大掃除

投稿日:

 大掃除。

 家の外を綺麗にする。

 子供たちが小さい頃、食ったグレープフルーツの種を庭に植えた。それがこの10年余りで手が付けられないほど大きくなり、持て余していた。とうに私の背丈を超える高さになっている。どうにかしようにも、グレープフルーツの木には鋭い(とげ)があり、手入れをする度、この棘が手に突き刺さり、痛くて扱いづらく、手に負えない。

 しかも、実でも()るならまだしも、花を付けたのは一度だけで、あとはひたすら、年がら年中鬼のようにイガイガと庭に蟠踞(ばんきょ)するばかりで、どうにもこうにもならなくなった。

 意を決し、今日はその3本のグレープフルーツの大木を引っこ抜き、雑草と一緒に捨ててしまった。引っこ抜くにもまるで抵抗でもするように棘が手を刺し、難渋した。

 なんというか、グレープフルーツの木にも生命がある。彼が悪いわけではなく、私がろくに手入れをせぬからこういう始末になったのであるが、グレープフルーツはそれに対して深い(いか)りと憎しみを表明するかの如く、私の手と言わず指と言わず、鬼の角か動物の牙のようにそこら中をグサグサと刺すのであった。おお、痛い。怒るなよ植物のクセに。悪かったよ。

 済んでから、表の雑草を抜き、掃き清める。

 ああ、疲れた。腰が痛い。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください