マルコムXの孫とWTC

投稿日:

 昨日久しぶりに愛蔵の名作DVD「マルコムX」を見た。なんとなれば、昨日マルコムXの孫のシャバズ氏がブラジルで殺されたことをニュースで知ったからである。

 マルコムXはいわずと知れたブラック・モスレムの活動家である。日本で言えば大正時代に生まれた人物であることを思うと、彼がどのように育ったかが想像できる。

 DVDでは、主演のデンゼル・ワシントンが、もう、笑っちゃうくらいソックリにマルコムXに扮している。デンゼル若いなあ、と思ってDVDのパッケージ裏をヒョイと見ると、公開は平成5年(1993)とあるから、なんともう20年も前だ。

 平成5年というのは、WTCの地下駐車場で爆破テロがあった年である。9.11の陰に隠れて忘れられがちであるが、これもやはりイスラムの連中が「やっちまった…」ことであった。

 WTC地下駐車場の爆破テロが起こったのは平成5年の2月26日である。他方、アメリカでこの「マルコムX」が公開されたのは、それに先立つ平成4年の冬、11月18日だ。日本では爆破テロの1週間前、平成5年の2月20日に公開されている。

 昨日のニュースでは、旧WTCの跡地に建設されていた「WTC1」がついにもとのWTCの高さに達したとも報じられた。一昨日、5月10日のことであるという。

 「どうだこの野郎」と言わぬばかりのアメリカ人らしい復興が、憎たらしい。しかし、9.11で亡くなった多くの人たちは、そんなアメリカの唱える正義などになんの関係もない弱者でもあった。そしてなおアメリカが、アフガンで、イラクで繰り広げた、9.11で亡くなった人たちの数十倍にも及ぶ報復のための殺戮もまた、国や活動家とは何の関係もない弱者に指向されたことを、同時に弁えなければならぬ。

 ヒロシマもナガサキも、帝国政府の無策と無能によって招き寄せられた当然の帰結だと強弁し、日本人は罪の意識のもと反省し続けなければならないとするなら、WTCの炎上と倒壊もまた、アメリカ政府の傍若無人と破廉恥によって下された審判であったとして永久に反省されなければなるまい。核爆弾に比べれば、9.11なぞ、ほんのお遊び程度の可愛らしい規模でしかなかったが…。

 アメリカが完全民主主義と自由を標榜すればするほど、独裁を保持するアメリカ大統領などではなく、アメリカ合衆国国民自身、一人ひとりが9.11を招き寄せたという論理が成り立つことになる。だが、アメリカ政府の誘導よろしきを得て、9.11を正義実行の懐かしい追憶点として涙するアメリカ人はいても、自らの罪を反省するアメリカ人などいるまい。

 そして、多くの日本人がそれに同調していることも、あまりにも悲しい。日本では、イスラムに攻め込むアメリカに協力することは国是であり国益への寄与であるとされる。

 そんな思いが、麻糸のように千々に乱れる、昨日の映画鑑賞であった。

マルコムX [DVD] マルコムX [DVD]
価格:¥ 1,500(税込)
発売日:2006-11-02

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください