梅松論、赤坂・千早城の戦い

投稿日:

 「梅松論」は「太平記」と並ぶ南北朝時代の軍記で、太平記は南朝・後醍醐天皇寄りだが、この梅松論は足利寄りである。特徴的なのは、太平記・梅松論のどちらもが、楠正成に関しては同情的に記していることだ。

 これを借りて(めく)ってみる。

 ムックでこういうのもあり、これも繰ってみた。

「梅松論、赤坂・千早城の戦い」への1件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください