デブ

投稿日:

 茨城県の「阿字ヶ浦海水浴場」へ行った。常磐道は空いており、快適なドライブだった。

 この前行った九十九里浜の「木戸浜」に比べると、やや海は汚い感じがしたが、ともかく楽しく遊ぶことが出来た。

 浜から歩いて2~3分の場所に「のぞみ」という日帰り温泉があり、ここでゆっくりフロを楽しむことが出来る。最初からこの温泉に入るつもりなのなら、海の家の休憩料や駐車料など払う必要はない。海の家は相場どおりで、駐車料1000円、休憩一人800円、家族4人なら4000円もふんだくられてしまう。でも、この温泉の客なら、屋外に設置されている更衣室などが使えるのだ。シャワーも公共のものがある。この温泉はなんというか、成分が濃く、顔なんかツルスベになる。日焼けに塩分がしみるが・・・。(ホームページ:阿字ヶ浦温泉のぞみ

 さて、今回も含め、この夏もプールや海に何度か足を運んだが、そのたびに思うことがある。

 デブが多い!!ということだ。

 なぜこうもみっともないデブが多いのだろう。

 日本人の9割はデブなのではないだろうか。遺伝子と関係があると聞いたことがある。その論によれば、アドレナリンβ3受容体なるものの変異が起こっていると肥りやすく、世界的には特にわれら日本人と、アメリカのピマインディアンという種族とが、この変異を非常に多く持っているらしい。

 あっ、でもいいですか、「あーなんだそうか、つまりデブであたりまえなんだ、ヨカッタヨカッタ」なんて油断しちゃいけないですよ。逆に痩せている人は、肥りやすい体質なのに痩せている、つまり努力怠りない、という論法が成り立っちゃいますからね、油断すると。

 デブが言いそうなセリフ;

「俺のは筋肉だ!!」

・・・あほっ。そんなプヨプヨした筋肉があるか。

「俺、太る体質なんだよな」

・・・あほっ。メシだけ食って寝そべってりゃ誰でも太るわ!!

「少し肥ってるくらいのほうが健康なのよ!」

・・・あほっ。「『少し』肥ってる」!?「ものすごく太ってる」の間違いじゃねーか!?

 冗談はさておき、結局、日本は豊かだということだろう。貧乏人でも、体を動かさずに十分に食事はできるのだ。

 デブは醜いが、しかし日本の豊かさをあらわしてもいる。

 デブたちよ、その醜い腹回りの脂肪で、日本の豊かさを誇示してください。あ、私ですか?あー、すいません、私はその役回りは遠慮させていただきますんで。醜いのはイヤだから。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください