読書

投稿日:

 引き続き60年前の古書、世界教養全集を読んでいる。第21巻のうち3書め、「北の人」(金田一京助著)、早朝の通勤往路の、秋葉原の駅構内で、歩きながら読み終わる。

 金田一京助と言うと、私などが子供の時分、国語辞典の編者に必ず名前が載っていたものだが、実は私は、この人がどんな業績を残した人かはよく知らなかった。

 本書は金田一京助が若い頃から没頭した「アイヌの研究」に関する思い出などを記した随筆である。

 この書のテーマなど知らないままに読みはじめたのだが、この書によって金田一京助の業績の大きなもののうちの一つがこの「アイヌ研究」であることを、本書によって知った次第である。

 本書は、さすがは国語辞典の編者の筆頭に挙がる言語学者がものしただけあって、精緻であるにも関わらず平明で読みやすい。

 私などには、この書から、金田一京助その人の、アイヌ民族への限りない愛と尊敬、(むし)ろ平服心酔すらしているらしいことが感じられるのだが、最近の器の小さい人々がこの書を読むと、何分、昔の書なので、差別用語であったり、素朴を笑うような部分があったりするので、そういう部分に嫌悪を覚え、差別的であると断ずるかもしれない。

 読書と昔の人の評価は、時代の影響を割り引いてしなければならない。端的に言えば、江戸時代に切腹や打ち首があったから江戸時代が残酷で野蛮であったということにはならぬし、戦後すぐあたりまで日本の野菜が「下肥(しもごえ)」で育てられていたからと言って日本が未開で()(わい)な野蛮国であったということにはならないのと同様である。

言葉
題簽

 「簽」という字は「便箋」の「箋」と同じ意味であり、読みも同じ「(せん)」である。「題簽(だいせん)」というのは本の表題などを記して貼り付けるものだ。

平凡社世界教養全集第21巻「北の人」より引用。
他の<blockquote>タグ同じ。下線太字は佐藤俊夫による。p.215より

 たまたま題簽のお願いに柳田國男先生へ伺うと、それよりも「北の人」がよいではないかと、さっそく書いてくだすったのがすなわち本書の名となったのである。

囹圄

 「(れい)()」と読む。「囹」も「圄」も「(ろう)」の意味であり、囹圄は牢屋のことである。大和言葉では「ひとや」と言う。

p.269より

今のように日本語のよくできる者のなかった時代に、アイヌ部落を一身に背負って立ち、土地の官権を向こうに廻して、六年にわたる悪戦苦闘、ついに東京まで来て、大隈伯や西郷従道侯を動かして、首尾よく旭川土人の命、今の近文の給与地を安んじた偉功、そのためには最愛の妻の死にも帰らず、あまつさえ冤罪(えんざい)に問われて、囹圄(れいご)(うち)に囚われの悲壮な物語であった。

 次も同じく世界教養全集第21巻を読む。次は「東奥異聞」(佐々木()(ぜん)著)である。この書については、前3書と違い、この巻も4書目ともなってテーマに想像がつくし、何より、2書目の「山の人生」(柳田國男著)の中で何度か触れられているので薄々分かるのだ。

雛祭

投稿日:
(ひな)(まつり)写真の次女にロゼ()げば

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha #俳句ポスト365

 「俳句ポスト365」で中級・並選でした。

一字詠「鉄」

投稿日:
引鉄(ひきてつ)のなじかは痛き花の雨
たはむれの打鉄(うちがね)春に(ひうち)うつ
鉄脚も老ゆひと休み花ながら
恐ろしき鉄扇(てっせん)の師の春彼岸
鉄瓶の(たぎ)(かすみ)の庭古し

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #jtbt

 「夏雲システム」で関谷氏が運営しておられる「じたばた句会」に投句したものです。

花の雨

投稿日:
()る水の駅にかそけし花の雨
花の雨(きり)()の景気いまひとつ
()(りん)()む花の雨には(きり)()よき

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

今週のさえずり季題

投稿日:

読書

投稿日:

 引き続き60年前の古書、世界教養全集を読んでいる。第21巻のうち2書め、「山の人生」(柳田國男著)、早朝の往きの通勤電車の中、北千住と南千住の間のあたりで読み終わった。著者は前読書「海南小記」と同じ、日本民俗学の泰斗、柳田國男その人である。

 この書も一体何がテーマなのかわからないままに読みはじめたのだが、読んでみてなるほど、これは柳田國男一流の民俗学小論であることがわかった。すなわち、日本の各地に、誰某(だれそれ)が山に入って行って帰ってこなくなったとか、それが時折人前に姿を現すことがある、などの言い伝え、また或いは山男、山姥、(うぶ)()、巨人などの半ば神霊めいたものや神隠しなど、深山に対する畏敬が根底にあるとみられる伝承がある。これらは全国に様々な口碑などになって残っているが、うっすらとした輪郭に、なんとは言えない共通項の存在が感じられる。

 この書はそれらを概観しつつ、考察を加えるものだ。

 柳田國男は伝承や口碑を丹念に集積しつつ、ただ、しかし、結論めいたことはこの書ではあまりはっきりとは述べていず、後学の更なる継承を期待しているようである。

 この書で「サンカ」というものについて触れられている。サンカとは山中を住処とし、定住しない賎民のことである。この書以外の他の資料によると、柳田國男がこれについて取り上げたことによって山中に暮らす賎民の存在が認知され、昭和40年代頃には文学作品の題材などになり、一時はよく知られたものであったらしい。

 本書は、前書同様、文章に味わいがあって美しく、読みやすい。

言葉
香蕈

 「蕈」という字は音読みでは「シン」とか「タン」と読み、その意味は「きのこ」である。で、「香蕈」と書くと、「コウシン」か「コウタン」と読むのかな、と思いのほか、これは「重箱読み」の言葉で、「香蕈(こうたけ)」と読む。意味は「椎茸」のことであり、訓読みでそのまま「香蕈(しいたけ)」とも訓ませる。

  •  (モジナビ)
  •  香蕈(コトバンク)
平凡社世界教養全集第21巻「山の人生」より引用。
他の<blockquote>タグ同じ。下線太字は佐藤俊夫による。p.198より

 四 文政中、高岡郡大野見郷島の川の山中にて、官より香蕈を作らせたもう時、雪の中に大なる足跡を見る、その跡左のみにて、一、二間を隔て、また右足跡ばかりの跡あり、これは一つ足と称し、常にあるものなり。

丘壟

 「(きゅう)(ろう)」と読み、丘の高いところというほどの意味である。「丘隴」という字遣いもあり、読みも意味も同じである。「壟」「隴」とも小高いところという意味の漢字だ。

p.198より

丘壟の上に腰かけて大海のハマグリを採って食ったと言い、足跡の長さ四十余歩、広さは二十余歩とある。

踰ゆる

 これで「()ゆる」と訓む。「踰」という漢字には「またぎこす」という意味がある。

  •  (モジナビ)
p.198より

播磨風土記の多可郡の条にも巨人が南海から北海に歩んだと伝えて、その踰ゆる迹処、かずかず沼を成すと記してある。

迹処

 「迹」は「あしあと」という意味の漢字であるが、読みは「セキ」とも「シャク」とも読む。

  •  (モジナビ)

 で、「迹処」であるが、この組み合わせの単語に調べ当たらない。「迹処(あしあと)」と訓んでも「迹処(せきしょ)」と読んでも、どちらでも可ではあるまいか、と思う。

p.198より。但し、前の「踰ゆる」の引用部分と同じである。

播磨風土記の多可郡の条にも巨人が南海から北海に歩んだと伝えて、その踰ゆる迹処、かずかず沼を成すと記してある。

天地剖柝

 「(てん)()剖柝(ぼうせき)」と読む。

 「剖」は「解剖(かいぼう)」という言葉があることからもわかる通り「わかつ」こと、「柝」は「析」の別書で、「分析」という言葉にある通り、これも「わかつ」意味である。したがって「天地を分かち、()し上げる」というのが「天地剖柝」の意味である。

 しかし、「剖柝」でネットのQAサイトの回答などは見当たるが、信頼に足る辞書サイトはもとより、私の手許の辞書や漢和辞典などでもこの単語には調べ当たらない。

p.199~200より

つまりは古くからの大話の一形式であるが、注意すべきことはことごとく水土の工事に関連し、所によっては山を蹴開き湖水を流し、耕地を作ってくれたなどと伝え、すこぶる天地剖柝の神話の面影を忍ばしむるものがある。

匡す

 これで「(ただ)す」と訓む。「(ただし)」という名前の人がいるが、その「(ただ)し」である。意味は「(ただ)す」と同じ意味だと思ってよい。わざわざこの「匡」の字を用いるのは、「正」に比べると「矯正」というような、無理にまっすぐにするような意味合いがあろうか。

  •  (モジナビ)
p.206より

導く人のやはりわが仲間であったことは、あるいは時代に相応せぬ鄙ぶりを匡しえない結果になったかしらぬが、その代りには懐かしいわれわれの大昔が、たいして小賢しい者の干渉を受けずに、ほぼうぶな形を以って今日までも続いてきた。

 次も同じく世界教養全集第21巻を読む。次は「北の人」で、著者は柳田國男と学系を同じくする金田一京助だ。これも、どういう内容か全く想像がつかない。

春分の日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日「春分の日」である。自宅の軒先に国旗を掲げ拝礼する。

 畏きあたりにおかせられては春季皇霊祭を斎行あそばされるが、我々一般庶民の仏教の習慣でも彼岸の墓参をする。

 疫病、戦争、災害、悩みはつきないが、自分でどうこうできることではない。ならば、億兆の先祖の魂とともにあって、宇宙に同期して生きることであろう。

音韻詠「しん」

投稿日:
一心に(おろが)む男春彼岸
うらゝかや墓碑に信女(しんにょ)の文字()りて
しん〳〵と上下左右に石鹸(しゃぼん)(だま)
文法に飽く日やしんと釈奠(おきまつり)
春の蠅町内会の打診()

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #jtbt

 「夏雲システム」で関谷氏が運営しておられる「じたばた句会」に投句したものです。

投稿日:
(いくさ)()むべし桜咲く頃は今
子規の句碑あり(はや)(ざくら)たゞ一樹
堤防路自転車によき(さくら)(がり)

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

今週のさえずり季題

投稿日:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。