思い直した

投稿日:

 私はカジノ法案には反対であった。なぜ今更、国が堕落と退廃の代名詞、賭博への道筋を開こうというのか、むしろ競馬などの公営賭博をじりじりと引き締めていくべきではないのか、と思っていた。

 だが、考え直した。法の運用にもよるが、カジノ法案は日本と日本人を健全化できるかもしれない。

 どういうことか。妄想アイデアだが、大規模な複合リゾートに、街のパチンコ屋に据え付けられているのと同じパチンコ台を据え付けるのだ。

 国で許可するものなので、街のパチンコ屋のように、景品に交換してその景品を自称別経営の買取屋にもっていくなどと言うまだるっこしいシステムなぞ不要だ。出玉をダイレクトに現金に交換できる魅力を備え、しかも公的・合法的な営業であるため、街のパチンコ屋よりも確率が甘く、多少儲かり易い、というふうにする。

 そうするとどうなるか。

 街のパチンコ屋は(すた)れる。

 街のパチンコ屋が善良な店ばかりなのなら文句はないが、実際は不健全で悪い店がほとんどだ。これらが朝鮮人の暗躍基盤となっていることは、もはや知らぬ人のない事実である。パチンコ屋にはそういう不健全さが根底にある。そのため、暴力団の容喙(ようかい)、借金、覚醒剤などの麻薬禍、駐車場に放置された乳幼児の死亡など、忌むべき事象の巣になってしまっているのだ。

 また、パチンコ屋の営業許認可に、得体の知れない警察権力が深く食い込んでいることも取り上げるべきことだ。

 パチンコ屋はもはや浄化することは不可能という段階にある。

 カジノ法案は、これらダニのように喰い付いて日本を蝕み続けている不逞朝鮮人のパチンコ経営基盤を壊滅させる可能性がある。ひいては、北朝鮮への送金源を遮断できるかもしれない。

 そう考えてきて見ると、いろいろと気づく。カジノ法案に反対しているのはどの政党か。ここに着目すると、その政党が何者かがよくわかるわけだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください