読書

投稿日:

 引き続き平凡社の60年前の古書、世界教養全集を読んでいる。

 第23巻の二つめ「ベーリングの大探検 Vitus Berings eventyrlige opdagerfærd」(S.ワクセル Sven Waxell 著・平林広人訳)を行きつけの蕎麦屋「SOBA満月」に並んでいる間の待ち時間に読み終わった。

 ところで、この巻の最初、S.ヘディンの「シルク・ロード」を読み終わったのが去年の8月22日だ。それから半年ほど経っているのだが、どうしてこんなに間が開いたのかと言うと、その間の9月30日に定年で自衛隊を辞め、今の会社に就職して忙しかったので、ゆっくり本を読んでいる暇がなかったからである。

 さて、この「ベーリングの大探検」。今から300年近くも前、日本で言うと江戸時代に、ベーリング率いるロシア帝国の探検船隊は北太平洋アリューシャン列島を踏査し、島伝いに東方遠く、米国の西海岸までを極めたという。途次日本の周囲を遊弋して沿岸にも立ち寄っている。この記録は日本側にも異国船の記録として残されていて、ベーリングの探検の裏付けとなっている。

 ただ、ベーリングは天候に悩まされ、その名を後にまで残すこととなったベーリング島へ避難してその地で帰らぬ人となり、数千人いた探検隊も著者ワクセルとともに生還し得たのは40人ほどであったというから、凄まじい大探検である。

 引き続き第23巻「暗黒大陸 Through The Dark Continent」(H.M.スタンレー Henry Morton Stanley 著、宮西豊逸訳)を読む。

日常雑々

投稿日:
ブルース・ハープ

 若い頃からハーモニカは好きだ。同音が上下2列になった所謂(いわゆる)「クロマチック」で舌を使って伴奏を付ける吹き方など “日常雑々” の続きを読む

写真詠「ホテルのエレベータホール」

投稿日:
きつぱりと引戸も(とじ)寒の入(かんのいり)
大寒(だいかん)やゲームすら(はや)過去のこと
エレベータ(くち)がばと()け布団まで
外套(がいとう)の男宿さへがらんだう(がらんどう)
はや〴〵と寝るこそよけれ隙間風(すきまかぜ)

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #jtbt

 「夏雲システム」で関谷氏が運営しておられる「じたばた句会」に投句したものです。

Jetpackもうやめようかな

投稿日:

 TwitterやFacebookにブログの記事をクロスポストするために、Jetpackを愛用してきた。

 しかし、最近、「使うんなら年に15,000円払えや」みたいなメッセージが出るようになった。

 もうやめようかな、Jetpack。

テーマ詠「小さくて丸いもの」

投稿日:
チョコ粒を貰ふ手袋脱ぎて(ゆう)
母死にて捨つる粒肥(りゅうひ)寒椿(かんつばき)
摩天楼毛糸帽子と一セント
隙間風細胞膜の謎はまだ

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #jtbt

 「夏雲システム」で関谷氏が運営しておられる「じたばた句会」に投句したものです。

今週のさえずり季題

投稿日:

今週のさえずり季題

投稿日:

当季席題詠「去年今年(こぞことし)

投稿日:
あと引きてチョコをさながら去年今年(こぞことし)
去年今年歯で糸切りて納めけり
レンズには去年今年てふ虹の紋
去年今年一盞(いっさん)(おし)みつゝ(いね)
(いまし)にも梵字梵鐘去年今年

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #jtbt

 「夏雲システム」で関谷氏が運営しておられる「じたばた句会」に投句したものです。