最近時事雑感

投稿日:
ギャーッハッハッハ……

 だーから、さー、ダメですってセンセイ、思ったこと思った通りになんか言っちゃったらーッ。……噛みつかれるの、分かり切ってるでしょうが。

さすが変態国家、変人の都

 アメリカなんて、こんな奴ばっかりだよ、所詮。

衣笠祥雄氏死去

 野球ファンでも何でもない、むしろ野球なんか嫌いな私ですら、「衣笠祥雄は立派な人」と、その名前や顔を知っている。

 祈冥福。

さてこそ、いろんな見方があるものだ

 朝鮮半島、南北首脳会談。

 産経は「お、お前ら、騙されンじゃねえぞ!!」みたいな感じ。

 朝日は「よくやった!偉いッ。感動した!次は米朝だ!」みたいな感じ。

 読売は「いいけど、不十分なんじゃねえのコレ。」みたいな感じ。

 毎日は「この流れは止めちゃダメ、残念なところは色々あるにもせよ……」みたいな感じ。

 「お前はどう思うのか」と問われると、いや、北朝鮮ってのはなかなか(したた)かにヤルよな、ということだろうか。だから、やっぱり油断してめでたしめでたし言ってたらダメだということと、「次は米朝」も、まあ、いいんだけど、その先にある日本の主体性、もっと言うなら、日、中、韓、北鮮、越、印、その他アジアを不安定に仲違いさせて得をするのは誰かを常に思え、ということだ。千年後のいつの日にか、その真の敵をどのように始末するのか、その時古参国日本は何をするのか、常にそれを魂に沈底させておかなければならない、ということだ。

時事雑感

投稿日:
ど、どどど、どういうこったい……?

 イイ感じにかき回してくれるぜ、まったく、ヤツぁ……(苦笑)。

 逆に、なんだか「いい奴」にすら思えてきた(マテ

そんな変な切符、いらんわッ!(笑)

投稿日:

 いやもう、笑ったの笑わないの。

 いらねッて、そんなゴミみたいな切符。貰って何が面白いんだ(笑)。平壌なんか行っていいことがあるか?日朝国交正常化?!何言ってんだ、ありえねェだろ、そんなもの。

 断交でいいよ、断交で。

本日時事雑感

投稿日:
ゲーム世代

 ……。

 なにしろ、攻撃型原潜だからねえ。そのうちに、「ポチッとな(笑)」とかいうフザけたノリで核戦争をおっぱじめるキチガイも出てきかねない。

いやーっ、ナイわ~……。

 いやまあ、そういう世相なんだろうけど、ナイわー……。こんなの、負け惜しみなんじゃねえの?

妬ましい

 アメリカにせよ、ロシアにせよ。……ハラ立つなあ。

 日本では戦争で倒れた世代は、世界各地を侵略し、アジア全域の女をレイプしまくったカスの集団ということになってしまっている。あまりにも悔しい。敗軍敗国は、ここまで愚弄されなければならない、ということかもしれないが、いや、まて、愚弄しているのは自分たち自身ではないか?

いやー、わからんでもないが、しかしさー……
以下引用

個人の記憶についてもう1つ言えるのは、ある個人が自分の戦争体験をよく覚えていても、それについて話さないということだ。例えば兵士であれば勝者側と敗者側の双方、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の生存者や終戦時のベルリンでソ連軍に強姦された女性たちなど、戦争を体験したたくさんの人々は当時の暴力や恐怖について語ることをしなかった。

年がたってから口を開く人もいるが、一生語ることのないまま亡くなる人もいる。後になって話し始める人たちは、自分の物語が社会に受け入れられるようになった、という共通の記憶の変化に反応して口を開くことが多い。個人とは社会的文脈の中で思い出すわけだ。

戦争を体験したことのない世代の個人の記憶も同じように構築されるが、戦争そのものというより戦争について話される物語を覚えているというように、より非直接的な記憶になる。しかし、これらいわゆる「ポスト・メモリー」も、戦争体験と同じくらい力を持ち得るだろう。

 これで集団の記憶は正しくなるよ、みたいなことを言われても……。日本の場合、もう当時の大人としての記憶を形式知にできる人は、90歳を超えちゃって、絶滅しつつあるもんなあ……。

結局、わかってないんだわ。

 これって、なんか、口喧嘩の応酬みたいなことなんだろうけど、核兵器がそういう、言葉のやり取りのアヤでちょっと間違って発射しちゃって人の2~3人が死んでどうにかなる、とかいうような、シャレで済むようなものじゃない、ってことを、やっぱり実感としてわかってないのよ、コイツら。所詮死ぬのは国民だ、みたいな。

家に置いてけよ

 人それぞれの勝手だとは思うし、事情もあるんだろうけど、どうも、この、旅先にまで犬なんか連れて行こうという、そのあたりがわからんなあ……。いや、盲導犬とか、そういうどうしても必要な場合はあるだろうし、大きな転勤、移住ってのもあると思うんだが、そうでないような、遊び半分の旅行なら、人に預けていくとか、やりようがあると思うんだが。

ハハハ、そりゃ言うまでも

 アハハハ、根拠と覚悟って、文春をはじめ、週刊誌だけじゃなくって、テレビだって新聞だって、それどころかマスコミ全部、そんな、「覚悟」なんてもの、あるわけないじゃん。ゼロだよ。

ホーキング博士追悼・続

 愛すべきところの多々あった人だったんだなあ、と改めて認識。祈冥福。

こういうの、定期的に出るなあ

 「まあ、そうだろうねえ」という感じと、「そんなの、Android自体、それそのもの全体がマルウェアみたいなもんだろ、電話番号から写真から何もかもアメリカの支配下にあるクラウドに送ってんだからさ、何を今更」という見方もあって、笑ってしまう。

ほほ~……

 ほほ~……。

あ、ノーベル賞狙い、っていう下卑(ゲビ)な見方もあるんだ?

 ……というか、ドナルド・トランプじゃなくて、金正恩(きんしょうおん)がノーベル平和賞貰ったら、もう、おかしくってハラ抱えて笑っちまうな。

美しくないねえ

 あー、ゼニカネ、ですかやっぱり。なんでもかんでも安くすれば正義、入札でさえあればオッケー、という愚かなやりかたのせいで、残すべきものが滅んでいくわけですわ。

今週時事雑感等

投稿日:
南北首脳会談

 6日火曜日、晩御飯を食べていたらニュース速報の信号音が流れ、南北朝鮮相携えて会談に臨むという。

 結構なことである。首脳同士、話し合い、分かりあい、和睦でも統一でもなんでもするとよい。平和条約の締結などもよかろう、なんと言っても未だ休戦中の両国だ。

 しかし、過去の例から言うと、

「韓国からは北朝鮮に金銭的な手土産が必要」→「金が勿体(もったい)ないから日本に出してもらおう。ナニ、日本なんて罪人だから、慰安婦あたりで責めればお金はいくらでも出るよ」

……となるのである。

 日本からは一銭たりとも出すべきでない。その上で、

「めでたいことだと思います、ウチは一文も出しませんがネ。南北両朝鮮が和合しようが野合しようが、いくらでも勝手自由にやってください、ソッチの内政の話なんだから日本には関係ありません」

という話でいいと思う、もはや。

 ところが、ところが。そんなことを思ううち、9日~10日には事態は急速展開、米朝首脳会談実現の見通しまで出た。

……しかし、これもなんだか、5月までに北朝鮮の態度が豹変して雲散霧消、もはや抜き差しならぬ緊張へ……ってのもありそうな気がする。

世の中には様々な人間がいるとは言うものの

 バカだなあ、と思うし、危ないなあ、と思うし、なんで京大前、とも思うし、ひょっとして京大生?、とも思うし、いろいろと面白い。

 監視カメラや警察官の取得した映像なんかで、ま、スグに身元は割れるんでしょうよ。

あーっはっはっは

 ……これね、この人ね、釈放されてしばらくしたらまたやりますよ。死ななきゃァ治らないですよこういう馬鹿は。どうせ不起訴ですよこんなチンケな破廉恥男。そんで、落ちるところまで落ちるワケなんだわ、他人に大迷惑かけながらね。かわいそうなのは被害者ですよ。

確かに、登校がゴール、ってのは単純すぎるかなあ……

 世の中、いろんな立場、いろんな見方があり、それを内包するのは人間であるからには、誠に人間というものは木石金物ではなく、切れば赤い血の出るナマ物であるな、と考え込むこと(しき)りである。

さすがは

投稿日:

 さ、さすがはプーチン。

 喝破してのけたもので、

「どのようなものであれ、この状況下で制裁という手段に訴えても無駄だし効果もない」

……というのは、よくぞまあ、言いにくいことを言ってくれたな、というところだ。

金ちゃん妄想

投稿日:

 ああ、北朝鮮を俳優に仕立てた茶番、ロシア・中国共同プレゼンツのドラマが見えてきた。

 狡猾そのものじゃないか。

 実は、原爆や水爆と見えたものは、デブの金チャンが爪に火を(とも)すようにしてため込んだTNT火薬だったのだ。何キロトン、何メガトンとか言うが、文字通り、本当に爆薬を千トン、一万トンとため込み、せっせと山岳地帯の洞窟に運び込み、炸裂させただけなのだ。

