勤労感謝の日

投稿日:

天皇陛下万歳

 祝日「勤労感謝の日」である。小雨だが構わず自宅の軒先に国旗を掲揚する。

 かつてこの日は「新嘗祭(にいなめさい)」という帝室の祭日であり、日本書紀によればその由来は遠く仁德天皇の御代にまで(さかのぼ)るという。

 作物の恵みを寿(ことほぐ)ぐのが新嘗祭の趣旨であってみれば、それは同時に百姓(おおみたから)を愛することにもつながっており、これを「勤労感謝」として変化させたのは至極当然と言える。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。