屈折

投稿日:

 ハードディスクの隅っこの方を漁っていたら、「fortune.php3」というファイルが出てきた。かれこれ20年弱くらい前に書いたものだ。

 その内容は摘記すれば次のようなものであった。

fortune.php3
<?
$hitokoto[] = "事態は好転しない。";
$hitokoto[] = "どのやり方もダメだ。";
$hitokoto[] = "人生下り坂。";
$hitokoto[] = "おしまいなのか・・・。";
$hitokoto[] = "暗黒と涙。";
$hitokoto[] = "夜と冬。";
$hitokoto[] = "青函トンネルから出られない。";
$hitokoto[] = "・・・破綻。";
$hitokoto[] = "生涯に一度の光もなく";
$hitokoto[] = "即身仏が鳴らす鐘の音が止んだ。";
$hitokoto[] = "合掌。";
$hitokoto[] = "老いてゆく。";
$hitokoto[] = "永久の苦痛";
$hitokoto[] = "君のすべてが疎ましい。";
$hitokoto[] = "助けを求める声が次第に弱々しくなっていった。";
?>
<table>
<tr><td>ラッキーカラー:</td><td bgcolor="#ff7777">システムエラー あなたのラッキーカラーが見つかりません。</td></tr>
<tr><td>ラッキーナンバー:</td><td bgcolor="#ff7777">システムエラー あなたのラッキーナンバーが見つかりません。</td></tr>
<tr><td>ラッキー方位:</td><td bgcolor="#ff7777">システムエラー あなたのラッキー方位が見つかりません。</td></tr>
</table>
<p>
<center>今日の一言:<h2>「<?echo $hitokoto[rand(0,count($hitokoto) - 1)];?>」</h2></center>

 当時、何か、相当私は屈折していたのだな、ということがうかがわれるわけである。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください