デケェ(ささや)き声

投稿日:

 あれはたしか、定年で自衛隊を()める1年くらい前、最終ポストの、情報セキュリティや守秘の責任室長(情報保証・保全室長)をしていた頃のことだったか。新コロの猖獗(しょうけつ)っぷりたるや、もはや最大火力と言ってよいほどの猛威を極めていたが、紙の秘密文書を(つかさど)らなければならない仕事の特性上、テレワークへのシフトが難しく、私はガラ空きになってしまった通勤電車で毎朝毎晩、自宅から市ヶ谷まで通勤していた。

 その日、私は早めに仕事を切り上げ帰りの電車の中の人となった。都心から北千住に向かう日比谷線は三ノ輪と南千住の間で地上に出る。次第次第に陽永(ひなが)となる心地よさ、暮れ(なず)んでいる黄色い光の中を電車はのんびりと走っ “デケェ(ささや)き声” の続きを読む

ほんのわずかの時間くらい

投稿日:

 東京勤めが長い。埼玉の住居(すまい)から都心まで満員電車で通勤するようになってから、はや20年以上が過ぎた。

 ここ数年感じることだが、満員電車に乗り降りする時や、混雑した駅のホームを歩くときに、ずっとスマホを操作している男が多く、これが前にいると実に迷惑極まる。スマホの操作に夢中になっているため、降車する客の邪魔になる場所に立ってしまっていたり、2秒3秒、歩き出しが遅れて、後ろの人の邪魔になっている。ホームを歩きながらスマホを操作している男も、どうしても歩度が遅くなり、混雑時など後に続いている人の迷惑になっている。

 他人のスマホの画面をのぞき込む趣味は私にはないが、し “ほんのわずかの時間くらい” の続きを読む