プロレスラー・トランプ

投稿日:

 ドナルド・トランプ次期米政権は、中小企業局局長という要職に、リンダ・マクマホン女史なる経営者を起用することにしたという。

 その経営するところの「WWE」とか「マクマホン」という姓に、なんとなく覚えがある。

 たしか、トランプ氏が有名になったテレビ番組で、素人の参加者に経営アイディアを出させ、それがダメだったら審査員のトランプ氏が「You’re fired!(お前はクビだ!)」とキメつける、というのがあったと思うが、たしか、そのキメ台詞というのは、なんとトランプ氏もリングに上がってみたことがあるというプロレスが元ネタであった筈だ。

 で、確かめてみると、やっぱりそうだ。

 プロレス団体「WWE」の名物()し物に、WWEの社長とプロレスラーが闘い、負かされてしまった社長がブチ切れて、レスラーに「お前はクビだ!」と怒鳴りつけるというのがあったそうだ。それがトランプ氏のキメ台詞(ぜりふ)の元ネタなのである。

 そのWWEの社長と言うのがビンス・マクマホン氏であって、今般ニュースに報じられているリンダ・マクマホン女史の亭主なんである。

 トランプ氏はビンス・マクマホン氏と長年の友人で、ある時などプロレスの勝敗を賭け、負けた方が丸坊主になるというフザけた演し物をやり、勝ったトランプ氏はリング上でバリカンを手にニヤニヤとマクマホン氏を丸坊主に刈ってしまったこともあるという。ネットにこんな写真が転がっている。

 アメリカ政府は日本と制度が違っていて、国会議員は閣僚をやらない。なので、こうした人事を行うのだそうな。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください