禿(ハゲ)と帽子

投稿日:

 最近禿げ(ハゲ)きた。

 それで、外出時など禿(ハゲ)隠しに帽子を(かぶ)っている。冬はカスケットやハンチングを、夏はパナマや麦藁の中折れを被る。

 夏のパナマや麦藁は高価なものは被らない。2千円~3千円くらいのものを選ぶ。

 ところが、これくらいの価格で選ぶときに困るのがサイズである。

 私は見た目より意外に頭のサイズが大きく、60~61cmくらいある。一方、市販の帽子は安いものほどサイズにバリエーションがない。多分コストダウンのためなのだろう。ボリューム・ゾーンの帽子のサイズは、普通は58cmらしい。一方、私は58cmでも被れなくはないのだが、どうも頭にチョコンと乗せた感じになってしまい、「被っている」感じではない。()(ぶか)く被ろうとすると額のあたりが締め付けられ、頭痛を覚えたりする。

 サイズにバリエーションのある銘柄(ブランド)(もの)の帽子を選ぼうとすると、途端に安いものでも6千円程度、ちょっと知られたところのものは1万円とか2万円になってしまう。私には、たかが禿(ハゲ)隠しの帽子に6千円だの2万円だのを払う気はない。

 そんなわけで、困るという程ではないが帽子のサイズが気になっていた。

 同じような人は多くいるらしい。世の中はよくしたもので、そんな私のような人のために、「ハットストレッチャ」という器具があるのだ。

 さっそく購入した。この器具で帽子を内側から引き延ばしつつ、アイロンなどでスチームを当てるのである。冷めて乾くまで置いておけば、サイズの合わない帽子が引き延ばされて、まことに具合が良くなるのだ。

よく職務質問をされる私

 サイズが合わず、どうも気分の悪かった帽子が、ピッタリになって気分が良い。