転記;生粋の右翼は武士道なんか嫌いだ

投稿日:

 今朝、「私の先祖は百姓で、武士なんかではない、だから武士でもないクセに武士道武士道言う奴は嫌いだ」みたいなことを書いたが、それを転記しておきたい。


似非(エセ)武士

 あー、……。

 別の方向からだけど、実は私も、武士道武士道言うの、嫌いなんだよな。武士道武士道と連呼されると、へっ、何が武士だよ、……と鼻白んでしまうのだ。

 軍人勅諭を読んでいると、

以下引用、ルビは佐藤俊夫による。

……打續(うちつづ)ける昇平に()れて朝廷の政務も(ようやく)文弱に流れけれ()兵農おの()から(ふたつ)に分れ(いにしえ)の徴兵はいつとなく壯兵の姿に(かわ)り遂に武士となり兵馬の(けん)は一向に(その)武士()もの棟梁たる者に()し世の(みだれ)と共に政治の大權も(また)其手に落ち(おおよそ)七百年の間武家の政治とはなりぬ世の樣の移り換りて(かく)なれるは人力(ひとのちから)もて挽回す()きにあら()とはいひなから(かつ)(わが)國體(こくたい)に戻り且は我祖宗の御制(おんおきて)に背き奉り浅間(あさま)しき次第なりき……

 ……と、明治大帝が武士の世を「あさましき次第なりき」とまで言って嘆いていることがわかる。

 そういうわけで、私のような右翼は武士道なんか嫌なのである。だいたい、私の先祖は武士ではない。百姓だ。百姓がなんで武士道なんだ。知るかそんなもん、と言いたい。

 武士の方から見ても、武士の風上にも置けないという程度ならまだしも、ハナッから武士なんかではないヘナヘナしたカスみたいな連中が武士道だ武士道だ言うのは、武士に対する侮辱みたいなもので、迷惑だろう。


 だから、さ、なんだか流行の武士道が好きな人は、カタカナで「サムライ」って書くように――これを私は「カタカナザムライ」と名付けてみた――武士道も「ブシドー」って書いてもらいたい。

BUSHI(ブシ)DO(ドー)

……な? あんたらの大好きな、いわゆる国際社会に通用する、チャラチャラしたかっこよさげな字面になるだろ?

 俺か?俺はそんなモンには帰依しないよ。虚像だもの。中身のわからない虚像に拝跪(はいき)しろって、無理言うんじゃねぇよバカヤロー。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください