応用曲「エリーゼのために für Elise」その1

投稿日:

 今日も朝からせっせと「エリーゼのために」を練習した。

 弾けたと思うので、映像と音を残して、練習をひと段落したいと思う。

 今ブログの記事をひっくり返して見ると、楽譜を読み始めたのが春、今年の3月17日だ。既に夏、秋を過ぎ、季節は冬となった。かれこれ、8ヶ月あまりが過ぎている。

 おそらく、こんなに「エリーゼのために」ばっかり練習したと言う人など、いくら初心者とはいえ、そうざらにはないだろう。自分の覚えの悪さと先行きを思うと、まるで細菌の類が培養液の中から天を仰いでいるようなものだ。

 子供なんか、小学1年生や幼稚園児がこの曲を立派に弾くのだ。

 だが、私は子供ではないんだし、立派な教育を受けたピアニストとも違う。独学のオッサンだ。だから、これでいいのだ。

 ともあれ、楽しみにしているピアノだ。これからも折に触れてこの曲をよく練習し、練度向上につとめたいと思っている。

「応用曲「エリーゼのために für Elise」その1」への6件のフィードバック

  1. 納得がいく演奏ができたそうで
    お慶び申し上げます。
    これからは楽しんで
    鍵盤に触れられるのですね。
    荒川静さんがプロに転向されるときの想いとなんだか重なりました。(謎
    今朝でかけるときに
    上からエリーゼのためにが聞こえてきて
    さとさんも練習してらっしゃるのだろうなと思いながら出かけました。

  2. >ゆみ様
     実は2~3、怪しいところもあるのですが、全体像が気に入ったから、これで良しとしました。
     でも、今使っている教範には、更にあと1曲、応用曲があり、それをどう片付けてくれようかと思案中です。

  3. 出ましたね、《その1》。待ってました!! と言う感じ[E:happy01]
    安定した素晴らしい演奏ですね。前回の動画でも既にステキでしたけど♪
    いやでも、改めてわたしには弾けへんなぁ~と、感心しきりです[E:shine]
    今後の演奏記録も楽しみにしておりま~す!!

  4. >ぴよこ様
     過分のお褒めコメント、ありがとうございます。
     怪しいところなどが実は多々あるのですが、自分としては演奏全体の像は、素人なりにそれほどおかしくもあるまいと思いましたので、これを「その1」としました。
     実に8ヶ月あまりを練習に費やしました。最後の方は進歩も頭打ち状になり、なかなか苦労しました。
     今、次の曲の楽譜を読みつつありますが、さて、いったいどれくらいかかることやら(笑)。
     ぴよこ様のブログも折々拝見しておりますが、「少年時代」、楽しくやっておられるようで、なによりです。また「卒業写真」の演奏の時のような映像を拝見したいものです。
     ともあれ、お互い楽しく稽古をいたしましょう。

  5. 素晴らしい演奏、拝見、拝聴いたしました。「ピアノ道」というに値する、永年の修練の賜物、感動です。これからも、ドンドン、新しい曲にチャレンジされますことを祈念しております。

  6. >パパ様
     いえいえ、私ごとき、とても「ピアノ道」と言うには程遠い、遅々としてかつ拙々劣々、こうも誉めてくださってはもったいないと言うものです。
     折りも折り、また春、次女と連弾をやることになりました。どんな曲を弾くのかまだ不明ですが、とりあえずそれまで、一時、教則本の練習曲はおあずけになりそうです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください