身体(からだ)

投稿日:
秋色(しゅうしょく)もあれ豆腐切る指の先
黒髪や葉月尽くれば潮は満つ
宵闇や点呼の狂気枯るゝ喉
八朔の排気轟々腹据ゑつ
稲妻に五臓透きたり生くる道

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #jtbt

 「夏雲システム」で関谷氏が運営しておられる「じたばた句会」に投句したものです。

()(づき)

投稿日:
柚味噌焼く客なきしゞま(むし)()
拒否もあれ秋思こぼさぬやう(いね)
()(なが)らまだしも(あけ)の秋気かな
ホーム怒気ブレーキ叫ぶ葉月()
縊死(いし)跡に月天心を(こう)()とす

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

美術展覧会

投稿日:
墨走る翔ぶ日展の午後遅し
生き方に使()(そう)()らず美術展

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

今週のさえずり季題

投稿日:

ポテトチップス・ルームキー

投稿日:
月の菓子(いな)まず一句題すべし
貧しさも霧に一献つまみ物
情痴めく()(ばなし)に来て古酒ポテチ
使はざる鍵の形見に幾秋ぞ
螽斯(きりぎりす)使()(そう)(いな)める古ホテル

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #jtbt

 「夏雲システム」で関谷氏が運営しておられる「じたばた句会」に投句したものです。

 仮名遣いの誤りを修正しています。(『使わざる』→『使はざる』)

処暑(しょしょ)

投稿日:
盆の月一句題する病上(やみあが)
()(ごと)やむ親子の帰路や蚯蚓(みみず)鳴く
どの夢も(ほむら)さながら秋暑し
百舌鳥(もず)(にえ)(しのび)(がえ)しの幾晴雨
(ちゅう)(みつ)の実数みしと混む秋暑
閼伽(あか)澄みて無口の一家盂蘭(うら)(ぼん)()
()らば(むくろ)透けたり(ましら)(ざけ)

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

冬瓜(とうがん)

投稿日:
名を知らぬ酒友またゐて煮冬瓜(とうがん)
冬瓜を(あがな)ひ得ずよ病上(やみあが)
若夫婦冬瓜知らぬ騒ぎの夜

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

今週のさえずり季題

投稿日:

(やぶ)(からし)

投稿日:
廃村は胸ぬちに()(やぶ)(からし)
藪枯鏖殺(おうさつ)息も荒く捨つ
愛あらず(すん)()に咲きて藪枯

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

時事漫瞥(まんべつ)

投稿日:
死者があまり増えないことが不思議だ

 依然、新型コロナウイルスは(しょう)(けつ)を極めている。

 一日のコロナ感染者が2万人を超えることが常態化しつつあるのは憂うべきことだ。しかし、注意しなければならないのは “時事漫瞥(まんべつ)” の続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。