便々(もやもや)もあらず

投稿日:

 自分が詠んだ俳句のことをくどくどと解説するのは、誰が言ったのだったか、「女形が楽屋で()(ズネ)をあらわすようなもの、()めるに不如(しかず)」という感じもしてどうかと思いはするのですが、それでも少し解説しておかなければ、と思うことがあります。

 8年前に書いた「月は忌むべきものではない」という記事の中で、

便々(もやもや)もあらざる()(すぎ)小望月

佐藤俊夫

と一句詠んであります。8年前にその場で「小望月」の例句として詠んだものです。

 随分独りよがりな句で、まるっきり他人の鑑賞を拒絶しているというか、人様の理解を求めておりません。そのことを恥ずかしいと思っています。自分で読んでみても、「これじゃ意味が分かんないよな」と思います。

 ですが、私としては当時、大真面目に吟じ出した句なのです。

 なんでこんな句を詠んだのかを8年後の今、ここにメモしておこうと思います。

 私は当時、「日本書紀」を味わって読書しており、その世界に酔っておりました。

 岩波の「日本書紀」第2巻「景行天皇記」のp.62に次のようなところがあります。

「日本書紀(二)」(岩波文庫)p.470(p.62の訓み下し文の原文)より

四年春二月甲寅朔甲子、天皇幸美濃。左右奏言之「茲國有佳人曰弟媛、容姿端正、八坂入彥皇子之女也。」天皇、欲得爲妃、幸弟媛之家。弟媛、聞乘輿車駕、則隱竹林。於是天皇、權令弟媛至而居于泳宮之泳宮、此云區玖利能彌揶、鯉魚浮池、朝夕臨視而戲遊。時弟媛、欲見其鯉魚遊而密來臨池、天皇則留而通之。爰弟媛以爲、夫婦之道古今達則也、然於吾而不便、則請天皇曰「妾、性不欲交接之道、今不勝皇命之威、暫納帷幕之中、然意所不快、亦形姿穢陋、久之不堪陪於掖庭。唯有妾姉、名曰八坂入媛、容姿麗美、志亦貞潔。宜納後宮。」

 上を現代語訳しますと、大略、次のようになります。

上記「日本書紀」から佐藤俊夫が現代語訳した。

 景行天皇が即位して4年、2月11日のこと、天皇は美濃に行幸された。周囲の家来たちが「この地方には美女がおります。妹娘で、美しいそうです。陛下の親戚のヤサカノイリビコの皇子の娘だそうです」と言った。天皇はぜひその美女を妃にしたいと思い、彼女の家を訪ねた。しかし、娘は天皇一行の乗り物がおいでになったと聞いて驚き、竹林に逃げ隠れてしまった。天皇は思案して、娘を誘い出そうとククリノ宮と言うところに腰を落ち着けた。庭の池に鯉を飼って、朝夕、その鯉を見て楽しんで見せた。妹娘はその珍しい鯉を見たくなり、こっそり池のそばまで来て眺めた。天皇は妹娘を呼び留め、結局わがものにした。妹娘は次のように考えた。男女と言うものは、今も昔も、夫が妻のところへ「通い婚」をするものと決まっている。それなのに、私の身の上に起こったことなんて、これでは恥ずかしくてまるでお話にもならない。そこで妹娘は天皇にこう申し上げた。「私には、エッチなことやセックスなどは、思いもよらないことでした。今、陛下の力強さに負けてしまい、おそばに召されましたが、私としては不本意です。それに、私は自分が醜い女だと思っています。長い間陛下のおそばで仕えるのに向いていると思えません。ただ、私には姉がいます。名前はヤサカノイリビメといいます。美人ですし、心も美しい人です。どうか姉を妃にしてください。」

(原文中では弟媛(オトヒメ)とありますが、岩波の注によればこれは一般名詞で、「誰かの妹」という意味であり、人名ではないとのこと。そこで、現代語訳では「妹娘」と記してみました。)

 上の現代語訳で、「これでは恥ずかしくてまるでお話にもならない」としたところは、原文の白文では「然於吾而不便」、これを書記の()み方で訓み(くだ)せば、「(しか)るを(あれ)にして不便(もやもやあら)ず」となります。これを、上の私の現代語訳よりも、もっと逐語的に訳せば、「それなのに、私など不便なこととすら言えないくらいだ」ということになるでしょうか。

 「もやもやあらず」を「話にもなりゃあしない」と訳したのは、それが私の原文の理解の仕方だということです。

 当時、私には、この弟媛の身も世もないような恥ずかしがり方や気持ちが実にいじらしく思え、それやこれやを含めた「話にならない」という表現がこの「もやもやあらず」に込められていると理解しました。

 で、拙吟、

便々(もやもや)もあらざる()(すぎ)小望月

……となったわけです。

 おわかりいただけますでしょうか。……って、ワカランですよね、これじゃ。ひとりよがり決定版、……ってヤツですね。

月は忌むべきものではない

投稿日:

