時事片々

投稿日:
アシュケナージ氏引退

 世界的ピアニスト、稀代のヴィルトゥオーソにして指揮者、ウラディーミル・アシュケナージ氏が引退するのだそうな。

 「えっ、この人、82歳にもなってたんだ!?」という気がする。

 最近、俳優でも歌手でも政治家でも、自分が知っている有名人という有名人は、みな老人になってしまっている。若い人の名前なんて知らなかったり皆同じ人に見えたりする体たらくである。

 職場の人なんかも、先輩たちは最早(もはや)(ほとん)どが定年で辞めてしまい、消えてしまった。

 寂寥(せきりょう)

上皇后陛下、皇后陛下と書けないものか

畏し

 「可能性」とか「実現か」という言葉の選び方も品がない。「さま」付けとは言え御名前を(じか)に書くなど(おそ)れ多い。せめて「皇后陛下合同御静養へ 上皇后陛下と 18年ぶり」というふうに書けないのかな。

 まあ、しかし、なにせ週刊誌のことだから、そんなことブツクサ言ってもしょうがないと言えばしょうがないか……。

英国王室はこういうところがアケスケだよねえ……。

 これからはヘンリー王子殿下でなく、「ヘンリーさん」「ヘンリー氏」になってしまうわけだが……。

 それにしてもしかし、こんな何不自由なく暮らしてきた人物が、突如一般人になって、公金や年金を返上しちゃって、まともに暮らしていけんのかねえ。よその国のことながら、心配になってしまう。

 ところで、英国王室で「ワシはもう、辞めるッ!」って言って辞めちまった人、というと、エドワード8世国王がすぐに思い浮かぶ。今のエリザベス2世女王の伯父(おじ)さん(父ジョージ6世国王の兄)にあたる。

 この人は明治27年(1894)に生まれ、昭和47年(1972)に亡くなっているが、離婚歴のあるアメリカ人と結婚するため、さっさと国王を退位してしまったのである。この頃のイギリスというと、まさしく世界帝国であって、アメリカ大統領よりもよほど権勢のあった時代だと思うが、それをかなぐり捨てて「愛に走った……」わけである。

 ところが、「だいぶ新しめの変な人」だったので、その後ナチス・ドイツやヒトラーを褒めちぎったりしたものだから、「イギリス王室の厄介伯父(やっかいおじ)」そのものとなってしまった。だって、ドイツは敵国なんだから。当時みんなで「あの困った伯父さんは~……」とため息を()いたとか吐かなかったとか。
 

オヤ、おめでたいこと

 右は朝日のYouTubeチャンネル。


 少子高齢化の折柄、まことにおめでたいことである。滝川クリステル氏は42歳にもなっての初産(ういざん)であるので、未婚あるいは未産の女性には、一つの刺激にもなると思う。

当たらずとも遠からず、ってとこ(笑)

 腹抱えて笑ってしまった。

 ま、私に言わせればどちらも似たようなもんだが。

寒夜

投稿日:
寒夜また夢に見るあのひとは鬼   佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

薬喰(くすりぐい)~SOBA満月~読書

投稿日:

 薬喰(くすりぐい)」で一句詠んだりなぞしていると、何やら今晩、肉でも食ってみようかという気にもなる。

 薬喰と言えば無論、冬の牡丹(ぼたん)鍋に紅葉(もみじ)鍋、桜鍋あたりの肉料理のことである。その昔、肉は表向き禁忌で、喰うなら隠れて喰うべきものだったそうだが、山鯨(やまくじら)だの(かしわ)だのと言う隠語も公然として、もはや人目を(はばか)るということ自体が形式でしかなかったようである。

 だが維新後、明治大帝におかせられては「ひとつ(ちん)が文明開化の手本を」とて肉をお召し上がりになり、これを契機に肉食が大いに普及した。日本はそんな時代から、まだ百数十年かそこらしか経っていない。

 ともかく、薬喰は冬の季語とて、今日も寒い。高校3年生は今日センター試験であるという。このところ毎年のことだが、センター試験と言えば東京周辺は雪と決まったもので、今日も雪交じりの冷たい(みぞれ)が降った。

 読みかけの古書、平凡社の世界教養全集第5巻「幸福論/友情論/恋愛論/現代人のための結婚論」を携えて、行き付けの蕎麦店・南越谷駅傍「SOBA満月」へ足を運ぶ。

 今日の蕎麦前は、新メニューの「白子ぽん酢」に新潟の銘酒「吉乃川」をぬる燗で2合。「白子ぽん酢」は昨日から始めたばかりの肴メニューなのだという。この店で魚介の生ものは珍しい。新鮮でみずみずしくクリーミーで、紅葉おろしと(あさつき)の、なんと合うこと。付け合わせに和布(わかめ)と胡瓜の飾り切りが入り、さっぱりする。

 読書しつつ酒を飲み、飲み終わったら蕎麦にする。今日は寒いから、「卵とじ蕎麦」にする。

 熱々のかけ蕎麦に、フワフワのとじ卵がたっぷりかかり、三つ葉と葱のアクセントがおいしい。ふうふう吹きながら手繰り込み、半分ほど食べて、やおら七味唐辛子を効かせると、寒さなどどこへやら、芯からホカホカと温まってくる。

 飲み喰いしつつ、本を読む。

 「現代人のための結婚論」は、結婚ということそのものについては勿論のこと、結婚後の夫婦の日常生活についても多く言及している。それが、夫婦間だけではない、職場の人間関係などにも大いに参考になる、強く共感を覚える示唆を沢山(たくさん)含んでいて、意外に納得感の強い読書となっている。私にとってこの評論は、同じ巻の他の評論に比べて、最も共感が強く、理解もしやすい。

気に入った箇所
平凡社世界教養全集第5巻「幸福論/友情論/恋愛論/現代人のための結婚論」から引用。
他のblockquoteタグ同じ。

p.438から

 そこに相互性のない愛情を私たちは愛情と呼ばないことにしよう。たとえば、私はイヌを愛する、なぜならイヌも私を愛しているから、という場合はよい。けれども、私は着物を愛するという場合には相互性がない。だが、これだけでは愛情の規定としては充分でない。親子間、夫婦間、恋人間の愛情は相互性をもってはいるが、この相互性ということだけで、「私は愛情のために結婚した」という場合の、愛情の性質を説明することはできない。愛情は人間がちがえばちがった事がらを意味する、というのは、その人々の生活の背景や経験や年齢によって愛情の意味がちがってくるからだ。

p.457から

成熟した人間は服従をとおして真の自由を見つけ出す。ところが未成熟な人間は不服従によって自由をかち取ろうとする。

p.461から

成熟した人間はその行動をコントロールする。

 これはわかりきったことだ。だが、たいへん重要なことだ。自分をコントロールするとは、手っ取り早く言えば、将来のために現在の苦痛や不満を我慢するということだ。自分の現在の欲望や衝動だけを行動の原理とする人間は成人になっていないわけだ。子どもというものは現在の欲望をコントロールすることができないからだ。多くの学生結婚はこうした未成熟の結果であることが稀ではない。彼らは待つことができなかったのだ。自分をコントロールするとは、「待つ」ことができるということだ。

 つまり、自分をコントロールする人間の行動は、苦痛とか快楽とかいったものではなく、むしろいろんな原則に基づいて決定されるわけだ。若い人はしばしば、成人になれば何でもかってにできるのだと考えたがる。言いかえれば、自分の行動を制限するものがいっさいなくなること、それが成人になることだと考える。けれどもそんなふうに考えることは、彼がまだ成人になっていない、未熟であることの証明でしかない。成人とは成人の行動原則を自分に課する人間のことだ。たとえば、子供は他人の思想や行動のプライヴァシイ(私的な性質)をいっさい認めようとしない。だが成熟した成人は他人のこのプライヴァシイを充分認める。

p.474から

とにかく、なぜある人間が現在あるような人間であるのか、このことをもし私たちが理解するならば、たといそのような彼を変えることができなくても、私たちと彼との関係をいくらかでも気持よいものにさせることになるだろう。つまり私たちは彼の行動を変えさせることはできない。しかし私たちは彼の行動について私たちの解釈を改めることはできる。そしてこの事自体、意義のあることなのだ。

 上の部分、実に、職場での人間関係においても適用可能な示唆に富む。

p.477から

 忠告(アドバイス)もむずかしいものだ。相手が忠告を求めていないときに忠告するのは、無用であるどころか、有害かもしれない。それに忠告は命令ではない。だがしばしば、私たちは忠告と命令とをとっちがえる。命令だったら、相手がそれを守ってくれるか否かを見守る必要がある。だが忠告は、相手がこれを受け入れようが受け入れまいが、本当はこっちの知ったことではないのだ。世の中には何かをさせようとこちらから働きかければかけるほど、しりごみする人がいる。劣等感がそうさせるのだろう。こういう人に対しては、こちらが相手にしてやる、あるいは相手を助けてやるよりも、相手をしてこちらの手伝いをさせるように仕むけることだ。相手がこっちのために何かを自発的にするように仕むければ、やがて劣等感という心のシコリはほぐれるだろう。

 この部分も夫婦間ではなく、職場における上下関係などにおいても適用可能な示唆に富む。

p.477から

夫婦は大いに話し合い議論し合った方がいいという意見がある。だが、本当はそういうことはむずかしい。なぜなら、議論というものは表面上は理性と論理の上に立っているように見えるが、じつは感情(エモーション)の上に立っている場合が多いからだ。

P.478から

議論のきっかけが相手の行動や考え方に対する反駁であるとすれば、へたな議論をしないためには、この反駁や反論を中途でやめるというか、「反論はできるのだが、今はしたくないのだよ」という態度を示すことがいい。反対論をしばらく括弧の中にくるみこんでしまう態度、それが「寛容」といわれるものだ。

 上の箇所も前の箇所と同じく。

p.479から

 相手につまらぬことで干渉しないことだ。

 さらにまた、もし諸君が小さなつまらない事がらで相手と意見が一致している、そして一致していることをお互いに気持よく認め合うことができれば、大きな事がらで意見が一致しなくても、諸君は平静にまた効果的に相手を動かすことができる。反対に、諸君が日常の小さなつまらないことでいつも妻と意見を異にしているとすれば、重大な問題で、意見を一致させることはたいへんむずかしくなる。

 上の箇所も前の箇所と同じく。

言葉
暁天(ぎょうてん)の星

 勿論、読んで字の如く、明け方の星のことであるから、「数が少ないこと」を言う。

引用元前記と同じ。下線太字は佐藤俊夫による。

外から与えられるものを素直に受け取って、そのままそれを実行するような従順な、あるいは個性のない人間なんて、いまどき、暁天の星ほどにもおるまい。

薬喰(くすりぐひ)

投稿日:
屁理屈を箸で指しつゝ薬喰(くすりぐひ)   佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

今週のさえずり季題

投稿日:

イランと胡乱(うろん)

投稿日:

 このところパリサイ(びと)の地方がきな臭い。……などと書いてみる。

 聖書にはよく「パリサイ人」という言葉が出てくる。これは「ペルシア人」の古い読み方だそうだ。ともあれ、聖書の時代にはイスラム教はまだ成立しておらず、教祖マホメットが活躍したのはナザレのイエス入寂(にゅうじゃく)後600年程も()ってからのことであるから、パリサイ人と呼ばれていた頃のこの人々は、異教徒と言うわけでもない。パレスチナに連なる近隣の地方の、未分化な宗教の混沌の中に彼らもまたいたのだろう。

 ペルシア、というのも、もはや古い言い方だが、これはイランのことと思って差し支えはない。往古、漢語ではペルシアのことを「()の国」と呼んだ。これは夷狄(いてき)とか戎蛮(じゅうばん)とか言う言葉につらなる蔑称(べっしょう)で、良い言い方ではないようだ。当時の大陸文化を敏感に感じ取っていた日本では、「胡」とだけ書いて、やまと言葉で「(えびす)」という()みもあるほどである。神様の「ゑびす様」ではなく、わけのわからぬ異民族を(さげす)んで「えびす」と言う。

 だがしかし、昔の「胡」「ゑびす」という字や言葉には、なんとも言えぬエキゾチシズムへの(あこが)れも、込められていたのではないかと、私は思う。

 「胡」と言う字はIMEのかな漢字変換ではなかなか出てこないが、「胡椒(こしょう)」と入力すれば一発で出てくる。

 「胡椒」。日本料理には「山椒」、中国、特に四川料理には「花椒(かしょう)」すなわちホァンジャンがあることから見てわかる通り、「椒」は香辛料であるから、「胡椒」とは「ペルシアのほうの香辛料」とでもいう意味であろう。だが、中国から見て、産地がペルシアであろうと、はたまたインドであろうと、ともかく「なんだかよくわからない外国の香辛料」ということであって、必ずしもペルシアを指したものでもなかろうが、まあ、「あこがれ高き、遠き異国の香辛料」というほどの意味と理解しても、それほど大きな間違いでもあるまい。

 漢語にはこの「胡」がついた言葉が多い。香辛料で「胡椒」は上掲の如し、食物に「胡瓜(きゅうり)」、服に「胡服(こふく)」(呉服(ごふく)ではないので、為念(ねんのため))、楽器に「胡弓(こきゅう)」、生活起居に「胡坐(あぐら)」、住居や化粧に「胡粉(ごふん)」……等々、である。様々なものがシルク・ロードの西の方、不思議な謎の異国・ペルシアのものとして伝えられてきたのであろうことが、これらの漢語から(うかが)われる。

 「()」は、後に「()」とも読むようになった。別のエントリに書いたことがあるが、これは「漢音」「呉音」の別である。古い時代、(すなわ)ち漢の時代には「()」と読んだが、呉の時代には「()」と読んだのである。

 「胡」の字を「う」と読むとき、どうも、調子が違ってくる。「こ」と読むときには、上掲の様々な単語からもなんとはないエキゾチシズム礼讃の香りがそこはかとなく漂ってくるが、「う」と読むときの代表単語は「胡散(うさん)臭い」「胡乱(うろん)な奴」である。どちらも「怪しい感じ」「危ない、怪しい奴」の意味で言う。「胡散」は、直接には中国から見て西方の異国の、なにやら不思議の怪しい散薬(こなぐすり)を言い、胡乱とは恐らくは呉以降の時代の中近東の情勢が定まらず、不安定であったところから、「よくわからない危険さ」などを言うのだろう。

 さてこそ、今日(こんにち)のことを思う。私はイランという国が好きなのだが、ウクライナの旅客機など誤射撃墜して世界に詫びているようでは、どうもいただけない。これぞ「胡散(うさん)(くさ)く」「胡乱(うろん)な……」国、と言われても致し方あるまい。

 こんなことからして、またしても中東がきな臭いようだ。「きな臭い」というのは、元は可燃物の焦げる臭いよりする火事の前兆から転じて、一発撃った硝煙の臭いのことを言う。

 皆さんは、硝煙の臭いを嗅いだことがあるだろうか。普通の人は、硝煙の臭いなどあまり嗅いだことはないと思う。往古の「糞便の臭いのする」硝煙も、また臭いは異なる。花火の臭いともまた違う。現代の銃火の(にお)いは、酸の臭いのまじる、化学性の、快からざる臭いである。

 何にせよ、「胡の国(イラン)胡散(うさん)(くさ)い事件を起こしてしまい、胡乱(うろん)で、きな臭い」なんぞと書かれては、どうにもこうにも情けないことであり、道徳きびしき清潔の国にしては、恰好がつかない。

 ホメイニ氏により米国の(くびき)を逃れて復古を果たした誇り高きイスラムの独立国よ、本来の静謐で信心深い人々に戻り、正義を掲げて、しっかりしてほしい。

異世界転生もの

投稿日:

 最近あまり書店に行っていない。ずっと平凡社の古書「世界教養全集」ばかり読んでいることと、仮にそれでなくても、Amazonで本を求めることが多くなってしまっているからだ。

 そんな最近ではあるが、一昨日、新越谷駅近くの蕎麦屋「SOBA 満月」さんへ蕎麦を手繰りに行った帰り、珍しく新越谷VARIEの旭屋書店へフラリと入ってみた。

 漫画の棚へ行ってみた。以前はBL(ボーイズ・ラブ)ものばかりが並び、腐女子が(たむ)ろして瘴気(しょうき)が立ち込めていた(あた)りの品揃えがガラリと入れ替わっていて驚いた。

 全部「異世界転生もの」に入れ替わっていたのである。

 異世界転生ものについては、去年、私が司会をしているささやかな読書サークルの参加者から「最果てのパラディン」(柳野かなた著)という本を教えてもらい、そういうジャンルが流行している、ということを知ったばかりである。残念ながら私はこの「最果てのパラディン」については未読なのであるが、その参加者女史によると大変面白いのだという。

 最近の漫画売り場は「体験立ち読み」サンプルが吊るしてあるなどして親しみやすくなっている。旭屋には「とんでもスキルで異世界放浪メシ」(赤岸K著)というのと「異世界おじさん」(ほとんど死んでる著)の2冊の、それぞれ第1巻が立ち読み可になっていた。

 2冊とも読んでみた。どちらも非常に面白かった。

 特に二つ目の「異世界おじさん」は、もう既に異世界放浪は終了して通常の世界へ戻ってきたところから話が始まっていて、もうプロットのバリエーションもこれくらい拡がっているんだな、と感じられた。

 しかし、どちらも続巻は買わなかった(苦笑)。今別の本(言わずと知れた平凡社の世界教養全集)を読んでいるからである。

 なにしろ、コッチのほうは親の生前形見分けみたいなもんだからタダだし。

禁則処理を厳しく

投稿日:

 このブログの禁則処理が気に入らない。「読書」の記事に「マチルデ・デンボースキー」と人名を書いたら、長音(-)が行頭に来てしまう。

 そこで、子テーマの「style.css」の中に、「line-break: strict;」を書き加える。

 具体的には、「wp-content/themes/twentysixteen_child/style.css」の次のところに、下線赤字のように書き加えた。

body,
button,
input,
select,
textarea {
	color: #1a1a1a;
	font-family: 'MS 明朝', 'serif';
	font-size: 16px;
	font-size: 1rem;
	line-height: 1.75;
	line-break: strict;
}

靖国神社の元宮と鎮霊社

投稿日:

 昨年の終戦記念日、靖国参拝の折、いつもは立ち寄らない「鎮霊社」に立ち寄った。

 だが、その時は、数年前に爆破未遂事件を起こした韓国人テロリストのせいで立ち入りが制限され、参拝できないようになっていた。やむなく、できるだけ近くに行って、遥拝した。

 靖国神社の鎮霊社は、戦死した我が国の英霊には含まれない、世界各国のあらゆる戦没者を鎮め祀る社である。

 先週、年始に参拝したところ、通行止めがなくなって裏の日本庭園の方まで回れるようになっており、鎮霊社の傍まで行くことができた。

 依然、鎮霊社そのものは高い柵に囲まれ、社前まで行くことはできないが、ごく近くまで寄って遥拝することができた。

 写真には奥と手前と、二つの御社(おやしろ)が写っているが、奥が元々の靖国神社の前身であった「元宮」、手前が「鎮霊社」である。

 由来の札を撮影することができた。

 次のように書かれている。

 鎮霊社

 明治維新以来の戦争・事変に起因して死歿し靖国神社に合祀されぬ人々の霊を慰める爲昭和四十年七月に建立し萬邦諸国の戦歿者も共に鎮齊する。

 例祭日 七月十三日

成人の日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日「成人の日」である。

 新成人が幸せな人生を送れるよう、励まし、祝いたい。

 世界は混迷の度を増し、政府は贈収賄によって腐敗著しい。外国では戦争の予兆か、硝煙の焦げ臭いにおいが漂ってくるような感じがする。

 だが、それでも、新成人の皆さん、幸せに生きることは可能である。幸福は自分の心の中に置くことができる。