真田工場

投稿日:

 軍事用3Dプリンタについて、一部ではだいぶ取り沙汰されているようだ。

 まあ、「飛びながらミサイル」というのは少々大袈裟で、そうする理由が合理的でないと思うが……。

 しかし、例えば航空機の整備用部品を、派遣先の現地基地でプリントして現場整備に使う、などは、十分アリかもしれない。いわゆる「IRAN(アイラン)」の高価さに辟易する現場へ(もたら)すなんらかのものがないとは言えないだろう。

 思い出すのが、名作アニメーション「宇宙戦艦ヤマト」の、あのシーンである。

 これはもう、先に挙げた記事の言う所そのまんまである。

 なんだか、世の中、ひたすら「宇宙戦艦ヤマト」の風景を目指して突き進んでいるような気もするな。アレで育った世代の人たちは、もう大概(たいがい)爺ィ世代なので、こうした、所謂(いわゆる)イノベーションには、それほど(くみ)しているとも思えないのではあるが……。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください