前にこの記事で

投稿日:

 前に雲の間欠撮影をするスケッチを書いた時、「こういう時、Arduinoには書式文字列付きの「sprintf」がないので、少し不便だなと思う。」と書いたが、これも早合点で、Arduino(というか、『AVR-libc』という、Arduino環境で使われているライブラリ)では「stdio.h」をインクルードすれば、ちゃんとsprintfが使える。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください