いいコマーシャルだと思う。

投稿日:

 日本人は差別が好きで、差別感を楽しみながらでないと生きられない。……のだそうな。

 受け売りだ。しかもどこの馬の骨が書いたかも判然とせぬ匿名ブログの受け売り、というかそこからインスパイアされた考えだ。だが、そのブログはどうやら人気ブログらしいから、それなりに真実を含んでいる、とも言える。

 さておき、有名企業に勤めている連中は無名企業に勤めている連中を(さげす)み、ホワイトカラーはブルーカラーを蔑み、大卒は高卒を蔑む。

 忘れてはならないのは、そのすべての逆もまた然りであることだ。無名企業の連中は有名企業の連中を、ブルーカラーはホワイトカラーを、高卒は大卒を、徹底的に憎み抜き、強烈に蔑み返しているのだ。知能の高い者が知能の低い者を蔑む以上に、実は逆に、知能の低い者は知能の高い者を激しく憎悪している。私は統計学者ではないし、新聞屋でもないからそこに証明だのなんだの、裁判所じみた根拠は持っていない。だが、実感としてそれはよくわかる。

 面白いことに、覚醒剤中毒者などの最底辺の人種どもですら、煙を吸引する主義の奴は注射をする主義の奴を激しく見下し、また注射をする連中は煙を吸う奴を蔑んでいるのだという。更に言えば脱法ドラッグをやる奴と覚醒剤をやる奴、大麻をやる奴とシンナー中毒、シンナー中毒と咳止め剤中毒はお互いに相手をバカにしているそうである。まさしく「目糞鼻糞を(わら)う」の(たぐい)だが、そうやって「俺はアイツより偉い」と思って安心するそうな。

 私の父は刑務官を長年務めて定年で辞めたが、かつて語ったところによると、人殺しは窃盗、窃盗は強姦犯、強姦犯は詐欺師、詐欺師はやくざ者、という具合に、全部が全部お互いを「下らぬ連中」と言って馬鹿にするそうである。

 私は長い間、人から見下されるような変な職場で働いてきたので――それももう35年を超えた――、人から見下される気持ちがよくわかる。まして、生まれつき備わったものではなく、自分で選んだもので見下されるのだから、文句の言いようもない。これがもし、生まれつき備わったこと、肌の色や髪の色、知能などで見下されるのであれば、それこそやりきれないだろう。

 「日本人は差別が大好き」と書いたが、アメリカ人だってヨーロッパ人だって中国人だってアフリカ人だって、世界中の人間はどいつもこいつも差別が大好きだ。結局は政府にそれを利用され、煽られて戦争へ行き、殺し合うわけだ。

 そうした差別意識の渦巻く社会にあって、この「ジョージア缶コーヒー」のテレビコマーシャルは一服の清涼剤のように思えた。非常によくできている。爽やかで、それでいて泥臭く、そして、なにより差別でなく、つながりのない社会人相互の尊敬(リスペクト)をテーマに持って来たということに好感を覚える。

 実は、私はテレビが嫌いで、あまり見ない。テレビのニュースもドラマも悪意に満ち、差別意識を煽るようなものしかやっていない。見ていて腹が立つ。身銭で電気代を払って腹を立てることほど馬鹿々々しいことはないから、できるだけ見ないようにしているが、(たま)さか妻子が付けているテレビを瞥見(べっけん)したらこのコマーシャルが流れていて、珍しくいいコマーシャルだな、と思ったのである。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください