仲秋の名月

投稿日:

 仲秋の名月である。

 ベランダに出て、写真を一枚。

 本当の月の朔望は、明後日6日の未明に望となるのだが、今日が旧暦の八月十五日であるため、仲秋の名月・十五夜は今日なのである。

 去年の旧暦八月十五日は9月15日だったが、今年は今日にまでずれ込んだ。旧五月が閏月だったためでもある。

行政書士の勉強

投稿日:

 行政書士の通信講座。模擬試験をやっとこさ全部提出する。期日ぎりぎりだ。

 この体たらくではテストを受けても受かりそうにもない。というか、確認してみたらもう29年度の願書は9月8日で締め切られている。

 講座を申し込んだのは去年の秋だったが、その時には、次の春に今の部署に転勤するとは思っていなかった。新しい部署にも馴染まなければならず、自分の勉強をするには、どうも集中可能度が足りなかったようだ。

 なんとも締まらぬことになったが、来年もまだやる気が残っていれば、あらためて、だな。

 

上り月

投稿日:

 妻と温泉に行き、肉を買って帰り、腹いっぱい喰った。

 一昨日、旧八月九日(9月28日(木))は上弦月で、今日は十一夜の上り月だ。

 くっきりと綺麗なので、写真に撮った。

 先々週録画しておいたNHKのドラマを見る。北斎の娘、応為の一生を描いたものだ。秋らしく陰影に富んだドラマで、面白かった。

 「吉原格子先之図」や「春夜美人図」など、本当の作品をまじえつつ、デジタル映像を駆使し、真に迫る夜の吉原と、応為の作品とを()()ぜに描写しており、いいドラマだと思った。

肉と酒と菓子

投稿日:

 私の家族は全員秋生まれで、9月~10月に誕生日を迎える。

 それで、肉を食ってみたり、酒を飲んだり、ケーキなんか食ったりしてなかなかにぎやかだ。

 二十歳になった長女にためしに酒を飲ませてみたら、赤くなってノビている。ふっふっふっふ。

飲酒で無免許だそうな

投稿日:

 昨日書いた近所の事故の件、その後埼玉新聞に記事が出たようだ。

 無論、単なる交通違反にとどまらず、自動車運転処罰法違反で現行犯逮捕だという。

 パトカーが追跡を中断した後の事故で、その点、まず穏当な取り締まりだったと言える。これで無理な追跡が続けられていたとしたら、また「どうなってるんだ警察は」というようなスットコドッコイな批判に問題がすりかわったろう。まったく、警察もご苦労様なことである。

 40歳近いおっさんが無免許と言うのもなんだか情けないが、多分最初からではなくて、取り消しか何かになったのだろう。しかも朝っぱらから飲酒運転、迷惑千万なことだ。

 巻き込まれてマンションの植栽に突っ込んだトラックの運転手の方にお見舞いを申し上げたい。

ガソリーヌの彼氏、面白すぎる

投稿日:

 ガソリーヌこと淫乱・山尾の不倫相手の三百代言(べんごし)氏。いやもう、えっらい論評してて、吹き出してしまった。

 アハハハ、お前の良心はどないなっとんねん、矜持はないのか、胸は痛まないのかバカヤロー(笑)。

サテ、イギリスはどうすんのかな?

投稿日:

 ほほ~……。

 ……いつものことなのか、相当特別なことなのかはよく知らない。

 スペインも、まあ、「お約束処分」というか、去る9月1日に一人だけだが外交官を追い出している。

 そういえば、北朝鮮と国交を持たない日本とは違い、確か、イギリスなどは北朝鮮と普通に国交を持っていたと思うのだが、どうするのかな。北朝鮮駐箚(ちゅうさつ)大英帝国大使は、去る1日に引き上げたようだが……。

 イギリスは老獪国だから、軍の情報部のソースとして、北朝鮮外交部を握って離さないかもしれないな。アメリカなんか怖くない、と(うそぶ)くことのできる数少ない国でもあるしな。……いや、嘯くことができるだけであって、実際は怖がってるんだけどさ。

ガソリーヌーっ!(笑)

投稿日:

 以前こんなこともあってむっちゃワロタ……のだったが、正真正銘だわー(笑)。

 ガソリーヌーっ!(笑)

週刊文春のその写真

 アホかお前は~ッ。

それでまた、この、車でホテルから出てくるところの写真の、この顔と来たら、まあ、どうだ。ツルツルテカテカじゃあねえか。恥ずかしい。

 しっかし、浮気する奴多いなあ、ほんっと、どいつもコイツも、のべつまくなしじゃねえか、(ケダモノ)じゃあるまいし。

さすがは

投稿日:

 さ、さすがはプーチン。

 喝破してのけたもので、

「どのようなものであれ、この状況下で制裁という手段に訴えても無駄だし効果もない」

……というのは、よくぞまあ、言いにくいことを言ってくれたな、というところだ。

虫声寸感

投稿日:

 夜来秋涼が快かったので、窓を開け放って寝た。

 明け方、虫の声が風鈴のように高く澄んで心地よく、聴いたまま微睡(まどろ)むのは本当に気持ちが良かった。

 もうすぐ節季は白露ともなれば、仲秋も近い。

 たしか、岡本綺堂の随筆で読んだのだったか。関東大震災以前の東京には、明治維新より前の江戸の色がまだ濃く残っており、裏長屋には「虫売り」が行商に来たものだそうだ。

 これは今のペットショップのような子供相手の商売ではなく、風雅の飾り物、しかも「音の飾り物」で、小さな虫篭に鈴虫を入れ、家の軒端にぶら下げてその音を愛でたそうである。

 建て込んだ東京の街は季節を感じにくいため、朝顔売りや金魚売り、虫売りなどからそれぞれ風雅を(もと)め、ほんの一輪二輪の朝顔、一鉢の金魚に寸描のような季節を見出して愛でたものだそうな。

 その話は、たしか「綺堂むかし語り」で読んだのだったと思う。「綺堂むかし語り」は青空文庫でも読めるし、Kindleにも0円でコントリビュートされている。

 岡本綺堂に言わせれば、「秋になって盛大に虫が鳴き始めるのなどは当たり前で、面白くない。まだ夏も(たけなわ)という時に、ふと秋に鳴くはずの虫がりん、と鳴いた、そこに捨てがたい涼味を見出すのが良い」……大意、そういう風なことだと思う。

 起き出して、コーヒーを飲む。この秋はじめての熱いコーヒーにしてみる。沁み入るように美味い。朝食がわりにチョコレートを3(かけ)ほど。

 コーヒーを啜りつつ、ふと思い出す。亡くなる前の正岡子規の句に

秋もはや塩煎餅(しおせんべい)渋茶(しぶちゃ)(かな)

……という川柳風なものがある。涼しさが増してからの久しぶりの渋茶の美味しさ、煎餅の香ばしさ、それどころか周囲の秋の空気の匂いまでが、このたった17文字の句から伝わってくるように思う。この作品は「仰臥漫録」の最初の日、明治34年の9月2日に記されている。今日は9月3日なので、今から丁度116年前の事だ。