同僚の佐藤

投稿日:

 ともかく、同僚の「佐藤俊夫」こと「サトウ ト シオ」こと「砂糖と塩」である私としては、亡くなるまで煮溶かされなくて済んだわけである。半身の「塩」は入っていないから(笑)。

私だ

投稿日:

 自宅リビングのテーブルに私を発見。

 ……って、意味わかる人、挙手(笑)。