 その爆薬は、ロシアと中国からどしどしと運び込まれた石油を遺憾なく注ぎ込んで合成したものだ。

 すっかり騙されて怒った米国が「大量破壊兵器許すまじ」とばかり北朝鮮に攻め込む。だが、もとより核開発なんかする力もないから、北朝鮮国内をいくら家探ししようが大量破壊兵器の「ヘ」の字も見つからない。

 つまり、米国は、イラクの繰り返しをもう一度やらされて、世界中に恥晒しをしてしまうのだ。

 赤っ恥をかかされて吠え面のアメリカを、ロシアと中国が糾弾する。「戦争までしておいてそのザマかよ!」「弁償しろ馬鹿野郎」「謝れアホが」……というわけだ。

ほ、ホンマかいな

投稿日:

 もし本当だとすると、老獪と言うか、なかなかの策士かもよ、金ちゃん。ミサイルなんかブッ放しながら、日本の譲歩、ひいては本当に怖い米国への、日本からの働きかけをも引き出そうかという。

 言ってみりゃ、柔道の寝技みたいに、グダグダに長試合に持ち込み、漁夫の利をさらおうというところも見え隠れする。

 しかしねえ、金ちゃん。長試合に持ち込めるような体力、アンタんところには、もはや、ないと思うんだよねえ。ほどほどにしときなさいよ、ええ? そのまんまだと、国民がもたないよ。……まあ、俺にとってはどうだっていいですけどね、外国のことだから。

うーむ、ベトナムのネットアイドルというのがキている

投稿日:

 「ベトナムのネットアイドル」「ベトナムのインターネットアイドル」と書いただけで、なんでこんなにアクセスが殺到するのかわからないが、要するに、「欲せられているキーワード」がこれであることはよくわかるのであった。

 なんってったって、北朝鮮の要人を暗殺したのが「lol」などとフザけたプリントのシャツを一着に及んだベトナムのネットアイドルなのである。

 しかも、どうも美しくもなく、アイドルと言う程の外見ではない。

 逆に、もはや、ネットアイドル万能である。否、ネットこそ万能である。オタクの時代は今ぞ到来せる(かな)

 秋葉原で狩り集められたゲーマーどもが実戦に参加する日は50年以内に来る。すなわち、スマホゲームの接続先は実戦場の戦車や戦闘機や駆逐艦なのであって、そこには人は乗っていない。将来の戦場では、スマホはリモコンの殺人機器でしかない。

 戦場で死ぬ日本人はいなくなる。しかし敵国の人は死ぬ。こちらにとってはネットのゲームに過ぎない。

 ベトナムのインターネットアイドルはそれを示唆している。クロスドメインの戦場は、オーバー・サイバー戦場となるはずである。

「ベトナムのネットアイドル」でアクセス殺到、て……w

投稿日:

 なんだかよくわからないが、このブログのアクセスログを見ていたら、アクセスが急にウン%ほど伸びている。なんだなんだ、なんかやらかしたっけ俺……と慌てて詳細を見てみた。

 先日、クアラルンプールで金正恩(きんしょうおん)の異母兄金正男(きんしょうなん)氏が暗殺された。犯人として逮捕された女が「ベトナムのインターネットのアイドルです」と供述したと報道されたのが可笑(おか)しくてたまらず、思わず「ベトナムのネットアイドルて、ちょww」(2017年2月16日(木)19時34分56秒 JST)と書いた。

 ニュースサイトの記事の引用とそこへのリンクを張っただけの粗悪なエントリなのだが、アクセスの伸びはこのエントリへのものであることが分かった。

 思うに、「ベトナムのネットアイドル」というキーワードの組み合わせが珍しく、このブログが偶々(たまたま)Googleなどの検索結果で上の方に来てしまったのだろう。

 もし北朝鮮当局からのアクセスだったらコワいが(笑)。……だって、外国で、しかも第三国の素人を使嗾(しそう)して要人を抹殺することぐらい屁でもなくやってしまう北朝鮮政権だ、日本人の書くこんなしょうもないブログ如き、改(ざん)や踏み台にすることなど、造作もないことだろう。

 このブログにアップロードしている写真のExifには、GPS情報までバッチリ入っていて、私がどこに住む誰かなんて、2、3分も検索すればすぐにわかってしまう。ま、だからと言って、私如き凡夫を北朝鮮の工作員が殺しに来るなんてことはあり得ないし、ま、来るなら来てみろ馬鹿野郎、ぐらいのモンですけどねw。

犯人の動画らしきもの

 ところで、後日ネットを見ていると、この犯人の以前のYoutube投稿らしきものなども見つかっているようで、なかなか話題は尽きない。