スポーツ異見

投稿日:

 スポーツが嫌いだ。特に野球・サッカーなどの球技は大嫌いだ。

 球技選手のスターは尊敬され、大金持ちになるばかりか、偉人伝にさえ収載されることはイチロー何某(なにがし)の例を見るまでもあるまい。

 こうしたスターになるべく、個人は絶えざる研鑽、修練、鍛錬、訓練を積む。

 これを基盤として、集団となって訓練に次ぐ訓練を重ねる。勝敗のためには自己犠牲を(いと)わず、チームのため徹底的な献身を強いられる。多少の怪我など我慢してチームのために頑張り抜くことが美徳とされる。この美徳から外れた者は排除されるべき弱者であって物笑いの種となる。

 これは軍隊だ。

 恐ろしい。こういう個の抑圧を繰り返し、それを尊ぶようなことを当たり前だと思うように洗脳されると、その集団は戦争をする国を作り上げてしまうだろう。

 平和な社会を作るためには、憲法だのなんだのを論議する前に、まず、これら恐るべき洗脳カルト集団、プロ野球、プロサッカーをはじめとする抑圧的スポーツを廃止することが肝要ではなかろうか。

 護憲論者はまずスポーツの抑圧・廃止から手を付けてはどうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください