ホモチョコだそうな

投稿日:

 ネット情報によると、おっさんがバレンタインデー近くにチョコレートを食うのは、すべてこれ、「ホモチョコ」と呼ぶべきものだそうである。

 ホモ、というのも、急進的なGLBT方面の人から言わせれば差別語ということになるのだろうが、非難と憫笑もまた多様性(ダイバーシティ)を受け入れるための修行のようなものであるとして飲み込むのが現代人の(たしな)みだ、などと言われれば、たとえホモならずとも黙り込んでしまうよりいたしかたあるまい。

 神戸元町一番館の「ポーム・ダムール」、林檎(りんご)のチョコレートがけだ。到来ものだが、これをホワイトホースのワンショットに浸して、少しづつ齧り、かつ飲むと、ウィスキーボンボンのようでもあり、チョコレートの香りとスコッチがあわさって嬉しい美味しさである。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください