(おぼろ)月の下

投稿日:

 夕刻。十四夜の大きな(おぼろ)月が上がった。旧暦三月、晩春の夕霞(ゆうがすみ)の向こう、相応にあたたかな月が上がるのかと思いきや、ぼんやりした輪郭であるのにもかかわらず、意外にや、月は青く冷えた色をしている。

 退勤帰路、都会の喧騒。意外にスッとする月の青光に照らされて、花の散った桜の木々が緑ゆたかに葉を張り始めている。反対側の舗道には企業や官庁が立ち並び、その植栽の躑躅(つつじ)が赤白あざやかに咲き始めている。

 1時間半程の通勤電車の手慰みは読書だ。先月からウィル・デューラントの「哲学物語」を読んでいる。ようやく半分ほど読んだ。ソクラテス、プラトン、アリストテレス、時代は飛んでベーコン、スピノザ、ヴォルテール、カント、ヘーゲル。今夕、やっとショーペンハウエルまで来た。

 50年前の古書だ。赤い布表紙のそれを手に持ったまま電車を降りる。はや春月は中天にある。周囲の匂いも色も明度も、ベッドタウンらしいものとなってゆく。

 春燈ゆらめく住宅密集地の温気(うんき)の中、住み慣れた家に帰る。百花繚乱と書いてみて、文字通りの惜春である。

「近しい」と「……てあげる」って言うのやめろ(笑)

投稿日:

 最近気になる流行の言い方に、標記の二つがある。ドイツもフランスも、……いや違ったドイツもコイツも「チカシイ間柄」だとか「このネジをキュッと締めてアゲル」などと言っている。

 どっちも変だし、おかしいからやめてほしい。

近しい

 「近い」は活用して確かめて貰えば誰にでもわかることだが、「近かろう・近かった・近い・近いとき・近ければ」で命令形はなし、つまり典型的な形容詞だ。語幹は「ちか」であり、「ちかし」ではない。

 同じような形容詞に「赤い」がある。「赤かろう・赤かった……」と活用するが、「赤しかった」などと言うだろうか。言わない。同様に、「(かゆ)い」という言葉を「痒しい」などと言うだろうか。言わない。「正しい」という言葉を「正しし(・・)い」などと言うだろうか。絶対に言わない。

 「何々しい」というふうに使う言葉には、例えば「いたましい」がある。しかしこれは、「いたむ」という動詞を形容詞的に変化させて使うものである。元の言葉が形容詞であるわけではない。

 「(した)しい」という言葉があるが、「近しい」なんていうのと同じ言葉ではない。「親しみ」「親しむ」というふうに、名詞的にも動詞的にも使う幅広い言葉である。「近しい」を使う人に言いたいが、「親しみ」「親しむ」と同じように、「近しみ」「近しむ」と口に出して言ってごらんなさい、そんな言い方はないでしょう?

 他に、「おいしい」という言葉もある。だが、これは語幹が「おいし」で、活用語尾が「い」だ。「おいしかろう・おいしかった・おいしい・おいしいとき・おいしければ」で命令形なしである。「し」は語幹に含まれる。「おいしい」の「し」を取り除いて「おいかろう・おいかった・おいい・おいとき・おいければ」などと活用するとまったく成り立たないのは明らかだ。だから、「近い」で成り立つものに無駄な「し」を入れた「近しい」とは根本的に違う。

 こう考えてくると、だからやっぱり、「近しい」なんていう言い方・書き方は変だ。「近い間柄」とか、もし言うなら「(した)しい間柄」とすべきものだ。

 歴史的に「近しい」と著述した文筆家はいるのかも知れないが、これは「揺れ」の(たぐい)だろう。

あげる

 昔は小児科で「先生がくれたお薬を赤ちゃんにあげたら……」(正しいのは「頂いたお薬を息子に()ませたら」とか「先生が下さったお薬を子供に与えましたところ」等でしょうね)なんていうスットコドッコイな日本語を使う若いお母さんが笑いぐさになってしまったものだが、最近の「アゲル」は違う。モノであろうと現象であろうとお構いなし、美容師から学校の先生から大工さん、IT技術者、料理人まで、全員「アゲル」だ。特に説明者に多いようだ。

「この残りの髪をピンでとめてアゲル

「共通項の二乗の部分を消去してアゲテ、ルートでくくってアゲル。」

「ここで釘を打ってアゲル

「で、コンストラクタをオーバーライドしてアゲテ……」

「大根は面をとってアゲテ、十字に切れ目を入れてアゲマス。」

 だ~~~ッ!!

 ……ええい、誰も彼もアゲルアゲテアゲマスだの言ってやがって、鬱陶しいんじゃ!

 「ピンでとめる」「消去して、ルートでくくる」「釘を打って」「オーバーライドする」「面をとって」「切れ目を入れます」と言えんのかあああ!(笑)。

 はあ、ふぅ……落ちつけ、俺。

 まあ、言葉と言うのは、時代により人により、(ゆる)やかに変わっていくものだということは否定できない。だから私も、興奮せずに寛容でありたい。

 だが、極端に変なものや、誰にでもわかるようなルールに沿っていない変化には、注意深く向き合っていくべきものだろう。

近況片々

投稿日:
SOBA 満月

 先頃からすっかりファンになった新越谷駅前の蕎麦(みせ)、「SOBA 満月」。このところ毎土曜日昼の行きつけである。

 店主が体調を崩していて、先週、先々週の土曜日は閉まっていて残念であった。今日は本復されたようで、いつもどおりの営業だ。

 今日は季節メニューで「桜エビと新たまねぎのかきあげ」というのが出ていたからそれと、いつものように新潟県の銘酒「吉乃川」で蕎麦前をやって、生粉打ち十割の「もり」で〆。

 美味、至福と言う他なく、やめられぬ。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 妻と近所の川べりの桜を見に行く。

 地元の隠れた名所で、美しい。

改元令奉祝

 (かしこ)きあたりにおかせられては、(かね)て改元の内意(あまね)く知ろしめられること(おそ)れ多く、去る4月1日、これを奉じた政府によりついに「令和」と布達されたことは誠にもって喜ばしいことである。

 (しづ)、このブログも早速改元に対応し、5月1日以降の日付に遺憾のないようにした。

 改めてテストしてみる。

2019/4/30 23時59分 → 平成31年(2019)04月30日(火)23時59分
2019/4/30 24時00分 → 令和元年(2019)05月01日(水)00時00分
2019/4/30 24時01分 → 令和元年(2019)05月01日(水)00時01分
2019/5/1 0時00分 → 令和元年(2019)05月01日(水)00時00分
2019/5/1 0時1分 → 令和元年(2019)05月01日(水)00時01分

……良く動く。いい感じだ。24時1分、なんぞというところも私の考えた動きである。

旧暦雛祭

 明日は旧暦三月三日、つまり旧雛祭(ひなまつり)。当然月は三日月。晴れれば日没後すぐ、針のような尖った月が日とともに沈むだろう。

万愚節(ばんぐせつ)と改元

投稿日:

 エイプリル・フールは「四月馬鹿」と訳され、また「万愚節(ばんぐせつ)」とも訳されている。

 「万愚節」は俳句の季語でもある。私などは西洋由来のエイプリル・フールに「万愚節」という訳語をあてた先人の教養のほどに敬意を覚えざるべけんや、という感じがして、これはこれでまた、いろいろと蘊蓄(うんちく)の余地があると思う。

 それはともかくとして、(かしこ)きあたりの(おぼ)()目出度(めでと)うして、ついに政府も

「平成31年(2019)5月1日改元を宣せらるるにつき同4月1日に前(もっ)てこれを()国事(こくじ)万般(ばんぱん)遺漏(いろう)なきよう沙汰(さた)す」

……としたところである。

 それにしてもしかし、である。

 ネット上ではおそらく、「祭り」の状況となるだろう。なんと言っても「エイプリル・フール」である。

 今や親日のエイプリル・フールの本場、イギリスなどではこれがどう取り扱われるか、楽しみでもある。

 われわれ国民は、安心すべきところと思う。なんとなれば、これしきのことで動揺恐慌(どうようきょうこう)するわが国体ではないからである。泰然自若としてこの事態を楽しめばよいと思う。

 行政事務(かた)は、予算年度の節目のことに御英慮(おんえいりょ)(かたじけの)うした畏きあたりの思し召しに感謝百度万度をもって(ほう)ずべきであろうか。

下弦、真夜中。

投稿日:

 真夜中になり、下弦の月が昇った。

 下弦は真夜中にならないと見られない。

 今日はよく晴れているから、冷え込み、月の角もギザギザとして、ガリッと頬を切られそうだ。

下弦

投稿日:

 今日は下弦だそうな。

 夜更かしをしていて目が冴えてもいるから、ひとつ真夜中に月の写真でも撮ってみようか。

 昼は真っ青な空が広がり、冬麗(とうれい)そのものだった。真夜中も冬の月が冴えるに違いない。

掃除

投稿日:

 年末なので、家の内外の掃除をするなど。玄関先の草取り、掃除、庭の草取り。これで半日。

 続いて今日、自分の小部屋を掃除したら丸1日かかってしまった。

 怠慢に積んだままにしていた来簡・資料類を全部仕分けし、目を通した後ScanSnapに叩き込んでデジタル化し、物理資料は全部シュレッダー行きにする。

 あちこち拭き回して真っ黒になった雑巾を洗い、ひと段落する。

 今日は終わりにしよう。ウィスキーをショットグラスに次いで一杯やると、胸のあたりにあたたかい燈がともったような心地になる。

 いい休暇だ。

目袋(めぶくろ)

投稿日:

 美容だヒアルロン酸だ整形だメイクだエステだ……というような文脈で、「目袋(めぶくろ)」のことを「目の下のたるみ」と説明的に言っているのは、まあ、わかりやすくするためであって違和感がないが、先日見かけた名詞的表現は「目の下たるんたるん」であった。

 もう、こうなってくるとほほえましいというような表現でもなく、表現力が幼児化というか白痴化してきており、心配になる。だいたい、目袋が出てくるような大人は、酸いも甘いも嚙み分けた40歳50歳と言った年齢である。「タルンタルン」はないと思う。

 それとは別に、目袋が下がった大人の顔と言うのは重みがあり、魅力的だ。なにも、若者ぶった、あるいは小娘ぶった顔など、わざわざ顔に刃物まで入れて作る必要はあるまい。

美しい、とは

投稿日:

 どうも、多少「釣り」臭い記事であるような気もするが。そこをなんとなくわかった上で。

 昔は「駕籠(かご)に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋(わらじ)を作る人」などと言った。この言葉を、私の母などは耳にタコができるほど私に吹き込んだものだが、そこには、この言葉がさしているであろう「世の中いろいろな人のいろいろな働きで成り立っており、そこに支配や圧迫、隷従などの上下関係はない」というようなことではなく、「草鞋づくりになど、どんなことがあってもなるな」というような、差別意識があった。

 母の差別意識は、戦前生まれの人であってみれば、普通の意識であって、これはやむを得まい。だが、いまどき、いわゆる賤業卑業とされるようなこと、塵芥、死体、汚物、屠畜、こういうことを「いやしむべきこと」などと考える、また、それが「勉強を怠けたから」などと、こんなことをどういう種類の、どういう人間が言うのであろうか。

 汚れ仕事というなら政治家など最も汚いし、金持ちも汚い。かつては「金持ちと蠅叩きは、たまればたまるほど汚い」と言ったものだ。一千万の年収を誇る者は一千万円分汚れ蔑まれるべきであり、2千万、1億となればそれだけ汚いのである。

 刑務所で臭い飯を食った堀江何某(なにがし)など、どれほど卑しむべき存在であるか。

 政治や経営などに携わることが、どれほど泥水を飲み下さなければならないか、誰でもわかることだ。勉強すればするほど、犯罪者に近いものになっていく。物理学の蘊奥を究めた学者は、日本の共産主義者が全力で反対する原子力発電所の推進者であって、勉強の結果犯罪者扱いされるのだということだ。頭のいい者は、汚れるのである。

 むしろ、街で、野で、田畑で、働く人たちがどれほど美しいか。戸板に飴菓子ならべて売っていようと、これが立派な堅気の衆、ということだ。

今秋はじめて

投稿日:

 蝉の声は止んだ。まだまだ暑い日もあるが、徐々に気温は下がり、日が短くなり始めた。夜に虫が鳴く。

 秋である。

 祝日の朝、今秋はじめて、ホットコーヒーを入れた。久しぶりの湯気、香り、刺激。砂糖を入れぬかわり、朝食代わりのチョコレートを食べながら啜る。

 チョコレート3(かけ)。働かぬ日の朝食はこんなものでよい。肥満すると身軽に動けなくなってしまう。