矢野峰人(ほうじん)訳のルバイヤート

投稿日:

 矢野峰人(ほうじん)訳のルバイヤートの、程度のいい古書が手に入った。

 前から欲しかったのだが、戦前に出版されてから長年にわたって刊行が絶えてなく、古書も市場になく、見ることができずにいた。ところが、17年前に刊行されていたことを、7年前に知った。ただ、新品税込5500円はいかにも高い。それで国会図書館へ行き、そこで読むことができた。

 だが、国会図書館は持ち出しができないから、じっくりと読むことができない。

 それでどうしても手元に置きたくなったのだが、高価であるのと、古書がないのとであきらめていた。

 先日、ふと「じたばた句会」というネット句会で、「陶人(すゑひと)」という言葉を詠み込んだのを一句ものした。この語彙(ごい)を、私は「ルバイヤート集成」で得たのだったなあ、と思い出した。

 それでまた欲しくなり、Amazonで検索すると、古書なら送料込み3256円である。

 買った。

 文句なしである。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。