自分のWordPressと改元対応

投稿日:

 いよいよ明日、畏きあたりにおかせられては、きたる5月1日からの新元号について聖旨(せいし)渙発(かんぱつ)あらせられ、政府をして達せしめられる運びとなった。

 誠にもって恐懼(きょうく)の至りである。

 さて、私のこのブログは、無理やり和暦表示になるよう改良してある。そのコードも新元号に対応しておかなければならない。

 やりかたは簡単で、以前書き足した子テーマの「functions.php」の該当箇所に、次のように書き足すだけだ。

・
・
・
} elseif ($Ymd >= "19890108" && $Ymd <= "20190430") {
	$gg = "平成";
	$yy = $Y - 1988;
} elseif ($Ymd >= "20190501") {
	$gg = "新元号";
	$yy = $Y - 2018;
} else {
・
・
・

 テストしてみると、次の通り、よく動く。

1800/06/06/01:00 → 皇紀2460年(1800)06月06日(金)01時00分
1989/01/07/00:00 → 昭和64年(1989)01月07日(土)00時00分
1989/01/08/00:00 → 平成元年(1989)01月08日(日)00時00分
2019/04/15/12:30 → 平成31年(2019)04月15日(月)12時30分
2019/04/30/12:30 → 平成31年(2019)04月30日(火)12時30分
2019/05/01/00:00 → 新元号元年(2019)05月01日(水)00時00分
2020/01/01/00:00 → 新元号2年(2020)01月01日(水)00時00分

 これで、明日、新元号が明らかになれば、「新元号」と書いたところを書き直せば対応終わりである。

草餅

投稿日:
色に似ず草餅(やわ)し孫の(ごと)   佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

草餅

投稿日:

東寺展

投稿日:

 先日から東京国立博物館で「特別展 国宝 東寺――空海と仏像曼荼羅」というのをやっていて、(かね)てから見たいなあ、と思っていた。丁度上野は花見時だ。今年の東京の桜は、今週の火曜頃に満開になりだしたところである。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 しかし、花冷えで天気はもうひとつ、行こうかどうしようか、と逡巡しないでもなかった。

 そんな(おり)、旧知のI君が、「佐藤さん東寺展を見に行く予定は?」とメッセージして来た。

 I君は私と同年配で、凝り性の趣味人だ。最近は仏像に非常に()かれるようになったという。そこで、こりゃもう、行きましょう、と私も勢いが付き、一緒に見ることになった。おっさん二人で仏像デートという、なかなかシヴい行楽である。

 朝から上野へ行き、I君と待ち合わせをした。

 上野公園は満開の桜で、朝の8時過ぎからたくさんの人がブルーシートを広げて花見の場所取りをしていた。今日の東京の朝の気温は7℃、曇天で日も差さず、夜からは雨もぱらつこうかという天気で、大変寒かった。震えながら鼻水を垂らして場所取りをしている人が少し気の毒でもある。

 そんな花見客を横目に上野公園を通り抜け、国立博物館へ行った。

 「東寺」は言わずと知れた世界文化遺産で、数々の国宝を蔵する大伽藍である。入唐・帰朝した弘法大師空海が嵯峨天皇から賜った国立の戒壇院であり、高野山が空海の拠りどころとするなら、東寺は空海の役所とでも言えるだろうか。

 今回の特別展では、その東寺から、国宝11、重要文化財4、あわせて15もの至宝至尊の他、数々の名宝が展示された。

 私としては「風信帖」「伝真言院曼荼羅」などに非常に興味がある。このうち「風信帖」など空海の真筆については、7年前の平成23年(2011)に一度、「空海と密教美術展」というのが同じ国立博物館で開催されたことがあって、その展示で見たことがある。だが、「伝真言院曼荼羅」については見たことがなく、予々(かねがね)見たいものだと思っていたのだが、念願(かな)って今日はその実物を拝することができた。

 I君は最近仏像趣味が昂じてきているので、是非とも東寺展は見なければならぬ、と思ったのだという。そんなI君が喜んでくれるのではないかと思い、若い頃買った「梵字の書き方」という釈家向けの教科書を携えていった。

 「種子曼荼羅」という、尊像の代わりに梵字を配した曼荼羅があるが、これを見る時にこの教科書を交々(こもごも)引きながら見ると、興味興趣が倍増するというわけである。

 仏像では国宝の「帝釈天(たいしゃくてん)騎象(きぞう)像」がポスターなどで話題になっており、また、この仏像は撮影が許可されている。私も愛用のコンデジで、男前の横顔を撮ることができた。左の写真がそれだ。

 I君とお互いに蘊蓄(うんちく)を交換しつつ、たっぷりと拝観することができた。

 帰りは新橋まで行って、「虎ノ門・大坂屋砂場」で蕎麦前を一杯やり、趣味のことなど語っては天婦羅蕎麦を手繰ったことだった。

 誠に眼福・口福の土曜日であった。

Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・青梗菜の酒肴

投稿日:

 青梗菜(チンゲンツァイ)があったので、これで一杯やろうと思い、紹興酒を一本買ってきた。

 珍しく中華風に炒め物を作ってそれで呑み、例によって動画を作ってYouTubeに上げた。

 動画の中で呑んでいる酒は「古越龍山銀龍」という紹興酒である。

 動画の中で読んでいる本は、「平凡社 世界教養全集 第1巻 哲学物語」である。

風光る

投稿日:
決然とスーツのをみな()風光る   佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

風光る

投稿日:

時事片々

投稿日:
頭おかしいだろ

 ……。ほんとに、コイツら何とかしろ(笑)。

 まあ、いいけどさ。「近所の頭のおかしい変な人」みたいなモンだよな。

そういえばコレに近いものがある

 韓国反日のバカッぷりというと、どうも、「隣に住んでいる変な人」のたとえで言うと、コレに近いものがあるなあ……。

 迷惑極まりないが、反面、こういうのはよく聞く話ではある。日韓関係なんて、世界のどこにでも転がってる、よくある近所の不仲ではあるだろう。

無常よの

 よくわからないが、Googleとゼンリンの間で契約上の何かがあるらしい。

 ゼンリンにとって、Googleとの契約は儲けになっていたのかどうか。よくわからんな。……世界に配信するわけだから、日本国内の閉じた市場を相手にするより儲かっていたのかもしれないし、その逆かもしれないし。

Today’s drinking and snacks 今日の酒肴・筍の土佐煮

投稿日:

 筍が店頭に並ぶようになった。春も盛りというところだ。

 買って帰り、「土佐煮」を作って一杯やった。

 例によって動画に撮り、YouTubeに上げた。

 動画の中で呑んでいる酒は、いつもと同じ、「会津ほまれ」紙パック入りの純米である。

 動画の中で読んでいる本は、「平凡社 世界教養全集 第1巻 哲学物語」である。

春分の日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日「春分の日」である。あいにくと私の住まいする越谷市は雨模様だが、かまわず国旗を軒先に掲揚し、拝礼する。

 春分の日、ということは彼岸の中日であり、かつまた、皇室の「春季皇霊祭」でもある。畏し、今上陛下におかせられて、御親祭あそばす最後の大祭ということとなろうか。