことをすれば、不慣れな日本人はあらぬ失敗をしでかす。慣れたアメリカ人だって、毎日毎日失敗ばかりしている。

 では、その代わりに、日本人の大多数一般が容認するような国を、人々がどうやって直接形作るか、一部の扇動者に左右されず、一人一人が自分で考えた国の姿が、多数決で採られるという、そういう余地を、何によって保証するかということである。

 選挙と言うのはシンプルでこなれたシステムだけれど、もう老朽化していて、スピード感に欠けるから、嫌だ。

 アメリカみたいに銃を渡しておく、というのではダメなことは、先述のとおりだ。

 と言って、アメリカの管理下にあるインターネットによって、というのも、アメリカの恣意が入り込む恐れがあり、容認できない。

 日本人大多数の意志の反映が、何によってか出来て、力を持つ、そういうシステムや仕組みが、なんとか作れないものか。

しかし東京都民も

投稿日:

 いやはや、しかし、東京都民も、人を見抜く目ってものがないよ。

 舛添何某(なにがし)に、圧倒的な票を投じたわけでしょ?……それで「騙された」もヘッタクレも。「私はあほです」と有権者自ら言っているようなものなんだが、それでも言いたければさんざん自虐すればよろしい。

 ……ま、埼玉県民である私にゃ、何の関係もありませんけどもさ。