みどりの日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日「みどりの日」である。軒先に国旗を掲げ拝礼する。

 昭和帝は、動植物をいつくしみ、研究に没頭しておられた。「『雑草』などという名前の植物はない」と仰せられた言葉も、植物を評したものではなく、どんな人にも生きていく値打ちがあるんだよと(さと)しておられたように感じられ、胸に迫る。

 そんな「みどりの日」である。

みどりの日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日「みどりの日」である。国旗を掲揚し、拝礼、祝意を表す。

 みどりの日については、祝日法には「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。」とあるものの、これはもともと、昭和天皇の聖徳を強く偲ぶ日であったことは人ぞ知るところである。

 すなわち、昭和天皇が崩御あらせられたのち、天皇誕生日であった4月29日が改めて「みどりの日」に定められたが、数年を経て同日が「昭和の日」として永久顕彰されることとなったため、もとは祝日法第3条第3項により「国民の休日」とされていた現在の日付に「みどりの日」を移動させたものだ。

みどりの日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日「みどりの日」である。

 先帝陛下は生物学者であらせられた。そのため、植樹祭などにはことのほか御熱心であらせられた。

 そのことを思い出しては、熱いものが胸に迫るのである。

みどりの日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日「みどりの日」である。

 家に国旗を掲揚する。