PHM24_0270 さて、毎年毎年、知ったかぶりの同じネタで恐縮だが……。 ‪

 秋の名物と言えば月である。しかし、「中秋の名月」が終わった途端、誰も月を見なくなってしまうのは残念なことだ。人々が三々五々祭りの喧騒から帰ってしまうような感じは、なんとしても惜しい。

 最近は欧米白人の言説に惑わされてか、「月の光を浴びると狂気が生じ、犯罪が多発する」なぞと言いふらす輩が増えているが、古来日本人は四季のはっきりとした日本の風土とともに独自の文化をはぐくみ、月を美しいものとして鑑賞してきたのであって、月を見たからと言っていちいち欲情したり犯罪に走っておっては身が持たぬ。

 一般ピープルは中秋の名月を見終わってサアヤレヤレ、ほなサイナラ、と月から去ってしまうが、私のような玄人(マテ(笑))は、ここからが違う。万事、「人のゆく裏に道あり花の山…」なのである。

 中秋の名月にしても、私なぞ、十五夜で大騒ぎはせぬ。まず、その前日、「十四夜」で騒ぎ始める。十四夜は「待宵(まつよい)」といい、また「小望月(こもちづき)」とも言う。翌日が十五夜であるから、これを明日に控えて待つ夜である。また「望月(もちづき)」に少し欠けているから小望月というわけだ。成長途上の若い果実がことさら愛しいように、少し満たない月の美しさもまた、愛でるべきものである。

便々(もやもや)もあらざる身過(みすぎ)小望月  佐藤俊夫

 さて、そうして十五夜を迎え、人々の喧騒が去った翌夜、また私の出番(笑)となる。

 十五夜の翌夜は、そのまんま「十六夜」と言う。これは()んで「いざよい」である。また、既に満月が終わったところから、「既望(きぼう)」とも言う。これを音読するには、「希望」とは違って、最初の「き」にアクセントを置くことが正しい。いざよいの語源は、満月よりも出が少し遅れるので、ためらうという意味の古語「いざよふ」から付いたものという。

いざよひを母は病むらむ夜は来ぬ  佐藤俊夫

 この次もまだある。中秋の名月の二日後の月を「立待月(たちまちづき)」という。名月を過ぎると月の出がだんだん遅くなってくる。月の姿も痩せ始めるが、これを惜しんで「立って月を待つ…」ことから、立待月と言う。

立待や二人隠るゝやうにして  佐藤俊夫

 これくらいかというと、まだまだ月は終わらない。その翌晩の月を「居待月(ゐまちづき)」と言う。前日の立待月よりもまだ月の出が遅く、今度は座って待つところから居待月と呼ぶそうな。

名も知らぬ(こずえ)より()て居待月  佐藤俊夫

 まだありますよ(笑)。十九夜、つまり四夜後の月、もうこうなってくるとだんだん下弦に近づいてくるのであるが、この月を「寝待月(ねまちづき)」という。立って待ち、座って待って、遂には「寝転んで」待つ、ということで寝待月となるわけだ。同じ意味で「臥待月(ふしまちづき)」、あるいは「ふせまちづき」とも言う。夜の長い感じが段々に強くなる。

寝待月一盞(いっせん)さらに加へけり  佐藤俊夫

 これで終わりかと思ったら、まだまだ引っ張りますとも、ええ。二十夜の月を「更待月(ふけまちづき)」と言う。寝て待って、まだ月が出ず、夜更けまで待って、だが、もうこの頃はかなり月が欠けているから、「ああ、お月さん、終わっちゃう(涙)」という、そういう感懐もあろうか。寂莫たる秋の夜である。単に「二十日(はつか)月」と言ってもよい。

嬰児泣く声よ更待(ふけまち)出はじむる  佐藤俊夫

 で、二十夜も過ぎると、見えるところに月が上がってくるのは、午後九時ほどにもなってしまう。こうなると、月のことを言っているにもかかわらず、月を指して言わずに「宵闇(よいやみ)」なぞと言ってみたりする。

寸鉄を()宵闇(よいやみ)幕営地(ばくえいち)  佐藤俊夫

 さて、中秋の名月に続く夜々はこんな具合だが、まだ秋の月は終わらない。なかなかシツコイ(笑)。そのひと月後、つまり旧暦九月十五日(今年は10月19日(土)にあたる)も、当然満月である。これを「(のち)の月」と言うのだが、正確な満月の十五日ではなく、その二日前、十三日の夜を後の月と呼ぶ。つまり今年は10月17日(木)がその日だ。

 豆や栗を供え、「中秋の名月」のように月見をする。中秋の名月にだけ月見をして、この十三夜に月見をしないと、「片月見」と言って縁起がよくないものだそうな。

ひかり濃くベッドタウンの十三夜  佐藤俊夫

 なんにせよ、月は美しい。カレンダーというもののない昔の、文字の読めない人たちでも、「空にカレンダーがかかっているように」、月の満ち欠けで日にちを知ることができるという実用上の意味も月には大いにあった。妖怪や犯罪、性欲なぞ言う無粋なことはこの際置いて、かぐや姫のおとぎの居所を眺めてしみじみしたいものである。