便々(もやもや)もあらず

投稿日:

 自分が詠んだ俳句のことをくどくどと解説するのは、誰が言ったのだったか、「女形が楽屋で()(ズネ)をあらわすようなもの、()めるに不如(しかず)」という感じもしてどうかと思いはするのですが、それでも少し解説しておかなければ、と思うことがあります。

 8年前に書いた「月は忌むべきものではない」という記事の中で、

便々(もやもや)もあらざる()(すぎ)小望月

佐藤俊夫

と一句詠んであります。8年前にその場で「小望月」の例句として詠んだものです。

 随分独りよがりな句で、まるっきり他人の鑑賞を拒絶しているというか、人様の理解を求めておりません。そのことを恥ずかしいと思っています。自分で読んでみても、「これじゃ意味が分かんないよな」と思います。

 ですが、私としては当時、大真面目に吟じ出した句なのです。

 なんでこんな句を詠んだのかを8年後の今、ここにメモしておこうと思います。

 私は当時、「日本書紀」を味わって読書しており、その世界に酔っておりました。

 岩波の「日本書紀」第2巻「景行天皇記」のp.62に次のようなところがあります。

「日本書紀(二)」(岩波文庫)p.470(p.62の訓み下し文の原文)より

四年春二月甲寅朔甲子、天皇幸美濃。左右奏言之「茲國有佳人曰弟媛、容姿端正、八坂入彥皇子之女也。」天皇、欲得爲妃、幸弟媛之家。弟媛、聞乘輿車駕、則隱竹林。於是天皇、權令弟媛至而居于泳宮之泳宮、此云區玖利能彌揶、鯉魚浮池、朝夕臨視而戲遊。時弟媛、欲見其鯉魚遊而密來臨池、天皇則留而通之。爰弟媛以爲、夫婦之道古今達則也、然於吾而不便、則請天皇曰「妾、性不欲交接之道、今不勝皇命之威、暫納帷幕之中、然意所不快、亦形姿穢陋、久之不堪陪於掖庭。唯有妾姉、名曰八坂入媛、容姿麗美、志亦貞潔。宜納後宮。」

 上を現代語訳しますと、大略、次のようになります。

上記「日本書紀」から佐藤俊夫が現代語訳した。

 景行天皇が即位して4年、2月11日のこと、天皇は美濃に行幸された。周囲の家来たちが「この地方には美女がおります。妹娘で、美しいそうです。陛下の親戚のヤサカノイリビコの皇子の娘だそうです」と言った。天皇はぜひその美女を妃にしたいと思い、彼女の家を訪ねた。しかし、娘は天皇一行の乗り物がおいでになったと聞いて驚き、竹林に逃げ隠れてしまった。天皇は思案して、娘を誘い出そうとククリノ宮と言うところに腰を落ち着けた。庭の池に鯉を飼って、朝夕、その鯉を見て楽しんで見せた。妹娘はその珍しい鯉を見たくなり、こっそり池のそばまで来て眺めた。天皇は妹娘を呼び留め、結局わがものにした。妹娘は次のように考えた。男女と言うものは、今も昔も、夫が妻のところへ「通い婚」をするものと決まっている。それなのに、私の身の上に起こったことなんて、これでは恥ずかしくてまるでお話にもならない。そこで妹娘は天皇にこう申し上げた。「私には、エッチなことやセックスなどは、思いもよらないことでした。今、陛下の力強さに負けてしまい、おそばに召されましたが、私としては不本意です。それに、私は自分が醜い女だと思っています。長い間陛下のおそばで仕えるのに向いていると思えません。ただ、私には姉がいます。名前はヤサカノイリビメといいます。美人ですし、心も美しい人です。どうか姉を妃にしてください。」

(原文中では弟媛(オトヒメ)とありますが、岩波の注によればこれは一般名詞で、「誰かの妹」という意味であり、人名ではないとのこと。そこで、現代語訳では「妹娘」と記してみました。)

 上の現代語訳で、「これでは恥ずかしくてまるでお話にもならない」としたところは、原文の白文では「然於吾而不便」、これを書記の()み方で訓み(くだ)せば、「(しか)るを(あれ)にして不便(もやもやあら)ず」となります。これを、上の私の現代語訳よりも、もっと逐語的に訳せば、「それなのに、私など不便なこととすら言えないくらいだ」ということになるでしょうか。

 「もやもやあらず」を「話にもなりゃあしない」と訳したのは、それが私の原文の理解の仕方だということです。

 当時、私には、この弟媛の身も世もないような恥ずかしがり方や気持ちが実にいじらしく思え、それやこれやを含めた「話にならない」という表現がこの「もやもやあらず」に込められていると理解しました。

 で、拙吟、

便々(もやもや)もあらざる()(すぎ)小望月

……となったわけです。

 おわかりいただけますでしょうか。……って、ワカランですよね、これじゃ。ひとりよがり決定版、……ってヤツですね。

秋分の日

投稿日:

天皇陛下万歳

秋分の日 祝日「秋分の日」である。自宅の軒先に国旗を掲げ拝礼する。

 (かしこ)し、皇室におかれては「秋季皇霊祭」、また我々庶民にとっては秋彼岸の(ちゅう)(にち)で、いずれも先祖の霊を敬う日である。

 考えてみれば、あらゆる人には何万年前、何十万年も前の、文字もない時代の先祖がいる。欧州、アジア、アメリカ、アフリカ、その他あらゆる地方の人に親があり、先祖がある。

 まことにもったいなく、ありがたいことだ。自分が今いることが、どれほどの天文学的確率をかいくぐった偶然であるか、思い見ると茫然となってしまう。

 それを、先祖への感謝としたい。

敬老の日

投稿日:

天皇陛下万歳

敬老の日 祝日「敬老の日」である。自宅の軒先に国旗を掲げ拝礼する。

 日本の祝日は、元日・春分・秋分や勤労感謝の日など、その縁起を遠く日本書紀の記述にまで遡るものが多いが、意外にこの「敬老の日」の由来は新しく、戦後のことであるという。

 いずれにせよ、日本は高齢化し、皮肉なことに敬老と言うとこれ敬われるべき者のみ四周を()(にょう)する状況ではある。私自身も50代後半の初老の域にに差し掛かってきた。恥ずかしいことをしないよう、わが身を律して老いていきたいと思う。

料理

投稿日:
トマト煮て五輪をは()るゝ秋の水
カレーパン喰らふ夜更けの獺祭忌
柚味噌焼く心に穴も開くぞかし
名盤に針置くしゞま(きぬ)(かつぎ)
走り蕎麦庭と隣るゝ(みどり)かな

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #jtbt

 「夏雲システム」で関谷氏が運営しておられる「じたばた句会」に投句したものです。

唐辛子

投稿日:
唐辛子落ちて食はれず()ほ怒る
(やいば)()む観賞用の唐辛子
唐辛子()(じょう)遠くに列車過ぐ

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

今週のさえずり季題

投稿日:

読書

投稿日:

 引き続き60年前の古書、平凡社の世界教養全集を読んでいる。

 第17巻を読みはじめ、最初の「日本文化史研究」(内藤虎次郎著)を往きの通勤電車の中で読み終わった。秋葉原での乗り換え前、仲御徒町の駅辺りであったか。

 著者の内藤虎次郎は戦前に活躍した中国学者である。本文中で何か所も「日本史については私は専門外である」という意味のことを言っているが、その実、東洋文化に関する幅広い視点から日本史を俯瞰し、しかもその通低ぶりたるや、日本史専門の学識をはるかに凌駕するものがある。

 本書は日本文化の概観からはじまり、上古時代、奈良~飛鳥、天平、平安、鎌倉、室町、応仁の乱、江戸や大阪の文化、維新史、日本の自然の風景など、さまざまな部分を取り上げてこれに評論を加えるもので、この巻544ページのうちの216ページを占める大著である。

気になった箇所
平凡社世界教養全集第17巻「日本文化史研究」より引用。
他の<blockquote>タグ同じ。p.210より
輸入風景観の堕落

 最近我邦では西洋文化を受入れることになつてからその画法をも伝へるやうになつたが、西洋画を習ひはじめる時に先づ最も感心するのは透視法の応用であつて、これは我邦のみならず、支那においても康熙、乾隆頃、西洋画からして同じやうな影響を受けた。我邦の司馬江漢等の心酔したのもこの点であつたが、その実、西洋の風景画はこれを支那画に比べると極めて幼稚なもので、十六七世紀頃に盛んになつたオランダ派等の風景画でも、支那でいへば十一世紀乃至十三世紀頃の董源、郭熙等のかいた平遠なる風景の画法を好んで用ひるに過ぎない。自己精神を象徴すべくゑがゝれた風景画の起つたのは、最近七八十年この方のことで、その以前の風景画は大部分説明的な、日本でいへば「名勝図会」の挿絵ぐらゐの程度のものが多い。もつとも部分的なスケツチにおいては特種な長所があり、或は又岩とか波とか霧とか光線とかいふやうなものを特別にうまくゑがいたものはある。しかし支那風な構成的な画法においてはその特別な長所が応用せられないところから、西洋風景画の輸入は我風景観に大した影響を与へなかつた。もつとも最近において登山といふことが一種の流行になつたところから、日本の風景に好んで西洋の出店のやうな名称を用ひ、「日本アルプス」「日本ライン」とかいふやうなことが盛んに唱へられるが、それらは多くは詩的若しくは絵画的な芸術眼を必ずしも備へないで地理学、地質学のやうな科学的知識をなまかじりした登山家によつて風景が紹介されるので、素人趣味としても到底芸術的雅趣にはならぬ見方を以て風景を批評するやうな風が起つて来てゐる。一部画家等は又この新流行の悪趣味に捉はれて、如何に風景を画中にとり入れるべきかの考へもなく、たゞ登山家が見て感心するやうな見処をそのまゝ画にしようとつとめて、つまらない失敗を重ねるものが多い。これは実に風景観に関する古来未曾有の堕落といつてもよいのである。

これらの見方は西洋趣味といつても、西洋の芸術家の見方を理解してゐるでもなく、単に西洋風な名目にかぶれて、写真で見た山岳とか渓谷とかの風景で、我邦においてそれに類似したものを拾ひ出して、世界的の景色などと称するに過ぎない。そのいはゆる世界的といふのは、西洋の非芸術家の悪趣味に近いものを日本で見出すだけのことで、日本における特有の景色で他の国にないやうなものを、芸術的にも或は非芸術的にも見出すでもなく、又前にもいつた広重などの如く、読書人階級の趣味以外に新らしき風景の見方を見出すでもなく、或は又蕪村などの如く支那風の手法を用ひながら、日本の或地方において自分の個性で見出した風景を写し出すやうなこともなく、単に新時代において流行的にありふれた景色に心酔してゐるに過ぎない。風景観として最も排斥しなければならぬのはこれらの悪趣味である。

 上の部分は本書の最後のほうに置かれた「日本風景観」という章の一部であるが、もう、似非西洋趣味を排撃してコテンパンである。

言葉

 本書は明治~昭和の初期にかけての戦前の評論なので、古い字づらの言葉が多かった。

動もすれば

 これで「(やや)もすれば」と()む。

下線太字は佐藤俊夫による。p.19より

……外国の材料に依つて研究することは、動もすれば記録の不確実なる朝鮮の歴史から推究さるゝことは寛容しながら、……

 「あと」である。

  •  (モジナビ)
p.22より

……その分布のは近来に至つてますます明瞭になつて来た。

琅玕

 「琅玕(ろうかん)」と読み、碧の宝玉のことである。

p.23より

……恐らく日本人の愛好するが為に特別に製造して輸入したらしく思はるゝ琅玕の勾玉等を見、……

和栲

 これで「和栲(にきたえ)」と訓む。織の細かな布のことである。

p.23より

……当時恐らく日本人は之を以て和栲と称して居つたかと思はるゝので、……

諄い

 「(くど)い」である。「諄々」と書いて「くどくど」と訓む使い方もある。

p.28より

……それまでやりますと余り諄くなりますからやめて置きますが、……

臨菑

 「(リン)()」と読み、中国の地名である。

p.37より

……天主といふものは斉の国の都、臨菑といふ所でありますが、……

竟に

 「(つい)に」と訓む。同じ意味・訓みで「遂に」「終に」などがあるが、「遂に」などがより一般的ではあろう。

p.59より

さういふ関係から日本文化が東洋において、どういふ径路を経て、竟に東洋文化の中心になるか、今日既になりつゝあると思ふのでありますが、……

曩きに

 「()きに」と訓み、「先だって」の意味での「先に」と同じである。

p.75より

……例へば顧凱之の女史箴の巻中にあります人物、其外曩きに日本へ一度来たことがありましたが、買手がないので持つて帰つた閻立本の帝王図巻の人物の姿勢がやはり流動式姿勢を持つてゐます。

摹本

 「()(ほん)」であり、「模本」と同じ意味、すなわち複製のことである。

p.76より

張萱の画はボストンの博物館に宋の徽宗の摹本がありまして、……

態々

 「態々(わざわざ)」と訓む。

p.96より

是は私のやうな別に真言宗の信者でもなく、弘法大師の研究者でもない者が、こんな厚い六冊もある本を何故に態々写して置かなければならぬ程のものかと云ふことを申せば、……

迚も

 「(とて)も」と訓む。

p.99より

私は迚も其処までは研究が届いては居りませぬ。

弥る

 「(わた)る」と訓む。

p.113より

閻立本は唐初の人にして、此等各帝王の時代は数百年に弥れるを以て此等肖像は単に想像によりて画きしものならんとの疑を生ずれども、……

縉紳

 「縉紳(しんしん)」と読み、身分が高く立派な人のことである。「紳士」と同じようなものと思えばよかろう。「縉」は訓読みでは「(さしはさ)む」で、「笏を帯に挟む」意味があり、そのことから身分の高さを言うようである。

  •  縉紳(コトバンク)
  •  (漢字ペディア)
p.120より

……身分高き中央縉紳の生活を模倣せんことを欲求する風盛んとなり、……

滋〻

 「滋〻(ますます)」と訓む。ネット上には「滋〻」での訓みや意味はヒットしないが、用例として「法令(ほうれい)滋々(ますます)(あきら)かにして盗賊(とうぞく)多く有り」などというものが見つかる。「滋」という字には「ふえる・ます」という意味があるので、このように訓むのである。

p.121より

支那肖像画の流行は、唐以来滋〻盛んにして、士大夫の間まで拡がり、……

却々

 「却々(なかなか)」である。仮名で「なかなか」と書く場合と意味は同じである。

p.132より

却々面白い。

暹羅国

 「(せん)()(こく)」と読む。「暹羅」とだけ書けば「シャム」と訓み、言うまでもなくこれは現在のタイ付近のことである。今も「日」「米」「英」などと同じく、タイのことを一字のみで表す場合に、古い書き方では「暹」とする場合がある。

p.143より

羅斛は今日の暹羅国の一部分であつて、支那の元代に出来た島夷志略には……

纔に

 なんて難しい字を書くことだろう。拡大すると「纔」で、訓みは「(わずか)に」である。

  •  (コトバンク)
p.181より

……纔に百余年前にその国訓の附いた文字だけの抄録本が先づ世に行はれたが、……

幽邃

 「幽邃(ゆうすい)」と読む。奥深く静かなことを言う。

p.203より

道教の方からいへば、支那で最も風景の幽邃なところを三十六洞天、七十二福地などゝいふ風に選定して、……

峰巒

 「峰巒(ほうらん)」と読む。単純に山岳の峰のことを言う。「巒」は「やまなみ」を表す字である。

  •  峰巒(コトバンク)
  •  (モジナビ)
ルビは佐藤俊夫による。p.210より。

……山の(みゃく)(らく)、水の原委を峰巒樹石の間に見え隠れにゑがくといふことなどは、初めは最も新しい手法であらうが、……

 次は同じく17巻から、「黒船前後」(服部()(そう)著)を読む。

障害()(えつ)

投稿日:
馬の尻素気(そっけ)もなくて秋の暮
明暗も彩度も()らず馬肥ゆる

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #jtbt

 「夏雲システム」で関谷氏が運営しておられる「じたばた句会」に投句したものです。

仲秋(ちゅうしゅう)

投稿日:
(つくばい)に紅葉貼り付くしゞまかな
戦跡の破船斜めに寝待月
Stay(ステイ) with(ウィズ) そのあと言はず秋なかば

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha

白粉花(おしろいばな)

投稿日:
こんもりと白粉花(おしろいばな)や谷の街
白粉の花の雫や雨上がる
登校は白粉花(しお)るゝ路地

佐藤俊夫

#kigo #jhaiku #haiku #saezuriha