年末なので

投稿日:

 忠臣蔵関係がなんとなく読みたくなり、グズグズしていたら、職場の上官が井上ひさしの「不忠臣蔵」を貸してくれた。

 フザけた内容だとばかり思っていたのだが、意外にもマジメな内容だった。

 表題の「不忠臣」とは、実は忠臣と言われる四十七士なのでは、などと思わせる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。