盗撮犯なんか死んでしまえ

投稿日:

 今日は冬麗らかで、今は気持ちの良い昼下がりなのだが、そんな時にTwitterで盗撮犯の仕込み靴の写真を見てたちまち胸糞が悪くなった。

 こういう奴って、根絶やしにできないものなのかな、と思う。

 男の私にとってもこういう破廉恥犯は迷惑である。こういうことがある度に電車や公共の場所に無用のルールが増え、ただでさえ不快な通勤満員電車が、ますます窮屈で、嫌な場所になって行ってしまうからだ。

 職場でも迷惑である。何を隠そう、私の職場で盗撮で検挙された愚か者がおり、私はその男の尻拭いをさせられて人事上の迷惑を(こうむ)ったことがあるのだ。洒落では済まされない迷惑であった。

 こういう奴は病気なので、一度反省して()めたかに見えても、しばらくするとまたやる。9割とは言わないが、5割か6割は、またやる。

 病気とは言っても、こんな者に効く薬なんかないから、死なないと治らない。薬中・ポン中と同じである。盗癖も同じだ。つまり、馬鹿なのだ。昔の人はよく言ったもので、「〽馬鹿は死ななきゃ治らない」(二代廣澤虎造『石松三十国船道中』より引用)のである。

 警察に捕まっても無駄だ。仮に起訴されて有罪となっても、死ななければ治らない馬鹿なのだから、馬鹿のまま社会に舞い戻ってくる。

 だから、死んでほしいと思う。他人が殺すと、殺した人が殺人犯ということになって迷惑だから、自殺してほしい。腹の底からそう思う。他人の手によっては治らないのだから、自分の手で自分の犯罪を始末してほしいものである。

「盗撮犯なんか死んでしまえ」への1件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください